teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 鵺会の日程・議題(5)
  2. 進捗状況の報告 2011年~(6)
  3. 12月の進捗状況(2)
  4. 鵺会出欠お願いします 12月25日(土)13時~ (3)
  5. 11月の進捗状況(7)
  6. 10月の進捗状況(4)
  7. 9月の進捗状況(1)
  8. 『つぐみ』第一号 会計報告(3)
  9. 出欠お願いします 鵺会のお知らせです。(7)
  10. 『つぐみ』2号の〆は8月31日です(2)
  11. 7月の進捗状況・つぐみ書式・製本と合評会予定日(12)
  12. 6月の進捗状況(4)
  13. 5月の進捗状況(4)
  14. 4月の進捗状況(2)
  15. 3月28日 鵺会報告 (9)
  16. 2月の進捗状況(1)
  17. 1月の進捗状況(4)
  18. 12月の進捗状況(5)
  19. 11月の進捗状況(5)
  20. 10月の進捗状況(4)
スレッド一覧(全31)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


8/6鵺会

 投稿者:おがわ  投稿日:2011年 6月19日(日)20時41分25秒
返信・引用
  スミマセンが、在広島の為不参加です。  
 

8月・鵺会のお知らせ

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 6月 7日(火)22時25分52秒
返信・引用
  メールでもお知らせしている鵺会のお知らせです。返信は掲示板ではなくメールにてお願いします。

また、6月4日のツグミ製本、話し合いに参加したひじもん、まゆたん、市毛さんは忙しい中にも関わらず、ありがとうございました。

話し合いの際に私から、「鵺」の活動を今後どうするか、という話を投げかけました。

次回の鵺会を8月6日(土)か7日(日)のいずれかに予定しています。ツグミの製本はありません。

詳細はメールにて再度連絡するので、参加できる方の日にちをお知らせください。なるべく多く集まらなければ、意見の集約ができないと考えています。同じ方向を向きながら、意欲的に進んでいくためにも、必ず参加するよう、お願いします。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

つぐみ第4・5号エントリー料について

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 6月 6日(月)23時35分43秒
返信・引用
  先日の6月4日、つぐみ第4・5号を製本しました。皆さまのお手元に届く日も近いと思います。お楽しみに。今号のエントリー料金は一号分としますので振り込みよろしくお願いします。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

Re: 鵺HPの異常について

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 6月 6日(月)23時20分24秒
返信・引用
  > No.1011[元記事へ]

古田満機正さんへのお返事です。

ミッキー。直してくれてどうもありがとう。問題なく鵺HPのトップへ行けました。おつかれさまでした。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

Re: 鵺HPの異常について

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 6月 6日(月)23時14分20秒
返信・引用
  まゆみさんへのお返事です。

まゆたん。4日のツグミ製本と話し合いはおつかれさまでした。鵺HPを早速見ました。色々と更新してくれてどうもありがとうございました。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

Re: 鵺HPの異常について

 投稿者:古田満機正  投稿日:2011年 6月 6日(月)20時52分48秒
返信・引用
  > No.1010[元記事へ]

鵺HPのトップページ直しました。
設定ミスで本来のトップが消えてました。
http://nue.art.coocan.jp/から入ってください。
確認漏れててすみませんでした。

http://nue.art.coocan.jp/

 

鵺HPの異常について

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2011年 6月 6日(月)10時17分13秒
返信・引用
  6/3に鵺HPを更新しましたところ、
トップページから入れなくなるという異常が発生しました。

http://nue.art.coocan.jp/

にアクセスすると、
以前と違う「ここは鵺感想用ホームページです」というところにとんでしまいます。

「鵺感想用ホームページ」とは、
作成後、すぐに削除した必要のないページなのですが、
どうやら削除が上手にされていないようです。

当面の間、鵺トップページを下記のURL

http://nue.art.coocan.jp/nuehome.html

に変更して使って下さい。
ここからだと、以前の通りのトップページが見られます。

いまのところ異常は、トップページのみのようです。
なにかありましたら、わたくしまでお知らせください。
(連絡は携帯あてメールが早いです)
 

Re: 本日締め切り分間に合わず

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 5月 9日(月)00時00分1秒
返信・引用
  > No.1008[元記事へ]

chi-さんへのお返事です。
おつかれさまでした。3人で考えた課題なのに残念です。前回4号のために書いたものをそのまま出す件は了解しています。

> 残念ながら本日締め切り分は体力切れで出せません。
> 律子さんからメール返信いただいたようですが
> 実家に携帯充電器を忘れて電池が切れて中は見れてません。
>
> ここでつぶやいて何人がチェックするかわかりませんが、
> そんなわけで充電器をゲットするまでしばし音信不通になります。
> すんません。
>
>

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

本日締め切り分間に合わず

 投稿者:chi-  投稿日:2011年 5月 8日(日)22時52分41秒
返信・引用
  残念ながら本日締め切り分は体力切れで出せません。
律子さんからメール返信いただいたようですが
実家に携帯充電器を忘れて電池が切れて中は見れてません。

ここでつぶやいて何人がチェックするかわかりませんが、
そんなわけで充電器をゲットするまでしばし音信不通になります。
すんません。

 

Re: 脱落します

 投稿者:オーノ  投稿日:2011年 5月 8日(日)12時18分25秒
返信・引用
  > No.1006[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

恐縮です。
つぐみ4号に出した原稿は破棄していただこうと思っていましたが、そう言っていただけるならそのまま載せてもらえるとありがたいです。つぐみ4号までの参加、として区切りをつけられればと思います。もちろんエントリー料金も入金します。

また俺がこれまで鵺に出した参加料は、返金せずそのまま鵺資金として使っていただければと思います。

後輩に渡すために送ってもらったつぐみ1~3号は、手渡そうと思っていた機会(3度)に先方が続けてキャンセルして会えなかったため、いまもって俺の管理下にあります。これは次の機会に渡そうと思っています。
つぐみ4号以降に関しては、後輩くんが是非送って欲しいと言わなければとりあえず止めてしまっていいと思います(俺が直接会える機会が当初思った以上に少ないため)。もしそういう話になったら、送付先住所を聞いた上でご連絡いたします。

今後のつぐみについては、読みたい気持ちはあるので、可能であれば(非参加者のくくりで)送っていただけると嬉しいです。

以上、よろしくお願いします。
 

Re: 脱落します

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 5月 8日(日)10時29分51秒
返信・引用
  オーノさんへのお返事です。

オーノくん。

わかりました。意欲的に参加していたオーノくんが抜けるのは残念ですが・・・。
進捗状況もきちんと毎回報告していたので、他の人たちの報告が滞る状況をどう解決したらいいのか、発案者のオーノくんの話を聞きながらもう一度、その必要性を、みんなと考えたかったけど、もうそれもできないね。後輩との橋渡しも頼りにしていたのに、それもももう終わりになるんだね。

作品も毎回書いて、感想掲示板にも書き込んで。積極的に一緒にやっていた仲間がいなくなると力が抜けます。

会って話しをする時に決めて欲しかったけど、私の力が足りずにすみませんでした。

3月に一度戻しますと私が言った原稿は今回どうしますか?せっかく書いたのにもったにないので出しませんか?

それからツグミの発送について、いくつか教えて下さい。
以前、後輩に渡すと言っていたツグミはもう渡しましたか?次からは自分から渡すか、私から直接送るか聞いておきますと言っていたけど、どうするのかな?もう必要ないですか?
あと、オーノくん自身へのツグミの送付は必要ですか?

文芸活動は続けるということなので、きっといい仲間を見つけたのでしょうね。新しい場所での活躍を応援しています。頑張ってください。

今まで一緒にやってくれて、本当にありがとうございました。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

脱落します

 投稿者:オーノ  投稿日:2011年 5月 5日(木)20時46分58秒
返信・引用
  オーノです。
鵺とつぐみから脱落しようと思います。

どんなに少しずつでも鵺は完成に向かって動いていると思っていましたし、
つぐみという新しい場を得たことで、良い方向に進むことが出来ると信じていました。

しかし三月に、自分自身のモチベーションがすっかり尽きてしまったことに気付きました。
望みを失ってしまいました。自分でもびっくりしました。

ずっと自問自答してきたのですが、一ヶ月以上経っても考えが変わらないのでここに表明します。
文芸活動自体は今後も続けるつもりですが、鵺とつぐみへの参加は辞めます。すみません。
 

第4号発行の延期と次回〆切・発行のお知らせ

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 3月16日(水)19時53分5秒
返信・引用
  みなさん無事でいますか?地震のため、予定を変更して次の通りにします。3月27日の第4号発行の取り止め。次回〆切は5月8日・発行は6月4日。第4号の原稿は一度みなさんに戻します。第5号の課題『母に捧ぐ』『父に捧ぐ』を含め、改めて原稿を募集します。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

ルールつくり

 投稿者:ゆりこ  投稿日:2011年 1月23日(日)17時43分56秒
返信・引用
  なんだか言いたいことをきちんと書ききれてないような気がしてまた来ましたが、言わば部外者なのでスルーしてくれてもかまいません。


携帯からですが、他の文芸系団体がネット上でどうしているかをいろいろ調べてみました。

呼び名についてルールを設けているところはほとんどありませんでしたが、唯一、

「掲示板でのやりとりはペンネームまたはハンドルネームを使ってください」

というのがありました。



ペンネームが実名の場合は、ハンドルの方を使えばいいわけで。

ハンドルがない場合は作者名を使うしかないけど、そのために周りに配慮を求めるのは少し不自然な話だと思います。




鶫にルールを設ける以上は、鵺でも真夜中図書館でも同じルールが適用されると思います。

なので、将来参加できたらいいなという立場から意見を言わせてもらってます。
 

Re: 作者をどう呼べばいいのか(まゆみさんへの返信)

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2011年 1月23日(日)08時59分48秒
返信・引用 編集済
  > No.991[元記事へ]

お返事ありがとうございます。

りつこさんへのお返事です。

> >やっぱり作者を呼ぶのにどう書けばいいのか困りますが…。
> >ひらがな化でいいのかしら?
> >でもなんだか、別人を言っているみたいな?いまいちな気になりますが…。
>
> ひらがなにするので良いと思いますよ。
>
> 私の考え方ですが、参考までに。
> 私は、基本的に全ての執筆者を名前で呼ぶのではなく、「作者」と書こうと思っています。

(意見)
そういうことなら、「「作者」呼び」、および「ひらがな化」を鶫ルールとして決め、
掲示板の「はじめにお読みください」のところに書いてくださると助かります。

(理由)
実名記載による個人情報の流出を防ぐため。

「はじめにお読みください」に明記すれば、
実名かどうか判断がつかないOB以外の人による記載も防げます。

また、現状では、感想を書く際、
常に「これでいいのかな?」「管理人から忠告・削除依頼がくるかもしれない」
と不安に感じながら書くことになるので、
掲示板参加者としてあまり参加しやすい状況ではありません。

以上の理由から、わかりやすいルール化を希望します。
 

質問(再録)

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2011年 1月23日(日)08時58分46秒
返信・引用 編集済
  Re: 実名について 投稿者:まゆみ  投稿日:2010年12月 8日(水)12時14分3秒  返信・引用 編集済

この話題のつづきは鵺HPの方で、という管理人のお言葉でしたが、
鵺連絡用掲示板を探したところ、スレッドが見つけられませんでした。

重要なこと、かつ、取り急ぎの確認をしたいので、簡潔に質問を。


> つぐみを作っていく中で娘ちゃんが作品を何らかの形で提出したのだとしたら、それがこの感想掲示板において話題にあがるのは当然ですので、そこにおいて(作者名としての)名前を出さないで感想書いてくれというのは無理がある気がします。

というゆりこさんの書き込みを読んで気づいたのですが、
今回、つぐみ2号の娘さんの作品は、実名で発表されていましたよね?

それで、感想用掲示板に、その名を出さないでというのは、
ネチケということでは管理しきれないのでは?
やはり鶫ルールとして決める必要があると思います。

つまり、「実名発表された作品についても、感想掲示板上においてその名を出さない」という。

しかし、これには、問題があります。
本名なのかどうかは、私たち、文芸部OBはわかります。

ところが、
たとえば第三者(つぐみ・鵺に参加していない人)が、つぐみを読んで、
巻末の感想用掲示板QRコードから、サイトに入って、
感想を書き込んでくださるという場合が考えられます。
(実際、オーノさんの後輩にもうすぐ手渡される予定です)

その場合、その人にとっては
掲載されているのがペンネームなのか実名なのか、は、判断できないのでは?

実名をここに書き込まれないようにしたい、娘だから
という管理人さんのご意見は、
わたしも家族と娘がいるので、当然のお気持ちと理解できます。

ということは、掲示板上のルールとして
「実名の可能性があるので、ペンネームは「作者」「筆者」に置き換えて書き込んでください」
ということを明記し、
記入があった場合に今回のように管理者が警告するということをずっとやってく必要が出てくるのでは?

しかしながら、常識的に考えて、
ゆりこさんのおっしゃる通り、ペンネームを基本とする、
あるいは、各自の判断に任せ、ある程度の言及を容認して実名で発表する、
のどちらかしかないことになるかと思いますが…。


※とりいそぎ、重要な問題と思いましたので、書き込みました。
鵺のほうにスレッドがたったら、同内容で書き込みし直します。ご了承ください。
 

名前の扱いについて

 投稿者:ゆりこ  投稿日:2011年 1月21日(金)15時29分52秒
返信・引用
  あ、下記理由により(他にもいろいろ事情はありますが)エントリーしていない立場からの意見ですので、読まずにスルーまたは削除してくださっても構いません。



作品の感想を書く場所において、作者名を平仮名などに変えるということには、私は違和感を感じます。


作者名として作品とともに発表されたものは、それが実名であるかどうかは関係なく、あくまで「作者名」と捉えます。

実名で発表することにはかなりの覚悟があってしかるべきであり、発表後に「しまった!」と後悔してももう仕方がないことです。(他の掲示板でハンドルじゃなく実名で投稿しちゃったりするのも同じで)

また、実名で投稿された作品に関しその都度「これは実名だから作者名は伏せて感想言わないとだめかな?」と配慮を求めるようなルール作りも不自然です。

実名で発表したけど伏せて欲しい、という事情があるなら、作者本人がその都度みんなに向けて「今回のわたしの作品に関し、掲示板では作者名は伏せてください」とお願いをするのが自然な気がします。
しかしそれも自他ともに面倒な話なので、始めからペンネームで書くようにしたいところです。


ただわたしもペンネームでの執筆には抵抗が強く、かといって実名を出す覚悟はできていないので、それが作品を書けないでいる大きな理由だったりするんですよね(T-T)



掲示板の過去の書き込みをよく見てみると、数人のフルネームがそのまま掲載されているものが見られます。
これはいくらなんでもマズイことなので、掲示板の管理者はこういう書き込みを見つけ次第予告無しに削除した上で投稿した本人に注意をする、というのを徹底すべきだと思います。
注意をしても繰り返される場合には、(可能なら)投稿禁止措置を取るしかないと思います。

掲示板を持つサイトには大概同様の注意書きがあるので、スレッドとかではなく来たらすぐわかるような場所に掲示しておくといいと思います。


内輪の掲示板なんだからそこまで…ということなら、いっそのこと掲示板自体にパスワードをかけてOB会員にだけ案内したらどうでしょうか。







鵺サイト経由でなくても、この掲示板を見ているだけでも学校名やサークル名はわかるので、もし実名が載った場合には、「○○大学の△△部OBの□□さん」というところまですんなり判明してしまいます。

それはしっかり留意しておくべきところです。

 

作者をどう呼べばいいのか(まゆみさんへの返信)

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 1月16日(日)11時31分10秒
返信・引用 編集済
  こちらへの返信は、感想掲示板で話すことではないので鵺の掲示板に移します。

>やっぱり作者を呼ぶのにどう書けばいいのか困りますが…。
>ひらがな化でいいのかしら?
>でもなんだか、別人を言っているみたいな?いまいちな気になりますが…。

ひらがなにするので良いと思いますよ。

私の考え方ですが、参考までに。
私は、基本的に全ての執筆者を名前で呼ぶのではなく、「作者」と書こうと思っています。何か特別な表現をしたく、作者名の方が適切であれば、それに応じて考えたいと思います。
別人を言っているみたいな、いまいちな気持ちになることには同感ですが、私はかまいません。自分の気持ちはここでは重要な事ではないです。
例えば、イチゲさんを、(親しい仲ですので)本当は、普段呼び慣れている呼び方で書き込みたいという気持ちや掲示板の雰囲気を良くするであろうと思う気持ちから、そうしているときもありました。が、最近は意識して掲示板に書かれてる表記で書込みをしています。統一することで誰が見てもわかりやすくなると考えてのことです。

「作者」と呼ばれることで他人行儀な気がする、良い気持ちがしないこと等を、我慢してもらうことになりますが、お互いのそのやりにくさは、やはりそれほど大したことではないと思います。「作者」、と書くことでの利点もあると思います。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

Re: 感想掲示板・鵺掲示板での実名および個人情報の扱いについて

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 1月16日(日)11時27分42秒
返信・引用
  > No.989[元記事へ]

>この問題については、メインスレッドではなく、別にスレッドをたてていただけたらと思います。
>その方が意見を交換しやすいです。

私自身も、良い編集、良いまとめ役になる事ができないまま時間が経っていることを省みると、あの時もっと話し合えば良かった、安易に私が立候補して鵺を始めてしまったことは間違っていた、他の適任者をじっくり選ぶべきだったと後悔しきりです。しかし始めてしまった以上は、つぐみ第一号の編集後記に書いたとおり、意地と責任と希望を持って前向きな気持ちで続けているわけです。

スレッドを立てる前に、みなさんにも確認しておきたいことがあります。自らの反省点、改善点、解決策は見つかりましたか?

私の、この件名にもなっている書き込みは上から下までよく読みましたか? 同時にこの今ここに書かれている私のこの意見も、自分の身に置き換えて読む心構えはありますか?

今回の件に関することだけではありません。
謙虚になって物事をよく考えれば、1つくらいは自分の中に反省点を見つけられるものです。どんなに些細なことでも、その反省から改善点を見つけ、解決策に繋げていけると思います。

スレッドを立ててください、意見を交換しやすいです、意見を出しやすいのでと言うからには、私の文章を読んで自分なりの言葉で解釈し、他人を責めることなく自らの反省点を見いだしてのことなのでしょうか。その確信がつかめない限り、スレッドは立てることは考えません。

今までのみなさんの様子を見ていると、大体において、「りつこさんがどうした」「りつこさんはこう言ったからした」と私が主語になり、各自がそれぞれにどうするのか、どうしたいのかという意志が弱く感じられてきました。また、こうしたいという意見が出る時も、ただの言い訳に留まり、自分の事を語るだけに留まり、それを生かした上での解決策に繋げる意見では無いことが見受けられてきました。

この実名の件も、一貫して、「りつこさんがスレッドを立てないから意見を書き込めない」という言い訳が続いているように感じます。

「りつこさんの書き込みは長いから読んでいません」等、自分ができないことの言い訳を他人のせいにする、何か意見を言う時は、相手を批判することから始まる。それは、物事を深く考えていないがために自分がどうしたいのか思いつかないからに他なりません。相手を批判することで意見を言っているような気になっているだけで、なんの解決策も見出していません。

自分が何かしたいという目的を強く持っている人、こうしたら良いんじゃないかと前向きな意見を思いつく人は、物事が運ばないことに苛立ちやジレンマを感じても、言い訳ばかりしたり、他人を責めるだけで終わったりしませんよ。

このまゆみさんの書き込みだけではスレッドは立てられません。
長い書き込みありがとうございますとお礼の言葉を述べるのは良いことです。でもそれは返事にはなっていないです。


重ねますが、まず、わたしの意見の何を、どう理解したか、を自分の言葉で述べること。他人を批判することなく、謙虚な気持ちで自分の反省するべきところを見つめること。改善策、解決策を述べること。それらをしない限りは、せっかくスレッドを立てても無意味です。

私から、あなたはここを改めるべきですよ、あなたはここをこうしたらいいと思いますと言う材料は揃っていますが、私から言われても素直に受け入れられないでしょうし、みなさんは大の大人なんですから自分で見つけてください。

今の状況が改善されたと私が思えた時は、スレッドを立てることも検討します。それまではメインスレッドのままその都度意見を書き込み、その都度読み、深く考え、解決策を取得する。そのように各自が自分の中で考えをまとめてから返信をするやり方でお願いします。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

Re: 感想掲示板・鵺掲示板での実名および個人情報の扱いについて

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2011年 1月13日(木)21時00分19秒
返信・引用 編集済
  > No.983[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

長い書き込み、ありがとうございます。

この問題については、
メインスレッドではなく、別にスレッドをたてていただけたらと思います。
その方が意見を交換しやすいです。
 

今年もよろしくお願いします

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2011年 1月13日(木)20時55分14秒
返信・引用 編集済
  今年もよろしくお願いします。

御礼が遅くなり恐縮ですが、鶫3号、拝受いたしました。
編集そして製本参加の方々、おつかれさまでした。

充実した一冊と感じました。楽しんで読みました。
スケジュールが半年分のっていて、見通しが立つのもうれしかったです。

今年もつぐみ、がんばりま~す☆
 

返信

 投稿者:りつこ  投稿日:2011年 1月 3日(月)09時44分41秒
返信・引用
  ka*yo*koさん、届きましたとの書き込み、いつもありがとうございます。次は読んだ感想もお待ちしてます。

オーノくん、無事に届いて良かったです。後輩にはオーノくんが責任を持って渡してください。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

あずさ2号 もとい つぐみ3号

 投稿者:ka*yo*ko  投稿日:2011年 1月 1日(土)19時51分35秒
返信・引用
  一昨日つぐみ3号が届きました。お送りくださいまして、ありがとうございました。

文芸部OBの皆様にとりまして、今年がよい年になりますように。
 

つぐみ3号届きました

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年12月31日(金)11時49分59秒
返信・引用
  昨日つぐみ3号が届きました。
作品が本の形になるのはいつでも嬉しいものですね。じっくり読み込んでいこうと思います。
後輩さん譲渡分も無事に届いていますので、後日顔を合わせた際に手渡す予定です。
それでは皆様良いお年を。
 

感想掲示板・鵺掲示板での実名および個人情報の扱いについて

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年12月20日(月)17時12分48秒
返信・引用
  この話題を感想掲示板から鵺の掲示板へ移してくださいと書いたのは、間違いに気づき、それを早い段階で軌道修正したかったからです。
感想を書く場であるにも関わらず、感想ではない注意を書き込んでしまった私自身の間違いに気付き、本来なら感想掲示板で行われるべき事ではない話が次々と進行する良くない状況に気付いたからです。だれかのせいにしたり、特定の誰かに対して注意を促す気持ちは一切ありません。むしろ、私の間違いに気付かせていただき、ありがたい気持ちでいます。

何かの募集や報告や鵺会のお知らせと違い、深く考えないといけない物事の答えを出すのに、私は非常に時間がかかります。そしてたどり着いた考えを、掲示板で伝えるための文章を考えるのにも非常に時間がかかります。
落ち着いて掲示板に向かえる時間も、そうそう多くありません。また、今の時期は、印刷日程に合せて次号の課題創作を決めること、鵺会開催日時を伝えることが先だと思いました。そのような状況の中で、つぐみ発行に合せてこの件の返事をしなければいけないと考えていました。

つぐみは内輪にしか回らないようにしか刷っていないこと、ネット上に作品が載ることも無いことの安心と、作品を実名で書くことへのこだわりのために、ネット上の場面である感想掲示板で、作者名が上がる事への心配、防御策まで頭が行きませんでした。



不特定多数の人たちは実名であることを知らないので、特に問題は生じないことも最もです。しかし親として心配であったこと、個人情報の書き込みに関しては過去にも有り、その時も注意しましたが改善はなく、再度、鵺・感想掲示板の両方を見直した中でもいくつかありましたので、この件は掲示板を管理する側として非常に気になったのもひとつの事実であり、問題が生じる、生じないという一般論とは別の問題です。

感想掲示板であろうが、鵺の掲示板であろうが、ネット上には個人を特定する情報は書かないことを配慮する。その上で、感想掲示板で感想を述べるのには、作者名を書かずして感想は述べられないという意見も、ある程度は納得できます。
しかし、当事者(今回の場合は娘)を知っている面識のある人と、そうではない文芸部の後輩とでは、どう行動するのを良しとするかが違います。後者は実名と知らずに使っても仕方ありません。今回のように現状の文芸部員以外に渡るとしたら、申告制なので、その都度その人に注意を伝えれば済むことです。
鵺もつぐみも編集だけで動かしているわけではないので、問題があると感じたのであれば、それをどう解決していくかを個人個人が自分の中で考えて、次につなげていくことが大切だと思います。
問題が起きたら、いちいちスレッドを立てて、約束事を細かく決めてそれに頼っていたら、また問題が出た時に、同じように決めごとが増えて増えて、何が大事なのかわからなくなります。それは人間としての知的な営みから遠ざかることになると思います。やりかたはいくつもあるのです。

もしかしてみなさん全員、スレッドが立たないのを不審に思い、状態が滞っていると思い続け、私の返信を待つだけで自分の中の解決策は何も進んでいませんでしたか?
そうだとしたら本当に情けないです。

掲示板で話し合う必要はありません。各自が自分の中に反省点、改善点、解決策を見つけるまでは、この件に関する書き込みは控える事をお願いするのと同時に、これから鵺やつぐみを進めていくにあたっても同じように考えて行動することを、強くお願いします。言われていることがわからなければ、わかるまで考えて下さい。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

つぐみ2・3号エントリー料金振込みました

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年12月17日(金)16時38分20秒
返信・引用
  本日つぐみ2号、および3号のエントリー料として、各1000円を口座に振り込みました。
(2号については既に払ったつもりになっていました。貝瀬さんからのメールで気づくことができました。ありがとうございます)

ところで、つぐみ感想掲示板http://9303.teacup.com/tsugumi/bbsで話し合われていた案件(実名の扱いについて)がこちらに移動するとのこと、どうなっているのでしょうか。ルールについてのスレッドを新たに作るのか、それともスレッドを立てずここで話し合うのか。管理人の書き込みを待っていましたが、特に進展がないまま十日が経っていますので、質問させてください。
 

つぐみ第4号の課題創作を募集します

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年12月10日(金)08時32分55秒
返信・引用
  4号の課題創作、私からは「洗い流す」を提案します。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

Re: つぐみ3号原稿メール&エントリー料振込しました

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年11月25日(木)11時18分36秒
返信・引用 編集済
  > No.961[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

レイアウト修正版をメールしました。宜しくお願いいたします。
3号を楽しみにしています。


> 原稿届きました。レイアウトのことで確認したいことがありましたのでメールしました。返事をお待ちしています。エントリー料もありがとうございました。かいせくんにあとで確認してもらうこととします。
>
> > >編集長さま
> > 本日、つぐみ3号原稿メールしました。
> > また、先日エントリー料を振込みましたので、合わせてご確認ください。
 

Re: つぐみについて

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年11月12日(金)13時31分4秒
返信・引用
  > No.964[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

ありがとうございます。
諸々了解です。

読みたいと言ってくれた後輩さんは二人なので、
1・2号については各2部、後日譲っていただいて俺から渡すのが良いと思います。
3号以降については彼らに意向を尋ねてみようと思います。

あんまり張り切って部数を増やして、残部が場所を取ってしまってもよくないし、
次号の部数はまだ2号と同じくらいでも大丈夫そうですね。

ご検討頂いてありがとうございます。
 

Re: つぐみについて

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年11月11日(木)19時38分33秒
返信・引用
  > No.963[元記事へ]

オーノさんへのお返事です。

増刷も後輩に送付するのもいいと思いますよ。

第1号は4冊、第2号は9冊、残っています。そういう状況なので、3号以降を増刷するか、何部増やすか、しなくても足りるか等は、渡す人数と照らし合わせて考えたいと思います。数冊ということですが、具体的な数を出してもらえると考えやすいです。その数を見てイチゲさんと話したいと思います。

私から送付するか、まとめてオーノくんに送付するかは、今決めないで、その時の状況に応じて考えてもいいと思いますがいかがでしょうか。また、あらかじめ住所を私に教えることを了解してもらい、オーノくんから住所をまとめてメールをくれると、送る時にすぐ対応できるのでよろしくお願いします。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

つぐみについて

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年11月 9日(火)14時45分33秒
返信・引用
  先日コスモス祭に行ってきたのですが、打ち上げの席にて、
現役部員の男子に、最近はこんな活動をしているんだよと
持参した「つぐみ」2号を見せたところ、
是非OBの作品を読みたいと懇願されました。
その場にいた卒業生女子も読みたがっていました。

そこでご相談なのですが、
今後の「つぐみ」を彼らに送付してあげることは可能でしょうか。
または俺が数冊預かって、郵送または飲み会などの折に渡してあげるのは構わないでしょうか。
(後者の方がコストは少なくてすみますね)

また、1号・2号について、もし残部があれば頂きたいのですが、もう全て配布してしまったでしょうか。(元々そんなにたくさん作っているわけではないことは承知していますので、無ければそれでも結構です)

いずれにしても3号以降で数冊程度の部数増をお願いしたく、ご検討いただければ幸いです。よろしくお願いします。
 

Re: つぐみ3号原稿メール&エントリー料振込しました

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年11月 1日(月)22時48分9秒
返信・引用
  > No.960[元記事へ]

まゆみさんへのお返事です。

原稿届きました。レイアウトのことで確認したいことがありましたのでメールしました。返事をお待ちしています。エントリー料もありがとうございました。かいせくんにあとで確認してもらうこととします。

> >編集長さま
> 本日、つぐみ3号原稿メールしました。
> また、先日エントリー料を振込みましたので、合わせてご確認ください。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

つぐみ3号原稿メール&エントリー料振込しました

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年11月 1日(月)11時54分32秒
返信・引用
  >編集長さま
本日、つぐみ3号原稿メールしました。
また、先日エントリー料を振込みましたので、合わせてご確認ください。
 

Re: つぐみ第2号完成!

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年10月 7日(木)08時57分31秒
返信・引用
  > No.957[元記事へ]

まゆみさんへのお返事です。

つぐみ3号の原稿の件、了解しました。10月の進捗状況・書き込みも読みました。また新たな執筆者が増えてうれしいです。入稿を待っていますね。第一号の課題『海』を書きたい気持ちも積極的です。ぜひ書いて下さい。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

◆掲示板「つぐみ感想用掲示板」のURL

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年10月 6日(水)16時27分12秒
返信・引用
  流れていくのは仕方なくとも、「つぐみ感想用掲示板」のURLを貼っておくので使って下さい。以下は感想用掲示板にも書いた、携帯からPCへのURLの送り方です。ご参考までに。

携帯からつぐみ感想用掲示板へ入ると、メインスレッド(24)~広告~掲示板を作成FREE無料FREEなど書かれた下に、友達にメールで教えるというのがあるはずです。そこをクリックして、自分のPCのアドレスを、携帯メニューのプロフィールなどから引っ張ってきて入力し、パソコンの方へアドレスを送るのが、今の時点では一番誰の手を煩わすことなく手入力も無く気軽にできる方法だと思います。掲示板の便利な機能として試しにやってみて、こういう方法もあることを知っておくのもいいのではないでしょうか。

http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

 

Re: つぐみ第2号完成!

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年10月 5日(火)14時44分47秒
返信・引用 編集済
  > No.948[元記事へ]

>りつこさんへ
ずっと待っていると言って下さり、ありがとうございます!

> まゆたん、以下の書き込みからずっと待っているよ。
>
> > つぐみ、作品出します。(エントリー必要だった?)
> > りつこさんの書き込みは長いので、ちょっと読み終わってないのですが、とりあえず。
> >
> > 鵺用の習作で書き上がっている部分を出します。
> > 「海」のテーマに偶然にも合っていたので。

先ほど、鶫3号に出す原稿が2編、仕上がりました。11月にメールします。
(詳しくは10月の進捗状況のところに書きました)

もしよかったら、1編は「海」の課題創作として出したいです。
と、りつこさんのひじもんせんぱいあての書き込み、

> ひじもん提案の「6月の博物館」は季節はずれになっちゃって残念だよ。
> でももしそれで原稿書きかけのでもあるなら出して欲しいな。

を読んで思いました。
よろしくご検討下さい。だめなら自由創作として載せてください。

ぷは~!
小説を書くのって楽しい!と久しぶりに感じました!

記念すべき鶫1・2号に出せずに残念でしたが、すべては不徳の致すところ。
小説を書くための体力と時間の確保が課題です。

むこう3回分の小説をノリにノッている今、書いているので、
しばらくは鶫に出し続けられると思います。
どれも鵺に載せようと2003年頃から書きためていた習作です。
 

届いて良かったです

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 9月30日(木)23時52分21秒
返信・引用
  届いたよと言われると嬉しいものです。ありがとうございます。
>ka*yo*koさん、会計の件はわかりにくくご心配をおかけしました。
>chi-さん、QRコードは私もよく使います。アクセスしやすくなるように、書き込みが増えるようにと願って思い付いたことです。印刷の前日に思い付いたことなので、あいちゃんもよく実現してくれました。
 

2号届きました。

 投稿者:chi-  投稿日:2010年 9月30日(木)22時49分22秒
返信・引用
  ありがとうございます。
とりあえず、QRコードすごいッス!!
 

Re: つぐみ第2号完成!

 投稿者:ka*yo*ko  投稿日:2010年 9月30日(木)17時15分3秒
返信・引用
  > No.948[元記事へ]

『つぐみ』2号届きました。ありがとうございました。

それから、『つぐみ』製作費用は鵺基金からは出されないことも了解いたしました。
 

Re: つぐみ第2号完成!

 投稿者:chi-  投稿日:2010年 9月28日(火)12時39分12秒
返信・引用
  > No.948[元記事へ]

2号届いてないのは、1号手渡しでリスト漏れ?
確認お願いします。
携帯で見ると長い文章は読みづらいので3号、4号それぞれスレッドを立てて貰えると良いなと。
オーノくんURLありがとう。
やっと辿り着けました(^_^)v
 

つぐみ第2号完成!

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 9月20日(月)13時02分14秒
返信・引用
  > No.869[元記事へ]

昨日、イチゲさんとオーノくんと私の3人で、つぐみの製本をしました。
私の家の和室でちゃぶ台を囲みながら、印刷原稿を折ったり、
慎重に重ねていく作業は、かつて共犯者作りを思い出すものでした。
明日、クロネコメールで発送しますので、お手元に届くまでしばらくお待ちください。

第2号は、1号よりは少し薄くなりましたが、
新しい執筆陣も加わりましたので、お楽しみに!

今回も、イチゲさんが、私の編集方針の指示どおりに本誌のレイアウトから
印刷まで引き受けてくれました。
私が、「こういう風にしてくれるように頼んだ」
「印刷前日だけど、この変更、あいちゃんならきっとすぐできるよ」
と話すと、娘が、「じゃあ、あいちゃんは、お母さんの下請けじゃん」
と、さも、下請けする人を小馬鹿にするように笑いながら言うので、
「そうだとしたら、とても優秀な下請け人だよ」と話しています。

つぐみ1号2号が無事完成したのは、みんながいい作品を出してくれたのもあるけれど、
私の考えを形にして本にしてくれたあいちゃんに感謝です。

同時に!まだまだ他の執筆者の力が足りない、必要なのです!!
鵺エントリー者の人たちで、まだ書けていない人は、
ぜひ3号に原稿を出してください!
今回は、少し〆切までに期間がありますので、
完成原稿にかかわらず、未完成、冒頭のみ、習作、メモなどなど、
言葉の欠片でも、書けない悩みでもいいのでお待ちしています!
そういう文章を書くことでも、作品へとつながる道を切り開くモノと思います。
また、おそらく、4号は、2月末辺りが〆切になります。

潤ちゃんは、最近はここを見てるのかな?

ひじもん、次回の課題は「全力疾走」だよ。
ひじもん提案の「6月の博物館」は季節はずれになっちゃって残念だよ。
でももしそれで原稿書きかけのでもあるなら出して欲しいな。

まゆたん、以下の書き込みからずっと待っているよ。

> つぐみ、作品出します。(エントリー必要だった?)
> 律子さんの書き込みは長いので、ちょっと読み終わってないのですが、とりあえず。
>
> 鵺用の習作で書き上がっている部分を出します。
> 「海」のテーマに偶然にも合っていたので。
>
> 武田さん、エントリーありがとうございます!
> がんばります~!

みなさん、よろしくお願いいたします。
 

明日不参加

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 9月18日(土)12時34分38秒
返信・引用
  明日は残念ながら不参加です。
すみません。

つぐみ二号を楽しみにしています。
 

つぐみ第三号課題

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 9月15日(水)06時15分39秒
返信・引用
  第三号課題が決まりました。『全力疾走』です。よろしくお願い致します。  

Re: 『つぐみ』第3号課題案

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 9月10日(金)09時47分8秒
返信・引用
  > No.943[元記事へ]

印刷が来週になりましたので、もう少し課題を考える時間があります。案を出す人・投票者が増えるといいですね。書かない人が、これを読みたいという視点からの提案・投票もありだと思います。 『全力疾走』、どんな作品が出てくるのか楽しみです。期待を込めて一票。

> 「台風」、いいですね。
> うん、「台風」に一票を投じたいです。
>
> 俺からも一案。
> 「全力疾走」なんてどうでしょう。
 

『つぐみ』第3号課題案

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 9月 9日(木)19時08分47秒
返信・引用
  「台風」、いいですね。
うん、「台風」に一票を投じたいです。

俺からも一案。
「全力疾走」なんてどうでしょう。
 

『つぐみ』第3号課題候補です

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 9月 8日(水)16時40分29秒
返信・引用
  1・今吹いてます。『台風』2・玉川の第九にちなんで『よろこび』  

Re: 『つぐみ』第2号 課題募集

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 9月 7日(火)10時29分10秒
返信・引用
  > No.938[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

第3号の課題ですね。納得しました。了解です。
僕もなにか考えますー。
季節に関係したものがいいのかな……。いまひとつ季節感の無い今日この頃ですけど。
 

Re: 『つぐみ』第2号 課題募集

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 9月 7日(火)10時22分28秒
返信・引用
  > No.937[元記事へ]

オーノさんへのお返事です。

オーノくんも間違いを想像していると思います。すみませんでした。これは第3号の間違いです。『つぐみ』第3号の課題を募集したい所存ですのでよろしくお願いいたします。こんがらがらせてしまい、申し訳ありませんでした。
 

Re: 『つぐみ』第2号 課題募集

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 9月 6日(月)23時35分57秒
返信・引用
  > No.935[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

> 第2号の課題を決めるのを忘れていました。10日に印刷の予定ですので、急ですみませんが今日から9日までの間で、一つ決めたいと思います。よろしくお願い致します。

???
既に〆切が過ぎているつぐみ2号の課題とは…?

つぐみ2号は
「★課題創作は引き続き、「6月の博物館」と「海」で書いて下さい。」
という募集でしたよね。

僕が何か勘違いしているのかもしれませんが、意味がわかりません。
すみませんが何のことを言っているのかご説明ください。
 

『つぐみ』第2号 課題募集

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 9月 6日(月)15時46分43秒
返信・引用
  第2号の課題を決めるのを忘れていました。10日に印刷の予定ですので、急ですみませんが今日から9日までの間で、一つ決めたいと思います。よろしくお願い致します。  

Re: 「つぐみ」の経費についての相談です。

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 9月 3日(金)18時38分11秒
返信・引用
  > No.931[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

了解です。返信ありがとうございます。
催促してしまってすみません。
 

Re: 「つぐみ」の経費についての相談です。

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 9月 3日(金)14時31分35秒
返信・引用
  > No.924[元記事へ]

オーノさんへのお返事です。

返信がだいぶ遅くなりすみません。読んですぐには、しっかりとした理解ができず、ここ数日でようやく考えをまとめていました。オーノくんの書き込みの、「理解」という部分に関してはその通りです。
書き込み後半の、「流れ」に関しては、大体その通りでいいと思うのですが、まだどう返事をしていいかしっかりとした考えがまとまりません。決定事項をどこかに書き込むことは賛成です。


> りつこさんへのお返事です。
>
> おつかれさまです。
>
> つぐみ経費については決定事項をどこかに明記しておいた方がいいですね。
>
> 簡単に箇条書きでまとめてみると、
> ・「つぐみ」執筆者はエントリー料金(1口1000円で任意口数)を負担する。
> ・資金の管理(入金・出金)には既存の鵺口座を用いる。
> ・執筆者以外からの善意のカンパも受け入れる。。
> ・かかった経費は基本的にエントリー料金で負担し、鵺基金から負担することはしない。
>
> という理解で合っているでしょうか?
>
> ということは、
> ・もしエントリー料金(+カンパ)の合計が「つぐみ」制作実費に満たない場合は執筆者が追加のエントリー料金を出す。
> ・実費とエントリー料金の差額(黒字)は次号「つぐみ」の資金に充てる。
> ・「つぐみ」最終号を出した後の差額分(黒字)があれば鵺基金に含める。
>
> という流れが自然かと思いますが、いかがでしょう。
>
>
> 今週は銀行に行けなかったので、来週エントリー料金を入金するつもりです。
 

「つぐみ」の経費について

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 9月 3日(金)12時46分28秒
返信・引用 編集済
  >りつこさん
下の書き込みへの返答をお待ちしております。
 

Re: 「つぐみ」の経費についての相談です。

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 8月20日(金)15時35分23秒
返信・引用
  > No.921[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

おつかれさまです。

つぐみ経費については決定事項をどこかに明記しておいた方がいいですね。

簡単に箇条書きでまとめてみると、
・「つぐみ」執筆者はエントリー料金(1口1000円で任意口数)を負担する。
・資金の管理(入金・出金)には既存の鵺口座を用いる。
・執筆者以外からの善意のカンパも受け入れる。。
・かかった経費は基本的にエントリー料金で負担し、鵺基金から負担することはしない。

という理解で合っているでしょうか?

ということは、
・もしエントリー料金(+カンパ)の合計が「つぐみ」制作実費に満たない場合は執筆者が追加のエントリー料金を出す。
・実費とエントリー料金の差額(黒字)は次号「つぐみ」の資金に充てる。
・「つぐみ」最終号を出した後の差額分(黒字)があれば鵺基金に含める。

という流れが自然かと思いますが、いかがでしょう。


今週は銀行に行けなかったので、来週エントリー料金を入金するつもりです。
 

Re: つぐみ届きました

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 8月20日(金)15時16分19秒
返信・引用
  > No.922[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

まず感想掲示板の件から。

>オーノくんは、「題材はどうであるか」「魅力的な登場人物はいたか」「鵺に載せるために完成度を高めるためにはどうしたらいいか」ということを、自分はそんなつもりで書いたのではない、厳し過ぎると感じたのですか?
>それとも最初の話と違うではないかと、間違いを私に問いたかった、そして今回は書いていない他の文芸部員を思いやって発言しようと思ったのですか?わたしは、後者ではないかなと思いながらオーノくんの書き込みを読みました。

 先に書いたとおり、どんなものでもいいからとにかく出すのが大事!と言って募った作品に対して、「鵺に載せるため」の感想や批評を求めるのは筋が違うのではないか、という話です。原稿を書くのにそういう心構えが必要となってしまっては、次号以降のつぐみに気軽に原稿を出すことができなくなってしまい、つぐみの最大の利点である身軽さが失われるのではないか、という懸念で書き込みしました。

 ただし、そういう風に思ったのは、あの「はじめに読んでください」という書き込みが、そうしなくてはならない「規定」だというな印象を持ったからです。
 りつこさんのその後の追記で、あの書き込みへの経過を読んだことで、あれは規定ではなく、そういう「視点」を念頭において感想を書いてみてね、という提案であり、つぐみ原稿の内容を縛るものではないと理解しました。
 そうであれば異論はありません。
 なんだかお手をわずらわせてしまってすみませんでした。

 今週末から張り切って感想掲示板に感想を書き込んでいこう思っています。
 リンクが下の方に行っちゃったのでここにもう一度貼りますね(鵺サイトあたりから行けるようになるといいですね)
http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs
 

Re: つぐみ届きました

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月18日(水)11時29分30秒
返信・引用 編集済
  > No.918[元記事へ]

この件につきましては感想掲示板と併せて読むことをお願いします。長文になりますが、読んでくださるようにお願いいたします。

オーノくんは、「題材はどうであるか」「魅力的な登場人物はいたか」「鵺に載せるために完成度を高めるためにはどうしたらいいか」ということを、自分はそんなつもりで書いたのではない、厳し過ぎると感じたのですか?
それとも最初の話と違うではないかと、間違いを私に問いたかった、そして今回は書いていない他の文芸部員を思いやって発言しようと思ったのですか?わたしは、後者ではないかなと思いながらオーノくんの書き込みを読みました。

感想掲示板での進行、および、鵺会での合評会を、有意義でわかりやすいものにするために、どうしたらいいのかということは、前々から考えていましたし、いちげさんに相談しようと思っていました。
視点は、その事を頭に置きながら、いちげさんと私と娘の3人でつぐみを読みながら、気軽な話をする中で出てきたものです。普通に本を読んだり、ドラマを見て話す時に出る普通の話題、気軽な話と私は思っています。こういうことを話すのは楽しいと思っています。

でも、オーノくんを始めとして多くの人が「厳しい」と感じていたら話が違うと思う人も多いでしょう。書くきっかけをつかむための練習。気軽に書くつもりでいるのだから、私の求めることに抵抗がある、私がこわい、批評を受けたらひるんでしまう人がいることも、私はわかっているつもりです。

そういう人は、良かったよ、面白かったよと言ってもらえたら励みになるのだろうと思っています。誉められることは誰でも嬉しいことです。そういう時も、何が面白かったかを具体的に聞けたら楽しいだろうと考えた視点です。今回は書いていないみなさんの作品が上がってくれば、そこでまた新たな視点が出てくるであろうと期待します。

また、練習と言っても段階があると思います。「つぐみ」は、執筆者のそれぞれに対応して、どのような使い方をしてもいいというのがコンセプトです。

> 鵺に載せるためのものではなく、「書く練習、またはプレ版、試作品の反応を見るためのもの」「書きたい作品の書き出しだけでも」「あくまでも書くための動機付け」
> というコンセプトで集めた作品について

私に言われたとおりに、これらのことに従って、これらのことを守って、という人も多いだろうと思います。上記のことは「つぐみ」を如何様にでも使って欲しいと願う気持ちからの例えの数々なので、従ったり守ったりすることは、「つぐみ」の意図が伝わっていると解釈しています。

でももっと自由に、「つぐみ」を自分なりの解釈で理解し活用しようと思った人もいるはずです。そして、今は書けなくても、たとえ作品は途中まででも、書き出しでもなんでも、意気込みを持って、自分は今はここまでのことしかできないけれど、最終目標を自分の中に置き、自分の状態を、離れたところから、より客観的に見ている人もいるはずです。

第一号を読んで今回の4人を見ても、色々な目標を胸に抱いて書いてる人がいる事を感じました。鵺という具体的な目標を据えなくても、自分なりの志や人生の目標を持って、挑んできている人もいると思いました。

どちらが良いとか悪いとかいう判断ではなく、色々な人に対応するのが、「つぐみ」のコンセプトです。


でも、どんなに気軽に書かれた文章だって、途中までであろうが、いいものはいい。
いいものと、そうでもないものを分けるモノは、一体なんなのだろうと思いました。
 

Re: 「つぐみ」の経費についての相談です。

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月17日(火)23時20分53秒
返信・引用
  > No.919[元記事へ]

「つぐみ」経費についてka*yo*koさんから提案をいただきありがとうございます。「つぐみ」が届いたとの報告もありがとうございました。私の説明不足で、前に経費について書いた内容が、みなさんにちゃんと意味が伝わっていないと感じました。何度も説明を補うことになってしまい申し訳ありません。

> 「つぐみ」の経費に鵺基金を使い続けていると、

この下りを読んで気づきました。ka*yo*koさん、オーノくんを始めとして、思い違いをしている人も多いと感じています。「つぐみ」には今までみなさんが入金した分の鵺基金は使いません。わかりにくい書き方ですみませんでした。

「つぐみ」の活動は、鵺のために始めたことですから、気持ちの上では、鵺基金の補充という形で払うという事にしたいと思います。しかし、基本的には鵺の資金は使わない、関係ないとご理解ください。

最初は別の口座も作ろうかと考えましたが、手間が倍になる上、入金する人も、別の口座だとややこしいと思うかもしれないので、お金を入れるところは1つにしようと、先日、製本で集まった際に相談して決めました。

また、ka*yo*koさんが提案してくださった、OBのみなさんに送料を負担してもらおう、ということも考えましたが、こちらも、忙しいみなさんの手を毎号毎号煩わせてしまうより、カンパを募る方向にしようと話し合った次第です。

とはいえ、みなさんの好意を最初から当てにするのではなく、ちゃんと毎回経費を精算できるようにしなければなりません。
そこで、元の鵺基金を切り崩す事の無いように、つまり赤字を出さないために、号を重ねる度に、常に書いた人同士で補充し合う、ということになりました。

お手元の「つぐみ」に添付したものにも書きましたが、毎回計上する経費に差が出てくると思います。
経費の多かった号、少なかった号というのが出るわけですが、これは、単純にその号だけを出すのにかかったお金ではありません。
どうしてもタイミングで、ホチキスや封筒印刷用のインク代などが出てきます。それだと、毎号毎号で格差が出てきてしまうので、それは、号を重ねていく中で、みなさんの入金の記録をつきあわせ、入金状況や毎号のエントリー状況をあわせてお知らせしていき、各メンバーが、鵺基金が赤字にならないためには、自分は何口入金するのがいいか考えてもらう方向でお願いしたいと思います。

なお、本体の印刷代がかかっていないため、作品のページ数による経費の差もないので、みなさんには、自分自身の号ごとのエントリー状況に比例して、何口払うかを考えてもらうといいかと考えています。
また、毎号参加するのを決めているのに、毎回毎回入金するのが面倒だし、入金のためのお金も勿体ないと思う場合は、まとめて数口入金してもらってもいいのかもしれません。
ですので、定期的に鵺基金への入金状況を調べて、報告したいと考えています。
いかがでしょうか。

では以下に前回書き込んだものを転記しておきます。ご確認くださいますようお願いいたします。

今回の経費についての話しは、「つぐみ」第一号についてのことです。
説明が足りなくてすみません。一口千円なので、執筆者は何口払うか経費から考えて払うようにしてください。一口千円と書いた時点で、執筆者がページ数等に応じて複数口払うという理解をしてもらえると考えていました。形の上では、鵺資金から出す、でもそこに赤字を出さないように補填をしていくというものです。一口の金額を千円にしたのは、1ページだけ出そうとか軽い気持ちで思えるように考えたものです。
「つぐみ」は書いたら払うということでいいと思います。その他の振り込みと、今回ちとせっちや、ひじもんが、払おうと言ってくれている気持ちは、「カンパ」という形で払ってもらえたら、と思います。
 

返事は待っていてください。

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月16日(月)21時33分38秒
返信・引用
  すみません。書き込みは読んでいます。順番に返事をしますのでお待ちください。  

Re:「つぐみ」の経費についての相談です。

 投稿者:ka*yo*ko  投稿日:2010年 8月14日(土)21時34分36秒
返信・引用
  > No.912[元記事へ]

りつこ先輩
先日「つぐみ」が手元に届きました。お送りいただきまして、ありがとうございます。

「つぐみ」にも「鵺」にも参加しない私ですが、「つぐみ」の経費について考えたことがありますので、書き込みさせていただきます。

「つぐみ」の経費に鵺基金を使い続けていると、将来鵺の製作に着手する際に基金額が不足してしまう、ということも起こりうるでしょう。
万一そうなった時点で、鵺参加者から追徴したら、エントリー料の二重取りとの印象をまぬかれないのではないかと思われます。
かかる事態の防止に役立てばと提案するのが、エントリーしないで購読のみご希望の方から「つぐみ」送料と返信用封筒のご負担をいただいてはどうか、ということです。

課題としては「つぐみ」編集室の住所を掲示板に載せることの是非が挙げられると思いますが、「つぐみ」送料と返信用封筒の負担を購読希望者から受けられれば、エントリー者の負担の中から通信費をなくすことが可能になるかと考えます。
 

つぐみ届きました

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 8月11日(水)11時53分12秒
返信・引用
  昨日つぐみ1号が届きました。
予想していたよりもずっと良い出来上がりで、嬉しい驚きでした。久しぶりに目にするいちげさんや武田さんの文体に心躍り、なんだかすごく文芸部な気分に浸りました。
確かにこれなら、多くのOBに読んでもらいたくなりますね。

明日からしばらく不在にするのでその後になるかと思いますが、
感想も掲示板に書き込んでいきたいと思っています。


しかしながら、感想掲示板の注意書きがちょっとよくわかりません。
鵺に載せるためのものではなく、「書く練習、またはプレ版、試作品の反応を見るためのもの」「書きたい作品の書き出しだけでも」「あくまでも書くための動機付け」
というコンセプトで集めた作品について
「題材はどうであるか」「魅力的な登場人物はいたか」「鵺に載せるために完成度を高めるためにはどうしたらいいか」
という視点は必要でしょうか。そこまで厳しくチェックする為の作品集ではないんじゃないかと思います。


>りつこさん
つぐみエントリー料について、説明をありがとうございます。
各自一口ずつ入れると赤字が出来るシステムはいささか不安ですが、その場合でも一応鵺基金のバックアップがあり、また参加者が多く集まれば一口ずつでも赤字にならないってことですね。了解しました。
 

Re: つぐみ経費について

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月11日(水)09時41分3秒
返信・引用
  > No.916[元記事へ]

もう、「つぐみ」第一号が手元に届いている人もいることでしょう。
感想は感想専用に作った掲示板にお願いします。
http://9303.teacup.com/tsugumi/bbs

今回の経費についての話しは、「つぐみ」第一号についてのことです。

説明が足りなくてすみません。一口千円なので、執筆者は何口払うか経費から考えて払うようにしてください。一口千円と書いた時点で、執筆者がページ数等に応じて複数口払うという理解をしてもらえると考えていました。形の上では、鵺資金から出す、でもそこに赤字を出さないように補填をしていくというものです。一口の金額を千円にしたのは、1ページだけ出そうとか軽い気持ちで思えるように考えたものです。
「つぐみ」は書いたら払うということでいいと思います。その他の振り込みと、今回ちとせっちや、ひじもんが、払おうと言ってくれている気持ちは、「カンパ」という形で払ってもらえたら、と思います。
 

つぐみ経費について

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 8月 9日(月)11時19分8秒
返信・引用
  仕事のため参加できませんでしたが、土曜日は製本作業お疲れさまでした。
ちょっと具体的な金額を入れて補足します。

土曜にいただいたメールでは、もし今回の経費(用紙・用具・30人分の送料)約7000円を今回の執筆者4人で割ることになっても構わないかとのことでした。
経費のうち5400円は30人分の送料で、
つまり「もっと安くあがるけど数人だけで読んで終わる」か、「負担が増えるけど他のOBにも読んでもらって鵺へのモチベーションを刺激する」かという選択において律子さんやいちげさんや後者を提案した形です。

作品集をつくって発生する経費を参加者で負担するのは当たり前ですが、しかし例えば鵺のエントリー1万円は普通に大金なのでそんなにポンポン出す気にはなれません。
でも1750円程度ならば一回集まってご飯を食べる程度の負荷なので(お酒を飲めばそんなもんじゃないですね)、俺は賛同しますと回答しました。
短いスパンで作品集を作るのは良いことだと思うし、それを他のOBに読んでもらえるのも嬉しいことです。

その後の再検討で、1000円のエントリー料ということに変更されたとのことですが、
これはつぐみ1号の経費についてということでしょうか。
1号の執筆者が1000円ずつ出して、残りの約3000円は鵺資金から出しつつ寄付を募るということでしょうか?

個人的には当初案でもエントリー料金制でも構わないのですが、
なにぶんお金の関わることなので、料金体系については細部までしっかりクリアにしておくべきだと思います。
 

つぐみ制作費について

 投稿者:chi-  投稿日:2010年 8月 9日(月)00時29分58秒
返信・引用
  鵺へのプレリュードと思い、鵺資金から捻出に賛同しましたが、
鵺そのものに掛かるお金のことの認識不足でした。
さすが元編集長、頼もしいです。
まゆみちゃんの意見に賛同です。
出せなかったけど、エントリーしていたので近日中に振込ます。

そしてサイトが新しくなったのも今知りました。
忙しいのに、ありがとう。

律子さん、なかなか返事が出せずすみませんでした。
今日はなんだか、時間もそうですが、気持ちに余裕が全然なくて。
土曜日はどんなことがあってもついて行くぞ!
と決めたんですけど、朝になったらすごく疲れている自分がいました。

こういうややこしい気分は、社会人になって卒業したつもりだったんだけどな。
 

つぐみの経費について

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月 8日(日)23時44分36秒
返信・引用
  ご意見ありがとうございます。

「つぐみ」の経費について、まゆたんと潤ちゃんの二人からしか返事が無いのですが、まゆたんの意見を受けて、つぐみの経費は、先の内容を変更し、★一口千円のエントリー料として払ってもらうことに決めました。

経費は主に、30人ほどのOB宛ての送料で、5400円ほどかかります。それとプラスαが、かかります。その内容は、ホチキスなどは2号以降も使用し続けるものですし、封筒の表書きや添え状印刷にかかるプリンタインク代などは、後日計上することになりますので、発行の度に経費は変動すると思われます。ご了承ください。経費詳細は「つぐみ」に挟んだ添え状をご参照ください。
 

つぐみの経費について

 投稿者:おがわ  投稿日:2010年 8月 8日(日)21時39分54秒
返信・引用
  お金の事は、非常に微妙なので慎重にしたいですね。  

>「つぐみ」の経費についての相談です。

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 8月 8日(日)14時09分47秒
返信・引用
  つぐみ製作お疲れ様でした。
ご相談の件、鵺費用から拠出される金額が具体的に示されていないので、答えづらいのですが…。

(a)つぐみ製作費:
部数30部×コピー代10円×ページ数+部数30部×送料(A4定型外で300円くらい?)=?

(b)鵺基金残額=?

(a)は、1万円くらいまでを鵺基金から拠出するにはいいかもしれません。が、それ以上だと肝心の鵺制作時に、また、資金を集める必要が出てくるとたいへんなので、慎重に考えたいと思います。

(b)は、過去の鵺制作費及び通信費に少なくとも20万円はかかったので、それを下回らないよう維持したいと思います。

以上が私の考えです。

追記
つぐみ製作を続けるのならば、別途徴収するやり方もいいんじゃないでしょうか?
執筆陣には苦しいけど、鵺費用は相当かかるし、基金からはあまり使わないほうが、また徴収したりするよりいい気がします。
 

「つぐみ」についての相談

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月 8日(日)11時38分18秒
返信・引用
  エントリー者に送付したメールを貼付けます。
みなさん、ご意見よろしくお願いします。

--------------------

「つぐみ」の経費についての相談です。
以下のお返事は、基本は掲示板にお願いします。
でも、掲示板に書けない場合は、メールでもいいのでよろしくお願いします。


当初、「つぐみ」は執筆者で経費を分ける、という話が、今回の4名のメンバーの中で決定していました。
ただし、その場合は、鵺エントリー者のみに送付し、他のOBには希望を募って送付する、と考えていました。
しかし、思いのほか良い本ができたため、これを数名のみだけのものにしてしまうのは、とても勿体なく、また、執筆したメンバーの作品をOBの皆に読んでもらうことで、「鵺」の活性化にもつながると思い、送付先のメンバーを増やしたいと思うようになりました。

そうなると、30人分の送料を執筆メンバーで分けなければならず、個人の負担が重くなってしまいます。それでも多くのOBに読んでもらいたいという考えで、7日の製本の日に来てくれた松山さんにその旨「経費は執筆者だけで分ける」ということを伝えました。
彼女は今回の執筆メンバーではありませんが、3月末に「つぐみ」を立ち上げる際の話し合いにも参加していたので、「つぐみ」の本質を理解してくれた上で、鵺エントリー者としての意見として、「『つぐみ』は、『鵺』のためにやるものだから、エントリー者だけに送付するんじゃなくて、なるべく多くのOBに送るべきだと思う。そして、その資金は、鵺資金で出すことを基本とするけれど、執筆者が自分の作品の掲載分の経費を考えて、鵺資金にお金を入れればいいんじゃないか」と言ってくれました。

今回は、どれだけのメンバーから原稿が集まるかわからず、手探り状態で作業を進めてきたため、問題点が出てきてはその場で解決、という方法しか取れなかったので、経費についての相談が遅くなってしまい、申し訳ないと思っています。
とても早急な相談ですが、今日の夜までに解決したいと思いますので、このメールを受け取ったら、掲示板に意見を書き込んでください。お願いします。

明日には送付をしてしまいたいと思います。
とてもいい本ができました。原稿を寄せてくれた武田さんやオーノくん、あいちゃんの文芸に寄せる熱い想いも伝わると思います。
届くのを楽しみに待っていてもらえると、編集としてとてもうれしいです。
 

製本終わりました

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月 8日(日)02時49分1秒
返信・引用
  「つぐみ」第一号の製本終わりました。ちとせっちとあいちゃん、おつかれさまでした。さきほど、封筒の宛名印刷も終わりました。明日は封筒に入れる作業をして、週明けに発送します。  

つぐみ第一号は11作

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月 5日(木)12時05分26秒
返信・引用
  つぐみ第一号は長短取り混ぜて11作です。あいちゃんが三冊作ってきてくれたけど、本格的な製本はまだです。  

Re: 取りにおいでよ

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 8月 5日(木)10時34分50秒
返信・引用
  > No.907[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

> いい本ができたよ。ひじもんもオーノくんも取りにおいでよ。

??
市毛さんと一緒にもう作っちゃったってことですか?
お疲れさまです。
早く読みたいけれど、土曜は遅くまで仕事の見込みなので現実的に難しいです…。

お盆をはさんで、次のつぐみ締め切りもすぐですね。こちらにもエントリーしたいです。
 

取りにおいでよ

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月 5日(木)09時07分27秒
返信・引用
  いい本ができたよ。ひじもんもオーノくんも取りにおいでよ。  

Re: つぐみ一号

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月 4日(水)23時19分43秒
返信・引用
  > No.904[元記事へ]

ひさんへのお返事です。
次まで『6月の博物館』取っておくから。言い出しっぺなんだから書いてよね。
 

Re: 8月7日参加募集! 時間・作業内容のお知らせ

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月 4日(水)23時17分56秒
返信・引用
  > No.903[元記事へ]

オーノさんへのお返事です。
それじゃ、つぐみを取りに来るだけでも来たら?
 

つぐみ一号

 投稿者:  投稿日:2010年 8月 4日(水)21時01分29秒
返信・引用
  こんにちは、暑いですね。
7日、というかお盆あけまでやるべき仕事が目白押しで、製本と合評会は参加できません。

そういえば厚木の祭の週なんですよね(-_-)
 

Re: 8月7日参加募集! 時間・作業内容のお知らせ

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 8月 3日(火)15時29分5秒
返信・引用
  > No.902[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

8月7日は出勤になってしまいました…。
自作の感想も聞きたいし久しぶりに市毛さんにもお会いしたかったのに残念です。
今回は何作くらい出たのでしょうか。製本作業、よろしくお願いします。

> 8月7日は15時開始・りつこ宅です。予定と違い、あいちゃんがレイアウトと印刷を担当しています。以降作業内容です。一枚ずつ取りホチキスで綴じる→背表紙→表紙を貼る→ゆうメールの準備。人数がいれば作業も楽だし早く終わります。誰も来なければあいちゃんと二人でします。30部作ります。
 

8月7日参加募集! 時間・作業内容のお知らせ

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 8月 2日(月)20時16分1秒
返信・引用 編集済
  8月7日は15時開始・りつこ宅です。予定と違い、あいちゃんがレイアウトと印刷を担当しています。以降作業内容です。一枚ずつ取りホチキスで綴じる→背表紙→表紙を貼る→ゆうメールの準備。人数がいれば作業も楽だし早く終わります。誰も来なければあいちゃんと二人でします。30部作ります。  

Re: 訂正:鵺HP更新完了

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 7月20日(火)09時09分11秒
返信・引用
  > No.900[元記事へ]

まゆみさんへのお返事です。

新しいURL、ありがとう。HP更新、思ったより大変だったんだね。おつかれさまでした。以下、また手を加えてもらいたいことなので悪いんだけど、対応の方よろしくお願いします。

デザインはあいちゃんが作ったままになってるけど、これから変えていくんだよね?ユニバーサルデザインにするって言ってたよね。リニューアルを楽しみにしてます!

更新したら、小さな事でも、ここに書き込んでください。まゆたんがきちんと更新したのに、私の方が知らないでいて、行き違いがあると悪いのでね。

改善して欲しい点が5つあります。

★まずenter入ってメニューページのデザインが左にずれてるよね?それと右上の灰色の部分の形がいびつなのが気になるのよ。トップがきちんと整っているからあそこを見た時に余計に違和感がある。灰色の部分をどうにかしてカッコ良くしてください。第4号発刊スケジュールの円についても同じくです。ぜひよろしく!

★リンク切れが多いよね。創刊号の作品のリンクは今は外して下さい。クリックした人が、あれ?って思う回数が少ない方がいいよ。あと、そういう意味ではトップの感想掲示板リンクも外した方がいいと思います。

★振り込み口座の第一勧業は、みずほに変わっているよね。かいせくんに口座を確認してからアップし直してください。それと、心温まるご支援は、これからは最初からは募らないって話し合ったよね。私はそう覚えてるんだけど、他の人にも確認して、もし、そうならあの一文は消しておいた方が誤解を生まないね。

★あと、細かい事だけど、「周知のこととは思いますが、第1号・第2号ともに20万円以上の費用がかかっております。」の第1号・第2号のあとに「第3号」も加えてね。

★それから、私ももっと早くに文章を調整してまゆたんにメールすべきだったんだけど、あの第4号編集方針は、掲示板で、その時の話し合いに参加していた人へ向けての発言なので、ホームページ用に文章を整えたいのね。公の場での正式な発言として書いておきたいから、まずはこれを消しておいてください。文章を考えてからメールします。よろしくお願いします。
 

訂正:鵺HP更新完了

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 7月16日(金)06時19分45秒
返信・引用
  オーノせんぱい
ご指摘ありがとうございます。

鵺HPの新しいURLは下記の通りになりました。
お気に入りに登録の方は、変更をお願いいたします。

http://nue.art.coocan.jp/

あと、初心者なものでいろいろと不手際があるかと思います。
お気づきの点は、ぜひぜいお知らせください。
今後も、改良に努める所存です。
 

Re: 鵺HP更新完了

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 7月15日(木)17時29分22秒
返信・引用
  > No.894[元記事へ]

まゆみさんへのお返事です。

> 鵺HPの更新が完了しましたので、ご報告申し上げます。
>
> 予定よりずっと遅れてしまい、大変申し訳ありません。
> 字句について気が付いたことなどがありましたら、教えてください。

お疲れ様です。
鵺サイトを見に行ったのですが、どこが更新されているのか確認できませんでした。あれれ。
http://www.ne.jp/asahi/midnight/library/nue/nuehome.html

ここは更新日付が古いままだし
違うところを見ているのかもしれないので、更新したサイトのURLを教えてください。


それから、町田市立図書館のURLは
http://www.library.city.machida.tokyo.jp/opac/
で繋がりますね。こちらもお疲れ様でした。
 

Re: 町田市立文学館所蔵の報告

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 7月14日(水)12時27分25秒
返信・引用
  > No.895[元記事へ]

まゆみさんへのお返事です。

鵺HP更新と文学館寄贈、ありがとう。おつかれさまでした。HPはまだ見てません。文学館は昨日からアクセスしてますが、ページが表示できませんと出てしまうので、これも見れていません。どういうことなのかな?と思っていますが・・・だれか見た人、いますか?
 

町田市立文学館所蔵の報告

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 7月13日(火)00時03分19秒
返信・引用 編集済
  鵺第1号~第3号、および、ポラリスが、
町田市立文学館の蔵書に加わりましたので、ご報告申し上げます。

http://www.library.city.machida.tokyo.jp/opac/index.

にて、「鵺」、各号の編集者名、などで検索をしてみてください。
私はちょっと、感動しました…!
 

鵺HP更新完了

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 7月12日(月)23時58分56秒
返信・引用 編集済
  鵺HPの更新が完了しましたので、ご報告申し上げます。

予定よりずっと遅れてしまい、大変申し訳ありません。
字句について気が付いたことなどがありましたら、教えてください。

ご協力いただいたaikoせんぱい、みっきーせんぱい、ありがとうございました!
 

つぐみ書式と8月の予定など

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 7月 5日(月)10時49分13秒
返信・引用
  スレッドの7月の進捗状況のところに、つぐみ書式と8月の予定を書き足したので読んでください。  

Re: 作品を書いて下さい。

 投稿者:ゆりこ  投稿日:2010年 4月21日(水)01時19分22秒
返信・引用
  > No.866[元記事へ]

りつこさんへのお返事です。

> 『つぐみ』について。作品が無いのに、先の心配のためのシステムを考えるのは気が進みません

> システムを考える人がいることは否定しません。その行動は止めません。やるなら、ゆりこさんが主体となり、ほかの仲間と連絡を取り合ってまとめてみてください。実際の活動と照らし合わせて、そのシステムが有効になる時もあると思います。その時に役に立てば良いし、それを考える事で気持ちが落ち着くのであればいいと思います。


わたしがシステムを気にしているのは、それがわからないと作品出すに出せないと思っているからです。

実際に集まって読み合う、合評会するといっても、それに参加することができないのに作品だけ出す、というのがどうも個人的に気が進まなくて。

作品の内容やジャンルにしても、オーノくんが書いてくれているようなものなら私にも出せるとは思うけど、そういう作品に関してはきちんとした?合評会はしにくいと思うのです。

気になった作品に感想を言う程度のものだとしても、それをどういう形で言い合うのか。掲示板のようなオープンな形でなく実際に集まってのことなのだとしたら、そこに参加できない以上は作品自体も出したくないのです。


とりあえず私個人は、つぐみが一回完成して、そのあとのことも見てから参加を決めようと思います。


鵺に関しては、実際に一つでも作品が完成した時に(参加できるのが確実になった段階で)エントリーしようと考えてます。
今エントリーしたところで、実際に作品だせるかわからないし、りつこさんが望まれるようなスタンスに立つこともできないので。

遠隔地に住み、話し合いに参加したりもできない等いろいろ不便な立場から考えて、鵺に関しいくつかアイデアはあったりします。
でも無責任と言われれば否定もできないので、作品書けてエントリーもできるまでは少し離れていようと思います。
 

寄贈について:ご報告

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 4月19日(月)10時27分20秒
返信・引用
  やや遅れましたが、鵺第3号も寄贈いたしました。あわせて、ご報告いたします。  

寄贈について:補足

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 4月19日(月)10時26分7秒
返信・引用
  町田市立文学館の方から、寄贈について詳しいご説明を頂いたので、
忘れないように、ここに記録しておきます。参考にしてください。

寄贈の条件:
町田市在住のひとが執筆している、もしくは、団体の活動母体が町田市にあること。
(※今回は大野せんぱいの住所を使わせていただいて、寄贈できました。
 ※次号からは、おくづけに、玉川大学文芸部OBなどの活動母体名、および、
  学園の住所などが書いてあると、わかりやすくていいそうです。)

寄贈の冊数:
2冊必要。うち1冊は、貸し出し用。1冊は、保存用となります。

データの入力や装備に時間がかかるので、
実際に利用できるようになるまでには、多少お時間がかかります、とのこと。

しかしながら、文学館の蔵書データで検索できるようになること、
貸出、保存サービスを無料で行ってもらえること、
といった利点は素晴らしく、これを活用しない手はないのではと、個人的に思います。
今後も、発刊のたびに、寄贈できたらなと思います。

なにかご質問がありましたら、古田まで。
 

がんばります!

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 4月19日(月)10時16分47秒
返信・引用
  つぐみ、作品出します。(エントリー必要だった?)
律子さんの書き込みは長いので、ちょっと読み終わってないのですが、とりあえず。

鵺用の習作で書き上がっている部分を出します。
「海」のテーマに偶然にも合っていたので。

武田さん、エントリーありがとうございます!
がんばります~!
 

「つぐみ」エントリーします。

 投稿者:武田  投稿日:2010年 4月18日(日)09時24分29秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。
りつこさん、ご連絡ありがと。
さて、りつこさんにはメールしたのですが、「つぐみ」エントリーしたいと思っています。
たまたま昨日、ある作品のプロットが生まれ、それを完成させたいと思っています。
進捗状況でもきちんと報告した方が良いのかしら。

でもね、プロットが生まれても、それを作品に仕上げるのが大変。
まぁ、そこから文学が生まれるわけだけどね。
がんばるよ。
 

エントリーすること

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 4月17日(土)22時34分25秒
返信・引用
  これからの鵺会の開催は必ず掲示板に書きます。すみませんでした。

提案、決定、については、私はエントリーしている人とそうでない人を区別して考えています。頭では平等にするのが正しいとわかっていても、気持ちはそうは動きません。特に今回のことに関してはどういう強い思いがあったかは、前に書いたとおりです。


例えば、ピアノサークルの仲間で発表会をします。ホールをとり、チラシを作り、プログラムを刷ります。そこに名前が出るのがエントリーした人です。

本番に出るほど自信がない、指が動かない病気になって人前で弾くほどの物は出来ない、練習が間に合うかどうかわからない、発表会費を払うのもちょっと・・・だけど、弾きたいという人がいます。そう言う人たちのためのコーナーを作りましょうという意見が出ます。そこで弾くのがエントリーしていない人です。

当日になって、プログラムに名前の載っていない人は(エントリーしていない人は)、今日はやっぱり弾きませんと言うことができます。病気の人は指が痛いから、時間のない人はやっぱり練習が間に合わなかった、仕事が断れなかった、他の用事が出来た等、その理由は様々に、言い訳できるのです。鵺のエントリーも私は同じ考えで捉えています。

エントリーしている人は覚悟を持っている。足かせを感じているはずです。月毎の〆切を迎える度に、苦い思いを味わっているはずです。でもエントリーしていない人は縛られるものが無い。

なんらかの理由で、エントリー出来ないけど書きたい、仲間に入りたい、もっと気楽な気持ちで、実費も鵺ほど必要とせず参加できるように考えたのが「つぐみ」です。

発表会ではなく、スタジオでの仲間内の勉強会。練習中の曲であろうが、両手で弾けなくても、間違えだらけであろうが、ピアノを弾くみんなで集まること。文芸部で言えば書いた作品を持ち合って読み合うことがその内容です。

前4号が停滞した理由に、「書けなかったから」ということが大きな事実と、誰もが忘れたわけでないでしょう。

遡りますが、前4号も今回と同じように半年後に〆切を設けました。でも原稿は集まらなかった。リレー小説をやりましょう、そうやって練習しましょう、web上で続けられたら進みますね、その作業をしましょうと決まりました。でもそのあと誰も何を言うこともなくその案は立ち消えました。そういう事実がありました。

特に前4号にエントリーして、今回も続けてエントリーした人は、前4号が停滞したこと・立ち消えたこと・書けなかったこと。その思いを背負っていると思います。私は前4号にはエントリーしていませんでしたが、そのことが自分の背負った思いです。この4号にエントリーした理由です。

そして現4号の第一回〆切を迎えました。どんな気持ちでこの日を迎えましたか?書けなかった、進まなかったという自分の有様を見て考えたことはなんですか?自分自身はこのあと何をしたらいいか知恵を絞りましたか?〆切を延ばせば書けると思いましたか?私に何かを求めようと思いましたか?

まずエントリーしている人が書かなきゃしょうがない!!!なんとかしようと動かないとどうしようもない!!!
そういう強い思いがあり、エントリーしていない人を平等に考える事に気持ちが動かないのです。

この第一〆切は、エントリーした皆がどういう気持ちで臨んでくるのかとても気にかかっていました。
 

作品を書いて下さい。

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 4月17日(土)21時34分59秒
返信・引用
  エントリーしている、していないに関わらず、今まで掲示板で発言している人たちへ伝えます。

『つぐみ』について。作品が無いのに、先の心配のためのシステムを考えるのは気が進みません。まず書くこと。集まって、読み合う実際の動作があって、その中でお互いの言い分に耳を傾けながら、気持ちをひとつにしていくことが大切だと思います。

まず頑張って作品を書いてください。

3ヶ月で書けないものはそれ以上あっても書けないという考えも変わりませんから、〆切は延ばしません。7月上旬、11日に私の手元に届くように書いて下さい。 状況によっては鵺の存続も考え直そうと思います。

システムを考える人がいることは否定しません。その行動は止めません。やるなら、ゆりこさんが主体となり、ほかの仲間と連絡を取り合ってまとめてみてください。実際の活動と照らし合わせて、そのシステムが有効になる時もあると思います。その時に役に立てば良いし、それを考える事で気持ちが落ち着くのであればいいと思います。

それからメールでも、掲示板でも、再三言っていることですが、毎月の進捗状況と、「つぐみ」の参加表明をして下さい。私にメールで言ってきてくれる人がいるのはありがたいのですが、他にも知りたいと思う人はいるでしょう。ここを見てお互いに確認し合って気持ちのやりとりをしたらいいと思うので、私に言ってくれた人で、掲示板では書いていないという人は、進捗状況の報告と、つぐみ参加表明を書き込んで下さい。

この件についてのお願いは今までも何度も書いてきました。それでも掲示板に書かない人がいることに関しては、私はもう言いません。あの人はどうなんだろう?あれはどうなってるのか?と思う事があったら、直接 やりとりしてください。よろしくお願いします。

なお「つぐみ」誌名の決定は、沢山の候補の中から、各自が気に入ったものに手を挙げていき、票が一番多いものに決まりました。間違った報告をしてしまったことを訂正します。

作品を書いてください!!!!7月11日編集宅必着です!!
 

(無題)

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 4月 6日(火)06時21分38秒
返信・引用
  ゆりこせんぱい
>それでも継続していけるようなシステムを見つけないといけないですよね。

オーノせんぱい
>エントリーの有無に関わらず、活発に意見を出し合うことが、鵺を進める為の糧になると思います。

というご意見に賛同します。
私も、鵺のHPを、話し合いや参加、活動システムに活かせないかと考えております。
 

寄贈のご報告

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 4月 6日(火)06時18分26秒
返信・引用
  『鵺』創刊号、2号を
町田市立文学館の同人誌コーナーに寄贈しました。

玉川学生のホームグランド町田市では、
文学館を通して市民の文学活動を支援しています。
同人誌の収集、保存もそのひとつです。

『鵺』は残部少のため、おいそれと配りにくいのですが、
文学館に所蔵があれば、だれでも手に取ることが可能になり、
鵺の活動に生かせると思いましたので、町田近辺在住の方々のご賛同をいただき、
寄贈させていただきました。

以上、ご報告まで。
 

鵺HP更改について

 投稿者:まゆみメール  投稿日:2010年 4月 6日(火)06時17分8秒
返信・引用
  3月28日は不参加だったまゆみです。
参加された皆様、おつかれさまでした!
律子さんから、鵺HPについてご質問がありましたので、お答えします。

必要なデータは、昨年6月に受け取りました。
昨年度中に仕上げたかったのですが、間に合わなかったので、
今年6月までには、見られるようにしたいと思っています。
 

Re: 鵺会

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 4月 5日(月)13時07分54秒
返信・引用
  > No.851[元記事へ]

3月29日のゆりこさんの質問に。

> 鵺会というのは、今でも定期的に行われているんでしょうか?

俺の知る限り、9月の鵺会以降、この掲示板でアナウンスされずに鵺会や集まりでの話し合いが行われていたことは無いと思います。
今回(3月28日)が約半年ぶりの開催で、その連絡がメールで行われたのでここに記されていなかった、というだけです。

律子さんからメールを頂き、書けたところまでの原稿を携えて臨んだ俺ですが、当日いちげさんとひじもんさんが急遽来られなくなってしまったのと、話し合いをするには些か声が通りづらい喫茶店での開催だったために、かなりこぢんまりした鵺会でありました。

ともあれ、自分の知らないところで何かが行われていたことを後から知れば、不安や不信感やそれに準じる気持ちが生じるのはごく自然なことだと思います。
鵺会の開催や話し合いに関しては、ゆりこさんの言うように、極力オープンにするであるべきです。というか、隠し立てする必要などあるわけもなしf^_^;
この掲示板に書き記しておけば、それだけで後から見返した時に使える防備録になることだし、そこは省かずにきちんと記すべきだと思います。次回以降は。

とはいえ律子さんも鵺会を計画して連絡して開催して話し合って疲れた後でまとめるのも大変でしょうから、律子さんに全ておまかせするのではなく、各自お手伝いする形を作れればと思います。
決定事項のまとめ、書き込み程度でしたら俺はいつでも承ります。


律子さんは皆で選任した鵺の編集人であるのだから、俺は原則的に律子さんのやり方で進めることには賛同します。
しかしもちろん納得いかないことがあれば確認すべきだし、異論や意見が出るのは健全なことだと思います。
エントリーの有無に関わらず、活発に意見を出し合うことが、鵺を進める為の糧になると思います。
 

Re: 鵺会

 投稿者:ゆりこ  投稿日:2010年 4月 5日(月)00時54分23秒
返信・引用
  つぐみの内容については、「3月28日鵺会報告」スレにてりつこさんからの説明がありました。
一応書いておきます。



最終的な話し合いや決定を鵺会に集まったメンバーで行わざるを得ないのは仕方ないと思いますよ。
文字だけのやりとりってイマイチ言いたいこと伝わらないですよね。

ただ話し合いの内容については予めオープンにしててくれた方が安心かな、とは思います。
エントリーしていないメンバーもそれぞれいろんな事情や考えがあるので、「できればエントリーして作品出したい」という気持ちから何かしら提案や意見が出るかも知れません。
エントリーしていないからといっても、その理由はそれぞれですから、一概に熱意がないとは言えないですよ。エントリーしている人たちは少なくとも今の時点でそれを許す状況にあったというだけ、確かに有力なメンバーとは言えますけど。



つぐみを始めるにしても、実質的に作業できるメンバーは本当にごく一部だと思います。
そのメンバーでさえ、時には休まざるを得ないこともあると思います。
乱暴な言い方だけど、社会に出たら趣味のことなんて二の次三の次になるんだから。

それでも継続していけるようなシステムを見つけないといけないですよね。
せっかくの素晴らしい案なんだから。
 

Re: 鵺会(当日の提案や決定について)

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 4月 1日(木)20時33分4秒
返信・引用
  > No.851[元記事へ]

まず何をするにも〆切ですよと多くの人の意見があり、発刊スケジュールを考えました。毎月ごとに進捗状況をここに報告し合うアイディアも私たちの交流手段として安心する事を確認し合いました。

でも期待と同時に、本当に原稿は集まるのか、〆切を延ばすという選択があるが、それで集まるのか?他にできることはないか・・・とずっと考えていました。

3月28日、あの日テーブルに着くその時まで、本当に直前まで、今回の私の提案は待ちたかったです。これからどうなるのか不安が募ったけど、エントリーした人と書いた作品を信じて待つべきと思ったからです。本当はこんな心情は説明したくありません。

エントリーした人たちには、前もってどうしたらいいか考えておいて下さいとメールでお願いしましたが誰も何も言ってきませんでした。実際に会った2人、オーノくんとchi-さんに、口答でもう一度、このあとどうしたらいいいか案はある?と聞きました。2人の案を考慮したかったのです・・・が。意を決して私の話を切りだしました。同人誌名と課題の決定は、今ここで会っている人同士がこの場で。決定方法は多数決でと同意を得たので、色々と出た中から希望のものに何度でも手を挙げて数を絞っていき、決めました。

次は「つぐみ」の内容について説明します。
 

Re: 鵺会(開催について答え)

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 3月31日(水)22時15分29秒
返信・引用
  > No.851[元記事へ]

ゆりこさんへのお返事です。

「鵺か一部の人たちだけのものになってしまうので」、そうなってほしくないというゆりこさんの心配はわかります。そう思っている人は多いでしょう。

(ここからの私の話は、ここで初めて話すことです)

今回の鵺会の開催に関しては、エントリーしている人を対象にしたのも事実です。でも決して鵺を一部の人たちで共有してしまおうとか、だれかを仲間はずれにしようという気は無いです。まずエントリーしている私たちが今の状況を打破すべきと思いました。そうすることで、まだエントリーしていない人を動かすことができると考えていました。

それに、意地悪な物言いに聞こえるかもしれないし、えげつないと思われるかもしれませんけど、1万円払ってエントリーしているのと、払わずにエントリーしていないのとじゃ、気の持ちようや、覚悟、言葉では何が適切かわかりませんが、自分の中の意識に違いがあると思います。少なくとも私は違います。払ってないなら何も言うなということじゃないんですよ。

重ねますが、払ってない人を仲間はずれにしようとか、一部の人たちのものにしようという考えは一切無いです。そうは見えないよと批判されても、そうではないと言い続けるしかないです。
時と場合によっては、これからも、その時来た人や一部の人間等で決めてしまう事もあるかもしれない事をここに書いておきます。

今回の開催をエントリーしている人たちにだけ告知したのは、深く考えず、今の状況を見てそれが道理に叶っていると思いました。確信があった訳じゃないです。理論整然と、情熱を込めて説明して全員の納得を得るすべも考えませんでした。勘です。

開催を掲示板で告知せず、メールに徹底した理由は、まずエントリーしている人でなんとかしなければいけないという気持ちが強く出てしまったと思います。
掲示板よりメールの方が伝わる気がしましたし、返事ももらえる気がしました。でもそれが不親切な事になってしまったと思いました。

鵺会は不定期開催です。今回は第一回しめ切りに合わせて開催しました。次回は「つぐみ」〆切の7月上旬~くらいと思っています。

返事はまだ続きがあります。今日は開催について返事をしました。
 

Re: 鵺会

 投稿者:ゆりこ  投稿日:2010年 3月29日(月)22時51分2秒
返信・引用
  > No.848[元記事へ]

鵺会というのは、今でも定期的に行われているんでしょうか?

掲示板は時々覗いていましたが進捗状況以外の更新がほとんどなかったので、話し合いとかは特に行われていないのだと思っていました。

鵺会に参加できる人もかなり限られていると思うので、そこで何か提案や話し合い、決定をするのであれば、前もってその内容だけでも掲示板に書いておいていただければ助かります。

でないと、鵺が一部の人たちだけのものになってしまうので。


私も、鵺会に参加はできなくても思い付いたことは伝えたいと考えているので。
 

Re: 鵺会

 投稿者:りつこ  投稿日:2010年 3月29日(月)09時05分57秒
返信・引用
  > No.847[元記事へ]

オーノさんへのお返事です。

> メールだけでなくこちらでも周知すべきだと思うのですが……。

不親切すみませんでした。考えが至りませんでした。これからはそうします。
 

鵺会

 投稿者:オーノ  投稿日:2010年 3月28日(日)10時13分11秒
返信・引用
  メールだけでなくこちらでも周知すべきだと思うのですが……。  

レンタル掲示板
/8