teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


かえるP新作公演! Vol.8 『スーパースーハー』

 投稿者:かえるP制作部  投稿日:2017年 7月11日(火)21時58分45秒
  かえるP Vol.8
『スーパースーハー』
2017年7月26日(水)~30日(日)
振付・演出:大園康司 橋本規靖

かえるPが挑む次なるダンスの地平はスーパースーハー。
息つく暇しかないほどに吸うこと吐くことそれ以外を追求します。
みなさまの呼吸にとって良い時間となりますよう、かえるPが誠心誠意、真心こめて
こまばアゴラ劇場にて屹立いたします。
充分に息を整えてご来場ください。

■出演者
小野彩加 金子愛帆 新宅一平 大園康司 橋本規靖

■公演日程
2017年7月
26日(水) 19:30
27日(木) 19:30
28日(金) 19:30 ★
29日(土) 15:00/19:00
30日(日) 15:00
★・・・終演後、アフタートークを予定しております。詳細は、近日webにて発表いたします。
※受付開始は開演の40分前、開場は30分前です。
※車椅子でご来場の方は事前にお知らせください。

■会場
こまばアゴラ劇場
目黒区駒場1-11-13
渋谷から京王井の頭戦各駅停車で2駅目、駒場東大前駅から徒歩3分
※急行は止まりませんのでご注意ください

■チケット料金
前売:3,000円
U25(25歳以下):2,800円(要証明証提示)
※当日券は各500円UP
※日時指定・全席自由・整理番号付

■チケット取り扱い先
チケット予約フォーム:
https://www.quartet-online.net/ticket/supasuha
mail:kaeruppp@gmail.com
Tel:080-6772-7018

【メールでのご予約】
件名を「かえる予約」とし、本文に下記1~4をご明記ください。
1 お名前
2 日時
3 券種・人数
4 ご連絡先(携帯番号or固定電話)
※こちらからの返信を以て、ご予約完了となります。2日以内に返信が無い場合は、お手数ですがメール、またはお電話にてご連絡ください。

「スーパースーハー」の作品創作の様子をTumblr にて、定期的にアップしています!是非ご覧ください!!
https://kaeru-p.tumblr.com/

音響:林あきの/照明:南香織(LICHT-ER)/舞台監督:熊木進制作:持田喜恵・飯塚なな子/衣装:小暮史人(Design Complicity)/宣伝美術:佐藤瑞季

芸術総監督:平田オリザ/技術協力:鈴木健介/制作協力:木元太郎
企画制作:かえるP・(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

https://kaeru-p.tumblr.com/

 
 

7月開講! 思考と技術と対話の学校2017説明会 ―アートプロジェクトを紡ぐ力を身につける―

 投稿者:TARL事務局  投稿日:2017年 5月18日(木)18時15分14秒
  アートプロジェクトを動かす力を身体化する「思考と技術と対話の学校」が、今年度、新たなプログラムに生まれ変わります。

学校の柱となるのは、通年の連続講座「言葉を紡ぐ」「体験を紡ぐ」の2コース。各地で アートプロジェクトが展開されている今、時代や社会に向き合うアートプロジェクトの魅力や価値を、言葉 や体験によって“紡ぐ力”は、アートプロジェクトと社会を接続する重要なスキルとなります。今年度の講座では、このようなアートプロジェクトを紡ぐ人材を育成します。

説明会では、プログラムの内容や特徴について詳しくご紹介するほか、ゲストにアートプロジェクトを紡ぐさまざまな活動を行っているアーティスト・佐藤悠氏を招き、トークセッションを行います。

アートプロジェクトとの新たな出会い方を開拓することに興味をお持ちの方、まずはお気軽に説明会へご来場ください!

説明会の詳細情報はこちら
http://tarl.jp/school/2017/0604setsumei/

「思考と技術と対話の学校」最新情報はこちら
http://tarl.jp/school/

[日時]2017年6月4日(日)14:00~15:45(開場13:30)
[会場]3331 Arts Chiyoda ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14)
[アクセス]http://www.3331.jp/access/
[料金]無料
[定員]先着50名程度(事前申込不要)

[内容]
14:00~14:15 趣旨説明「思考と技術と対話の学校とは」
14:15~15:15 パフォーマンス/トーク「アートプロジェクトを”騙る”」
〈ゲスト〉 佐藤悠(騙り部/ゴロゴロ莇平代表/御噺屋家元/知ったかアート大学学長)
15:15~15:45 「言葉を紡ぐ」「体験を紡ぐ」プログラム概要・募集内容説明

佐藤悠
騙り部/ゴロゴロ莇平代表/御噺屋家元/知ったかアート大学学長 1985年三重県生まれ。一見何も無いところから、誰かが関わる事で表現が紡がれてゆく現場を作り出している。近年では、主なアウトプットとして口述、口承などの表現を用い、伝達や記録の不可能性を前提に、自身の活動を騙り直す表現を行っている。主な活動 に、山あいの集落の坂を直径3mの球体に乗って毎年転がり下りる私祭「ゴロゴロ莇平(あざみひら)」、1枚の紙に絵を書きながらそ の場にいる全員で即興で物語を作る「いちまいばなし」等がある。

[問い合わせ]
TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション)
Tel:080-3171-9724 Fax:03-6740-1926 E-mail:info@tarl.jp
主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
TARL公式サイト: http://tarl.jp
 

P.A.I舞台芸術の学校2017年度生募集!!

 投稿者:P.A.I舞台芸術の学校  投稿日:2017年 4月17日(月)11時20分24秒
  ■舞台芸術の学校(P.A.I.)とは
舞台芸術の学校(P.A.I.)は,世界で活躍する演出家小池博史(元パパ・タラフマラ主宰)によって1995年に設立されました。様々なカリキュラムを通して“からだ”を通して物事を捉え、考えることの出来る人材を育成する総合スクールです。


■コース概要

舞台芸術のみならず、アーティストとして社会と対峙する基礎をゼロから学ぶコースです! ワークショップやレッスン通いでは絶対に受けられない自身のスキルに最適の指導。講師によるひとりひとりへのアドバイスや手厚いケアも少人数制ならでは!
かけがえのない仲間たちと、最も効率的な時間の活用で最短距離での自立を目指します!


■授業スケジュール

【開校期間】2017年5月~2018年3月迄
【授業日】週3日(月、火、木)
    1限 10:00~11:30、2限 11:30~13:00

詳しい募集情報はホームページをご覧ください!
http://pai-art.org/pai2017

http://pai-art.org/pai2017

 

12月10日子どものためのパペットシアター 「ダユーとゲノル」

 投稿者:種のアトリエ  投稿日:2016年12月 8日(木)20時49分29秒
  「子どもゆめ基金助成活動」 体験の風をおこそう

子どものためのパペットシアター 「ダユーとゲノル」

美しいダユーと誠実なゲノルの恋の物語。フランスの伝説「水没した街、イス」にインスピレーションを得て創作した影絵とパペットがみなさまを美しい海の底と地上の世界へと導きます。

種のアトリエでは、月に1度、子供のためのパペットシアターという新しい試みをはじめました。
シェアアトリエのイベントスペースがシアターに変身します。
子どものためといいながらも、大人も楽しめる作品となりました!親子、ご家族でぜひご参加ください。

[上演日]
2016年12月10日(土)

※ 2017年 1月14日(土) ,2月19日(日・生演奏あり)にも上演いたします。こちらも予約受付中です。

[上演時間] 各日11:00~ / 14:00~

創作ワークショップも同時開催します。
10:00~ 世界でたったひとつの仮面を作ろう!
15:00~ 紙袋でパクパクパペットを作ろう!

[会場] Sooo dramatic!
110-0004 台東区下谷1-11-15

[金額]
子ども 観劇 800円、ワークショップ 500円
大人 観劇 1,500円、ワークショップ 800円
※親子割引&リピーター割引あります!

お問い合わせ&ご予約は下記アドレスへメールをお送りください。

メール件名に「ダユー」と記載をお願いいたします。
tane.u.tom@gmail.com (ともい)

特定非営利活動法人 種のアトリエ
http://atorie-tane.jimdo.com/

http://atorie-tane.jimdo.com/

 

かえるPVol.7

 投稿者:かえるP  投稿日:2016年11月20日(日)13時20分43秒
  かえるP Vol.7
『パーフェクト』
2016/12/16(金)~18(日)
at 渋谷 スペースEDGE

?かえるPが挑む初の単独デュオダンス公演。
エルスール財団新人賞を受賞して終わりを迎えた20代。
30代のはじまりに“パーフェクト”な存在を目指して、
街にひそむ無用の長物のようなダンスの後にはぺんぺん草も生えない。
大いなる無為な身体を探求する時間をともに過ごしましょう。

<recomend!!>
ただ作品が面白いというだけで、とくに何が「かえる」なのかを聞くこともないままに
彼らの公演を楽しみにしているオレである。
大園と橋本の創る舞台は、毎回なにかの挑戦があり、しかもかならず胸に残る何かがあるからだ。
そんな二人の新作タイトルが『パーフェクト』。なんだろう調子に乗ったのだろうか。
だがどうやら「トマソン」的なものらしい。なるほど。
無用の長物感にかけては並々ならぬ才能を感じさせる二人だものな!
相変わらず「かえる」の意味も知らぬまま、心して待つとも。
?乗越たかお(作家・ヤサぐれ舞踊評論家)

<振付・演出・出演>
大園康司 橋本規靖

<スタッフ>
舞台監督:熊木進 照明:伊藤泰行 音響:林あきの
衣裳:小暮史人(Design Complicity) スチール/宣伝美術:佐藤瑞季
制作:持田喜恵 助成:アサヒグループ芸術文化財団 主催:かえるP

<日時>
2016年
12月16日[金] ー 18日[日]
16日(金)19:30
17日(土)15:00 19:00
18日(日)15:00

※受付開始・開場は開演の30分前

<会場>
渋谷space EDGE
東京都渋谷区渋谷3-26-17 野村ビル1F
①JR渋谷駅※新南口を出て右折、恵比寿方面へ徒歩2分
②渋谷駅から明治通りを恵比寿方面に7分程、並木橋交差点の牛丼屋ランプ亭を右折、山手線線路の突き当たりを右に曲がってすぐ

<料金>
前売:一般2,800円/学生2,500円
※当日は各500円増

<チケット>
■ チケットご予約フォーム・・・https://www.quartet-online.net/ticket/kaerup
■電話:080-6772-7018
■メール:kaeruppp@gmail.com
メールでのご予約・・・件名を「かえる予約」とし、
本文に【お名前(ふりがな)/日時/人数/券種/ご連絡先(携帯電話or固定電話)】を明記の上、
kaeruppp@gmail.comまでメールをお願いします。
こちらからの返信を持ちましてご予約完了とさせていただきます。

<公演に関してのお問い合わせ>
ダンスユニット・かえるP
■電話:080-6772-7018

■メール:kaeruppp@gmail.com

<プロフィール>
かえるP[Kaeru-P]
桜美林大学を卒業した、大園康司と橋本規靖が主宰するダンスユニット。
“ダンスの根源”を探ることをテーマに、普段の生活に根ざしたことにこそ、ダンスの身体の在り様があるのではないかと考え、日々作品創作に取り組む。
第四回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞受賞。
横浜ダンスコレクションEX2016コンペティションⅠファイナリスト。
第一回コンドルズ振付コンペティションにてグランプリ受賞。
これまでの主な作品に『The Sun』『海底のヤギ』『Color babar』など。
ゆず弾き語りライブ2015「二人参客 in 横浜タジアム」渋家パフォーマンスで一部振付&出演。
その他にも小作品の発表やWSの開催などを恒常的に行なう。

https://www.facebook.com/kaeruppp/

 

11月「創作の時間」WS参加者募集

 投稿者:種のアトリエ  投稿日:2016年11月 1日(火)22時17分41秒
  11月の「創作の時間」開催のお知らせ

現在表現活動をしている方も、まったくの初心者の方も歓迎です。
創作の楽しさ、苦しさ、ぜーんぶ受け入れて、自分を他人を発見する深い時間を過ごしませんか?


①2日(水)13:30-16:30 身体 @入谷
身体でコミュニケーションするって、どういうこと?を模索したいと思います。

②14日(月)13:30-16:30 パペット @インスト
パペット操作のための身体を作ります。パペット操作の基本を楽しく学びます。

③21日(月)9:30-12:30 パペット @入谷
簡単なパペットを作り、操作の基本を楽しく学びます。

④30日(水)18:30-21:30 身体 @インスト
身体を使って創作する真の楽しさを体験します。

●参加費 1回 3000円
●講師 佐次えりな
●場所
入谷 → 台東区下谷1-11-15 ソレイユ入谷

最寄駅: 地下鉄日比谷線入谷駅 1番・2番出口から徒歩1分
     JR山手線鴬谷駅 南口から徒歩6分
     JR各線上野駅 入谷口から徒歩12分

インスト→ 東京都品川区戸越6-23-21 光洋ビル401

最寄駅:東急大井町線、都営浅草線 中延駅から徒歩1分
    東急池上線 荏原中延駅から徒歩12分

●問い合わせ・ご予約
件名に「種」 本文にお名前と参加希望日を入れ、メールでお送りください。
返信が届き次第、予約完了となります。
メール tane.u.tom@gmail.com

主催:特定非営利活動法人 種のアトリエ
HP http://atorie-tane.jimdo.com/

http://atorie-tane.jimdo.com/

 

小池博史ブリッジプロジェクト 新作公演 「世界会議」

 投稿者:小池博史ブリッジプロジェクト  投稿日:2016年10月28日(金)14時23分25秒
  元パパ・タラフマラ演出の小池博史が手がける
小池博史ブリッジプロジェクト初の完全オリジナル作品「世界会議」が東京・吉祥寺にて上演決定!

『世界の行く末について論じる対話』をテーマに、
能楽師清水寛二、元パパ・タラフマラの松島誠をはじめ20代~60代の様々な身体によって描かれる演劇・世界会議。

舞台美術は「境界」をテーマに近年注目の現代美術家・栗林隆が担当。

元イッセイミヤケコレクションデザイナーの浜井弘治の衣装、
メディアと身体表現を融合させる飯名尚人の映像より『平和構築とは何か』を問いただす。


【公演日程】2017年1月28日(土)~2月5日(日)

【会場】吉祥寺シアター

【料金】前売:一般4,900円 / 学生3,900円 / 高校生以下2,000円
    当日券:各券+500円

【公式サイト】http://kikh.com/sekai/

【チケット販売】
サイ (Tel 03-3385-2066 )
e+(イープラス) ( http://eplus.jp/sys/main.jsp )
武蔵野事業団 ( https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/ )
※チケット販売時期は、サイ/イープラスは10月30日、武蔵野事業団は12月開始となります。

【お問合せ】sai★kikh.com(★を@に変えてご連絡ください)

http://kikh.com/sekai/

 

本牧アートプロジェクト2016「本牧AIR」参加者募集中(8/31〆切)

 投稿者:NPO法人Offsite Dance Proje  投稿日:2016年 8月 7日(日)11時59分55秒
編集済
  4回目を迎える「本牧アートプロジェクト」では、レジデンスプログラム「本牧AIR」を実施します。横浜・本牧の町に滞留することで生まれる創造活動を支援し、地域住民との交流を重ねるプログラムで、今年度若干名のアーティストを公募します。ディレクターからのメッセージをご覧のうえ、奮ってご応募ください。
詳細:https://www.facebook.com/events/583396378501580/

【募集概要】
実施時期:2016年10月1日~12月中旬(2週間以上、期間は応相談)
募集人数:若干名(年齢・性別・国籍・ジャンル不問、ただし日本語でコミュニケーションがとれること)
活動内容:一定期間本牧エリアに滞在し、本牧アートプロジェクト2016において製作活動及び公開プログラムを行う。
応募〆切:2016年8月31日(水)
支援内容:本牧エリア内におけるスタジオ及び宿泊場所(個人宅)の提供/制作費5万円まで補助/人的サポートの提供
選考方法:ディレクターと本牧アンバサダーによる書類審査の後、面接(遠方の方はスカイプ面談)により決定。
主催:NPO法人Offsite Dance Project、本牧アートプロジェクト実行委員会
助成:横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト 2016/後援:横浜市文化観光局

【ディレクターメッセージ/石神夏希】

「地域」という言葉は、「アート」という言葉に負けず劣らずあいまいです。文脈や場面によって場所を指すことも(地域≒場所)、そこで暮らす人々を意味することも(地域≒人々)、積み重ねられてきた営みの文化を指すこともあります(地域≒文化)。でも一番多いのは、それら全てを切り分けられない、しかも変わり続けるものとして丸ごと指し示したい時だと思います。

4年目を迎えた本牧アートプロジェクトは、アーティスト、そして地域住民の「本牧アンバサダー」双方が手を結んで、新しい段階へと進みます。作品発表だけでなく、プロセスを含めて(つまり“プロジェクト”という言葉の本来の意味により忠実に)アートプロジェクトとして提示すること。地域にとっては、祝祭的な非日常の中でアートを目撃するのではなく、日常の中により深く、長い期間にわたってアーティストたちを迎え入れることになります。そこにはコンフリクトが生まれるかもしれないし、慣れ合いだって生まれるかもしれません。彼らがその挑戦を通して何を感じ、何を考えるのか。そのプロセスもまた、言葉にしていきたいと思っています。

他方、アートがその土地で暮らす人々の生活空間の中に入っていって、彼らの日常と接続しながら自律性と強度を持って成立するためには、おそらく既存の枠組みとは異なる「自律性と強度の軸」を見つけなければいけません。地域で行われるアートプロジェクトは、「地域」が与えられた枠組み、そして「アートとは何か」を規定する価値観の枠組みという2つの枠組みへの挑戦なのだと思います。

地域がアートのために働くのではないし、アートが地域のために役立つのではない。私たちの人生が他の誰かのためにあるわけではないように、それらは別々のものとして存在し、そして隣り合っています。お互いを尊重し、共にあること。アートが、あるいはアーティストが「問い」としてまちの中に存在し続けること。それは、たとえ短期間であっても「本牧」がアーティストの人生の一部になるような体験を通して、可能になるのかもしれません。

〈本牧AIR公募にあたって〉
「アーティスト・イン・レジデンス」を説明する言葉はいろいろありますが(その分、とらえどころがないということでもありますが)私は本牧AIRを「アーティストが、人生という限られた時間と空間を本牧というまちに投じること」だと考えています。そこからいったい何を得たいか、自分なりの答えを持っていれば、きっと楽しめるんじゃないかと思います。
公開プログラムの開催が条件になっていますが、作品はワーク・イン・プログレスの形式でも構いません。内容は自由です。ただアーティスト・イン・レジデンスの成果を評価するため、何らかの方法でプロセスを公開していただきたいと思っています。方法は相談しながら決めていくので、応募の際は決まっていなくて大丈夫です。起こることは作家次第だと思っています。詳しくは企画を通じて話しましょう。もし本牧というまちに興味を持っていたら、ぜひ応募してみてください。

www.honmoku-art.jp/

 

【TERATOTERA SOUND FES. - ヒガコ、高架下の夕立ち -】

 投稿者:TERATOTERA事務局  投稿日:2016年 8月 4日(木)15時26分55秒
  【TERATOTERA SOUND FES. - ヒガコ、高架下の夕立ち -】

JR中央線沿線上で様々なアートイベントを展開するTERATOTERAが、2日間限りの音楽とパフォーマンスの祭典TERATOTERA SOUND FES.をお届けします。舞台は、JR中央線東小金井駅から徒歩3分ほどの、高架下の屋外スペース。力強く舞うダンサーの身体表現と、響き渡る音色、歌声をぜひご体感ください。


【開催概要】
開催日程:2016年8月20日(土)、21日(日)16:00~18:00(両日共に) ※雨天決行
会場:コミュニティステーション東小金井(東京都小金井市梶野町5-10-58)
参加費:無料
協力:株式会社 リライト

【出演】
8月20日(土):Aokid、センチメンタル岡田、ラッキーオールドサン
8月21日(日):Aokid、宇治野宗輝、川村美紀子×HIKO

●Aokid
東京造形大学映画専攻出身。ダンス作品やパフォーマンスを主に発表しながら一方でこつこつと絵や文章などを描きためて、まとめたり展示としても行う。TESなどのダンスカンパニーへの参加をえて、aokid cityという観客参加型パフォーマンス作品や、”どうぶつえん”というゲリラパフォーマンスイベントの企画も行っている。方法を試しては加えながら日々、変形と進化と退化の不安と希望の中にいるけどok。

●宇治野宗輝
大量消費社会における「物質文明のリサーチ」として、90年代からサウンドスカルプチャーを制作。国内外で展覧会、パフォーマンスを行っている。
2016年 個展「Rotate ‘n’ Roll Over」山本現代(東京)
2016年「The 10th Anniversary of Nam June Paik」ナム・ジュン・パイク・アートセンター(韓国)
2016年「MASH UP」バンクーバー美術館
2013年 個展:「ポップ/ライフ」彫刻の森美術館(神奈川)
2010年「六本木クロッシング2010展: 芸術は可能か?」森美術館(東京)

●川村 美紀子(ダンサー)
1990年生まれ、16歳からダンスを始める。「どこからかの惑星から落下してきたようなダンス界のアンファン・テリブル」(Dance New Air 2014/石井達朗氏)とも紹介されるその活動は、劇場にとどまらず、屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像制作、弾き語りライブ、自作品の音楽制作、レース編みなど多彩に展開。2013-16年度(公財)セゾン文化財団ジュニア・フェロー。http://kawamuramikiko.com/

●センチメンタル岡田
長野県出身。新宿の変態天才ピアニストの異名を持つシンガーソングライター。既婚・1児のパパ。赤裸々な実体験をもとにした歌詞や、自身が好きな人物のテーマソングを勝手に制作したりスタイルは独特。色物と思われがちだが音楽的センスは抜群。大森靖子、ジョニー大蔵大臣などとも親交が深い。持前の運の良さでSEKAI NO OWARI やゲスの極み乙女との共演経験もある(何故かベーシストとして)音楽活動と並行してイラストレーター、漫画家としても活躍中。福音館書店より創刊中の月刊誌「たくさんのふしぎ」巻末コーナーにこども向け音楽漫画を連載スタート。現在noteにて連載中の育児漫画「いくじなしのいくじ」は多方面から人気を博している。

●HIKO(ドラマー)
国内外で活動中のPUNKバンド「GAUZE」のドラマー。その活動と並行し、「あらゆる芸術の最も攻撃的な部分」、「通常の街中で出くわす神経逆立てる音、モノ」と、自身のドラミングとによる「ハードコア的パフォーマンス」を標榜し、アクセル音を鳴らしまくる暴走族、右翼街宣車の爆音BGM、サンドバッグを殴り続ける空手家、宙づりになって踊るストリッパー等との共演多数。

●ラッキーオールドサン
ナナ(Vo)と 篠原良彰(Vo,Gt)による男女ポップデュオ。 ふたりともが作詞作曲を手がける。
確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。2010年代にポップスの復権を担うべくあらわれた、今後さらなる注目が集まること必至な期待のニューカマー。


イベントの詳細は以下のURLにてご確認ください。
http://teratotera.jp/events/sf2016/

―――――――

【お問い合わせ先】
TERATOTERA事務局
info@teratotera.jp

http://teratotera.jp/events/sf2016/

 

29日(日)24時まで延長!「思考と技術と対話の学校」申し込み

 投稿者:TARL事務局  投稿日:2016年 5月27日(金)15時16分3秒
  今年で3年目を迎えた「思考と技術と対話の学校」。
応募〆切が5月24日(火)正午まででしたが、定員に若干余裕のあるコースがございますので、5月29日(日)24時まで受付を延長中です。

改めてご案内させていただきますので、ぜひふるってご応募ください!

====================================================

◆TARL2016ご案内

【[5/29〆切] 思考と技術と対話の学校「基礎プログラム」】

「思考と技術と対話の学校」は、アートプロジェクトのリサーチ/人材育成を目的としたTokyo Art Research Lab(TARL)の一環として展開しています。「基礎プログラム」はアートプロジェクトを動かす人材に必要な基礎力を養うプログラム。いま身につけたい力に応じて、3 つのコース「思考」「技術」「対話」から選べます。

TARL「思考と技術と対話の学校」INDEX http://www.tarl.jp/cat_program


「思考編」…アートプロジェクトが扱う領域のイメージを広げる考え方を学びます。これからアートプロジェクトに関わろうとしている人、すでに現場経験はあるけれどあらためて思考力を養いたい人向け。
[日程] 2016年6月~2017年1月 不定期土曜日
ゲスト:宮下美穂(NPO法人アートフル・アクション 事務局長)、藤原ちから(批評家、編集者、BricolaQ主宰)、小林瑠音(文化政策研究者)、細川麻沙美(プロジェクト・コーディネーター)、林曉甫(NPO法人inVisible マネージング・ディレクター)ほか
http://www.tarl.jp/cat_program/13396.html


「技術編」…アートプロジェクトの始まりから終わりまでのワークフローを学び、業務の必要性を理解した上で、現場で求められる技術を磨きます。マネジメントの実務能力を向上したい人向け。
[日程] 2016年6月~12月 不定期土・日曜日
ゲスト:長島確(ドラマトゥルク/翻訳家)、大西健太郎(ダンサー/performance artist)、渡邉梨恵子(一般社団法人 谷中のおかって 代表)、菊池宏子(アーティスト/コミュニティデザイナー)、松尾真由子(Breaker Project 事務局長)、石幡愛(としまアートステーション構想事務局長/一般社団法人オノコロ)、多田智美(編集者/MUESUM)、中田一会(アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー兼コミュニケーション・デザイン担当)ほか
http://www.tarl.jp/cat_program/13487.html


「対話編」…アーティストと一年の活動をともにすることで、アートプロジェクトに必要な多角的視点と、企画・運営のための実践力、そして対話力を身につけます。現場を動かす即戦力を身につけたい人向け。
[日程] 2016年6月~2017年1月 不定期土・日曜日
コーディネーター:Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
http://www.tarl.jp/cat_program/13548.html


各コース共通
[応募締切]2016年5月29日(日)24時まで
[会場] アーツカウンシル東京ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14[3331 Arts Chiyoda 3F])
[受講料] 一般 60,000円/学生 40,000円

====================================================
 

2016年度 舞台芸術の学校(P.A.I.)生徒募集中!

 投稿者:舞台芸術の学校(P.A.I.)事務局  投稿日:2016年 5月19日(木)17時21分47秒
  本校は世界で活躍する演出家小池博史(元パパ・タラフマラ主宰)によって1995年に設立されました。
様々なカリキュラムを通して“からだ”を通して物事を捉え、考えることの出来る人材を育成する日本唯一の総合スクールです。からだの基礎力と幅広い視野を、第一線で活躍する表現者・研究者らが指導にあたり、育成します。
頭とボディが直結した【からだ】で、ものを考えられるようになるためのカリキュラムを組んでいます。
アートの【自由】を感じとり【からだの力】=【生きる力】を身につけませんか?

自分の中のまだ開花していない可能性に出会いたい人、新たな表現方法を身に付けたい人におすすめします!
今年度は例年より少し遅れて7月開講となりますが、内容は例年に劣らない充実したプログラムとなっております。

より詳しい情報はウェブサイトをご覧ください!! → http://pai-art.org/karada/


【未来を創れる自分になる】
次代を担う舞台表現者育成事業
「からだをとりもどす」スキルアッププログラム

【対象】16歳以上の男女、経験不問。

【開講期間】2016年7月~2017年3月

【オーディション開催日】
第1回目 2016年 6月11日(土)AM9:00~
第2回目 2016年 7月2日(土)AM9:00~

【応募〆切】
第1回目 2016年 6月10日 AM8:00まで(Webにて)
第2回目 2016年 7月1日(土)AM8:00まで(Webにて)

【レッスン内容】
<Basicプログラム>
総合表現、演技、ヴォイス、コンテンポラリーダンス、クラシックバレエ、コンタクトインプロヴィゼーション、からだの座学他

<Creativeプログラム> 夏合宿、冬期集中稽古、スタジオ公演、卒業時本公演

<Outreachプログラム> 特別講義、劇場研修

資料請求も受付中です!どんどんご応募下さいませ!

(お問い合わせ)
舞台芸術の学校(P.A.I.)事務局
〒165-0026 東京都中野区新井1- 1-5 1F
tel:03-3385- 2066  fax:03-3319- 3178 E-mail:pai@kikh.com

http://pai-art.org/karada/

 

Tokyo Art Research Lab「思考と技術と対話の学校」2016年度受講生募集スタート!

 投稿者:TARL事務局  投稿日:2016年 5月11日(水)18時40分5秒
編集済
  今年で3年目を迎えた「思考と技術と対話の学校」。5月10日(火)から今年度の受講生の募集を開始いたしました! 応募〆切は5月24日(火)正午です。以下に詳細を掲載させていただきます。ぜひふるってご応募ください!

ー思考と技術と対話の学校「基礎プログラム」 6月開講 ー
「思考と技術と対話の学校」は、アートプロジェクトのリサーチ/人材育成を目的としたTokyo Art Research Lab(TARL)の一環として展開しています。「基礎プログラム」はアートプロジェクトを動かす人材に必要な基礎力を養うプログラム。いま身につけたい力に応じて、3 つのコース「思考」「技術」「対話」から選べます。
TARL「思考と技術と対話の学校」INDEX http://www.tarl.jp/cat_program


「思考編」…アートプロジェクトが扱う領域のイメージを広げる考え方を学びます。これからアートプロジェクトに関わろうとしている人、すでに現場経験はあるけれどあらためて思考力を養いたい人向け。
[日程] 2016年6月~2017年1月 不定期土曜日
ゲスト:宮下美穂(NPO法人アートフル・アクション 事務局長)、藤原ちから(批評家、編集者、BricolaQ主宰)、小林瑠音(文化政策研究者)、細川麻沙美(プロジェクト・コーディネーター)、林曉甫(NPO法人inVisible マネージング・ディレクター)
http://www.tarl.jp/cat_program/13396.html


「技術編」…アートプロジェクトの始まりから終わりまでのワークフローを学び、業務の必要性を理解した上で、現場で求められる技術を磨きます。マネジメントの実務能力を向上したい人向け。
[日程] 2016年6月~12月 不定期土・日曜日
ゲスト:長島確(ドラマトゥルク/翻訳家)、大西健太郎(ダンサー/performance artist)、渡邉梨恵子(一般社団法人 谷中のおかって 代表)、菊池宏子(アーティスト/コミュニティデザイナー)、松尾真由子(Breaker Project 事務局長)、石幡愛(としまアートステーション構想事務局長/一般社団法人オノコロ)、多田智美(編集者/MUESUM)、中田一会(アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー兼コミュニケーション・デザイン担当)ほか
http://www.tarl.jp/cat_program/13487.html


「対話編」…アーティストと一年の活動をともにすることで、アートプロジェクトに必要な多角的視点と、企画・運営のための実践力、そして対話力を身につけます。現場を動かす即戦力を身につけたい人向け。
[日程] 2016年6月~2017年1月 不定期土・日曜日
コーディネーター:Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
http://www.tarl.jp/cat_program/13548.html


各コース共通
[応募締切]2016年5月24日(火)正午まで
[会場] アーツカウンシル東京ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14[3331 Arts Chiyoda 3F])
[受講料] 一般 60,000円/学生 40,000円


Tokyo Art Research Lab「思考と技術と対話の学校」説明会開催!

プログラムの内容や特徴について詳しくご紹介するほか、ゲストに中崎透氏を招き、トークセッションを行う説明会を開催します。
[日時] 2015年5月15日(日)14:00~15:30(開場13:30)
[会場] アーツカウンシル東京ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14-302 [3331 Arts Chiyoda 3F])
[料金] 無料
[定員] 先着50名程度(事前申込不要)
詳細
http://www.tarl.jp/cat_voice/13461.html

主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
企画協力:一般社団法人ノマドプロダクション

ーお問い合わせー
TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション)
Tel:080-3171-9724 Fax:03-6740-1926 E-mail:info@tarl.jp
 

Tokyo Art Research Lab「思考と技術と対話の学校」説明会開催!

 投稿者:TARL事務局  投稿日:2016年 4月29日(金)18時06分51秒
  アートプロジェクトを動かす力を「身体化」する、TARL(Tokyo Art Research Lab)「思考と技術と対話の学校」基礎プログラムの説明会を開催します。

基礎プログラムは、アートプロジェクトを動かす力を身につけたい人を対象とした通年プログラムです。必要なのは「基礎力」。多彩な講師陣と、学びに伴走するスクールマネージャーとともに、意識的に時間をかけて学び合う。経験、年齢、所属は問いません。「思考編」「技術編」「対話編」の3 つのコースで受講生を募集します。

===================
・思考編:アートプロジェクトを動かすための考える力を養う
・技術編:企画をかたちにするためのスキルを身につける
・対話編:チームでプロジェクトを実施する際の対話力を磨く
===================

5月10日(火)募集開始。5月24日(火)正午募集締切。

説明会では、プログラムの内容や特徴について詳しくご紹介するほか、ゲストに中崎透氏を招き、トークセッションを行います。お気軽にご来場ください!


[日時] 2015年5月15日(日)14:00~15:30(開場13:30)
[会場] アーツカウンシル東京ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14-302 [3331 Arts Chiyoda 3F])
[料金] 無料
[定員] 先着50名程度(事前申込不要)


? 予定内容 ?
14:00~14:15 趣旨説明「思考と技術と対話の学校」
14:15~15:00
 トークセッション「目指せ即戦力!?迷える子羊、迷えるままに?」
 ゲスト:中崎透(美術家)
15:00~15:30 基礎プログラム概要・募集内容説明


詳細は以下のページにてご案内しています
TARL「思考と技術と対話の学校」 http://www.tarl.jp/cat_program
2016年度「思考と技術と対話の学校」説明会 http://www.tarl.jp/cat_voice/13461.html


主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
企画協力:一般社団法人ノマドプロダクション

?お問い合わせ?
TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション)
Tel:080-3171-9724 Fax:03-6740-1926 E-mail:info@tarl.jp
 

劇団現代古典主義、『深海のBreath』チケット発売中!

 投稿者:劇団現代古典主義  投稿日:2016年 2月 4日(木)01時58分51秒
  〇作品
「深海のBreath」~嵐の夜 人は皆 ひとりになった~
中世デンマーク・エネレーヴェ島。
結婚の約束を交わしたクリステンセン家の一人息子オーディンと
使用人ダリヤが偽の遺言状により、嵐の夜に引き裂かれる。
陸と海で繰り広げられる現代古典主義オリジナル「同時進行劇」をお楽しみ下さい。

〇公演日時
2016年3月19日(土)14:00/18:30
2016年3月20日(日)14:00
※開場は開演の30分前
※上演時間は約1時間50分を予定しております。
(途中休憩アリ)

〇会場
品川・新馬場 六行会ホール(京浜急行)
※品川駅より各駅停車で新馬場駅まで2分です。

〇脚本?演出
夏目桐利

〇作品テーマ楽曲製作
Kanta

〇CAST
大西輝卓
武内純子
島田勇矢(客演)
林田葵(客演)
牧野莉佳(客演)
樽谷佳典
長谷川亜衣
藤井絵里
柏木公宰
那須康史(新)
大畑梓(新)
土肥亜由美(新)
安達利恵

〇料金(全席指定)
前売り4300円 当日4800円 学生3000円(当日劇場にて学生証をご提示下さい)

【チケットご予約・お問い合わせ先】 劇団HPの予約フォームよりお申し込みください。
→劇団HP        http://www.modernclassicism.info/
→劇団メール   modernclassicism@yahoo.co.jp
→プレイガイドConfetti http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=32412&

劇団現代古典主義、大阪より上京初の本公演!
客演・新人を迎え、意気込み新たに精進しています!
新生劇団現代古典主義の第1歩をどうぞご覧くださいませ。
ご予約お待ちしています!


只今、劇団員の募集も行っております。こちらのご応募もお待ちしております。
http://www.modernclassicism.info/pg395.html

よろしくお願い致します。


劇団現代古典主義一同
制作 武内純子
http://www.modernclassicism.info/
 

Theatre Arts Creation in SePT 2016

 投稿者:玉川大学芸術学部  投稿日:2016年 2月 2日(火)20時15分33秒
  世田谷パブリックシアターでのファーストステージ!
Theatre Arts Creation in SePT 2016 (以下TAC2016)
次代の文化を創造する新進芸術家育成事業として
世田谷パブリックシアターと新しいレパートリーシアターを創り上げます。

記念すべき第1回目のTAC2016は
シアターオペラ、演劇、ダンス、メディア作品、サックス演奏、公開コンペティションなど
全6作品2プログラムで上演!
F.ブゾーニのコメディーオペラ『アルレッキーノ』をメインレパートリーに、
新たな表現に挑戦するコンテンポラリージャズとバレエ
企画・作・演出を学生が手がける演劇作品
さらに、公募した新たな舞台企画を公開審査する『明日の名作』をお贈りします。

実験的な作品からエンターテイメントな作品まで、様々な作品に挑戦し、
今までよりも一層ハイクオリティな舞台創造に挑みます。

世田谷パブリックシアターとの出会いが新たな創造への扉を開く
TAC2016にご期待ください!!


【公演日程】
2016年
・2月18日 (木)18:30 Aプログラム
・2月19日 (金)18:30  Bプログラム
・2月20日 (土)14:00  Aプログラム
・2月21日 (日)13:00  Bプログラム
【公演会場】
世田谷パブリックシアター

【公演内容】
◇Aプログラム
 ・公開コンペティション~明日の名作vol.5~(18日のみ)
 ・メディア作品『セカンドバトル』
 ・演劇『世界をグイッと変えてみる』
 ・ダンス バレエ『波動』
 ・シアターオペラ『アルレッキーノ』

◇Bプログラム
 ・公開コンペティション~明日の名作vol.5~(19日のみ)
 ・メディア作品『セカンドバトル』
 ・ダンス コンテンポラリージャズ『足音の行方』
 ・シアターオペラ『アルレッキーノ』

(※)「明日の名作」とは、お客様参加型公開プレゼンテーションです。
今年も昨年に引き続き行います!会場のお客様に審査していただきます。


【チケット料金】(全席自由・要予約)
一般:前売 3500円 当日 3800円
学生:前売 2500円 当日 2800円
●世田谷パブリックシアター友の会:3300円
●せたがやアーツカード:3400円(要事前登録。世田谷区在住の方対象。)
●U24:2500円(要事前登録・枚数限定。詳細は世田谷パブリックシアターオンラインチケットへ。18~24歳の方対象。)

※●は前売のみ取り扱い。
※ご入場は先着順となりますので、お早めにお越しください。開演時間を過ぎてのご入場の場合、ご予約されていてもお席にご案内できない場合があります。余裕をもってお越しください。
※学生チケットをお求めのお客様は、受付にて学生証の提示をお願い致します。

■前売チケット取り扱い
 当公演の前売チケットは、世田谷パブリックシアターでのみ取り扱います。
 ◆世田谷パブリックシアターチケットセンター
  TEL:03-5432-1515(10:00~19:00)
 ◆世田谷パブリックシアターオンラインチケット
  PC http://setagaya-pt.jp/     携帯 http://setagaya-pt.jp/m/

※車椅子スペース・託児サービスもございます。詳細はHPまたは劇場にお問い合わせください。

■玉川大学芸術学部PA学科公演お問い合わせ窓口
TEL:042-739-8492(平日16時~20時/土日祝13時~17時)

■お問い合わせ
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室)
TEL/FAX:042-739-8092
E-Mail:pa-info@art.tamagawa.ac.jp

http://www.tac-pa.net

 

劇団現代古典主義、『深海のBreath』チケット発売中!

 投稿者:劇団現代古典主義  投稿日:2016年 1月27日(水)14時57分23秒
  〇作品
「深海のBreath」~嵐の夜 人は皆 ひとりになった~
中世デンマーク・エネレーヴェ島。
結婚の約束を交わしたクリステンセン家の一人息子オーディンと
使用人ダリヤが偽の遺言状により、嵐の夜に引き裂かれる。
陸と海で繰り広げられる現代古典主義オリジナル「同時進行劇」をお楽しみ下さい。

〇公演日時
2016年3月19日(土)14:00/18:30
2016年3月20日(日)14:00
※開場は開演の30分前
※上演時間は約1時間50分を予定しております。
(途中休憩アリ)

〇会場
品川・新馬場 六行会ホール(京浜急行)
※品川駅より各駅停車で新馬場駅まで2分です。

〇脚本?演出
夏目桐利

〇作品テーマ楽曲製作
Kanta

〇CAST
大西輝卓
武内純子
島田勇矢(客演)
林田葵(客演)
樽谷佳典
長谷川亜衣
藤井絵里
柏木公宰
那須康史(新)
大畑梓(新)
宇野奈都美(新)
土肥亜由美(新)
安達利恵

〇料金(全席指定)
前売り4300円 当日4800円 学生3000円(当日劇場にて学生証をご提示下さい)

【チケットご予約・お問い合わせ先】 劇団HPの予約フォームよりお申し込みください。
→劇団HP        http://www.modernclassicism.info/
→劇団メール   modernclassicism@yahoo.co.jp
→プレイガイドConfetti http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=32412&

劇団現代古典主義、大阪より上京初の本公演!
客演・新人を迎え、意気込み新たに精進しています!
新生劇団現代古典主義の第1歩をどうぞご覧くださいませ。
ご予約お待ちしています!


只今、劇団員の募集も行っております。こちらのご応募もお待ちしております。
http://www.modernclassicism.info/pg395.html

よろしくお願い致します。


劇団現代古典主義一同
制作 武内純子
http://www.modernclassicism.info/
 

11月度 あらゆる表現力を身につけるマイムワークショップ

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年10月28日(水)23時02分55秒
  11月度 あらゆる表現力を身につけるマイムワークショップ

表現に必要な身体各部の動きの訓練、無対象表現を1時間、
心理的表現、喜び、悲しみ、怒り、驚き等の感情を巧く表現できるように
するための稽古を1時間行います。
    俳優・バレエ・マイム・コメディアンを目指す人々の為のレッスンです。
   (更にレッスンについての詳しい情報は当ホ-ムページ又はFacebookをご覧ください。)

日時:2015年11月9日~26日 月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費 4日間コ-ス 10,000円 (4日以降はプラス2,000円/日)
     1日体験     3,000円
 上記より都合のよい曜日、日時の昼夜を問わずご都合のよい日をお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
 *上記の他にオーディション、劇団受験希望の方や舞台・映像方面のプロの方も
  個人レッスン有。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

小池博史ブリッジプロジェクト2015年12月公演 『幻祭前夜ーマハーバーラタより』

 投稿者:小池博史ブリッジプロジェクト  投稿日:2015年10月22日(木)10時53分29秒
  小池博史ブリッジプロジェクトでは、汎アジア計画『幻祭前夜ーマハーバーラタより』を行います。
公演特設サイトはこちらです。http://kikh.com/mahabharata/#pagetop

《マハーバーラタとは》
「マハーバーラタ」は「偉大な(=マハー)バラタ族の物語」という意味で、長さにして聖書の15倍と言われる古代インドの聖典である。インドをはじめ、ジャワ、マレー、タイ、バリ島を中心としたアジア各地の宗教・思想・文化・哲学・倫理・政治・法律、などあらゆる方面の根本経典として尊崇されています。
「バラタ族」という一つの家族が、富や権力を求め「クルの血を引く者」と「パーンドゥの血を引く者」とで対立を深めてゆく物語であり、「クル家」と「パーンドゥ家」は欲望と嫉妬や怒り、怨み悲しみなどからやがて大戦争を引き起こしていきます。

《汎アジア計画》
小池博史ブリッジプロジェクトではこれまで、2013年度に第1部をカンボジアで、2014年度第2部をインドで創作しアジア5カ国でツアー公演を行ってきました。
満を持しての国内上演となる本作は、2つの一族が対立をし始めたのちの“衝突場面”から始まり、やがて起こる大戦の前夜までを描く2.5部となります。時を超え、国を越え、宗教を超え、語り継がれてきた神話的世界。現代を生きるすべての人へ、人間のあり方をもう一度問いかけます。

「幻祭前夜ーマハーバーラタより」東京公演
吉祥寺シアター
【日程】2015年12月8日(火)ー16日(水)
吉祥寺シアター10周年記念公演

【開演時間】
8日19:30
9日19:30
10日19:30
11日13:00
12日13:00/17:30
13日13:00
14日19:30
15日19:30
16日17:30


19:30開演の回は、公演終了後アフタートークあり。
受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前です。
上演予定時間は約85分です。(休憩なし)
開演時間を過ぎてのご来場は、指定通りのお席へのご案内ができかねますのでご了承ください。
12日(土)、16日(水)マチネ公演のみ、カンフェティからのチケット購入で託児サービスあり。

【料金】(全席指定席)
前売一般4,800円/学生割引 3,900円/高校生以下2,000円 /当日券 各券+500円
アルテ友の会会員価格(前売のみ)一般4,400円

<お問い合わせ/チケット取り扱い>
株式会社サイ  tel:03-3385-2066
予約フォーム http://kikh.com/mahabharata/ticket


<チケット取り扱い>
e+(イープラス) http://eplus.jp(web / 携帯)
Confetti(カンフェティ)  http://confetti-web.com/
0120-240-540*通話料無料(受付時間 平日10:00~18:00)
公財)武蔵野文化事業団チケット予約:0422-54-2011(一般・アルテ友の会チケットのみ )
インターネット予約: https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

<会場>
吉祥寺シアター
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目33番22号 tel 0422-22-0911
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/

ご覧いただきありがとうございます。
ご予約・ご来場、心よりお待ちしております。
 

戸川悠野プロデュースダンス企画「五人女」振付・構成 上村なおか

 投稿者:yui.s  投稿日:2015年10月20日(火)23時06分41秒
  ー生きることと踊ること。ダンスを必要とする五人の女の、ダンス生活ー
ソロダンサーとして作品を発表し続け、独特の存在感を放つ上村なおか。
そのダンスの手法に、20代から40代までの女性ダンサー5人が挑む。

戸川悠野プロデュースダンス企画
『五人女』
振付・構成/上村なおか
出演/板垣朝子 尾形直子 楠美奈生 戸川悠野 宮崎あかね
公演特設HP/http://goninonna.web.fc2.com/

会場/中野テルプシコール…JR中野駅南口から徒歩10分

日時/
11月1日(日)14時(連なり)・19時(集い)
11月2日(月)14時(集い)・19時(連なり)
11月3日(火)14時(連なり)・19時(集い)
※連なりの回…ソロダンス構成、集いの会…群舞作品
※受付開始・開場は開演の30分前

チケット料金/
前売3000円 セット券5000円
U-25券2700円 当日3500円
※セット券では、連なりの回と集いの回の2演目をお得にご覧いただけます。
公演日時の組み合わせはご自由にお選びいただけます。
※セット券とU-25券は予約のみ
※日時指定・全席自由

チケット予約 専用ページ/
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=d528abbef1

スタッフ/
照明:三枝淳
音響:吉村紳平(ENTIME'S)
舞台監督:久保田智也
衣装:萩野緑
宣伝美術:黒井柳
制作:宮崎あかね・戸川悠野
制作協力:持田喜恵
制作補助:澤田唯

お問合せ(制作部)/
MAIL: five.women2015@gmail.com
TEL: 070-65513186

ご覧いただきありがとうございます。
ご予約・ご来場、心よりお待ちしております!

http://goninonna.web.fc2.com/

 

10月度 演劇に必要な心理的リアリズムマイムワークショップ

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年10月11日(日)20時16分54秒
  身体の各部を有効に動かして言語表現を超えるより感動的な
表現法を取得しましょう!
俳優、クラシックバレエ、創作舞踊、マイム、コメディアン等を
目指す人々への訓練です。
    クラシックバレエ・創作舞踊・映像芸術を目指す人の為の
    身体表現と心理表現等の基礎をマスタ-しよう!
又現在プロで活動している方も完璧な演技力をつけるよう指導致します。
子供の個人レッスンもあります(8歳以上)
    (更にレッスンについての詳しい情報は当ホ-ムページ又はFacebookをご覧ください。)

日時:2015年10月15日~31日(*16日、17日、19日は休講)
月・水・金 19:00-21:00、火・木・土 14:00-16:00

*参加費 4日間コ-ス 10,000円 (4日以降はプラス2,000円/日)
     1日体験     3,000円
 上記より都合のよい曜日、日時の昼夜を問わずご都合のよい日をお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
 *個人指導ご希望の方は別途お問い合わせ下さい。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

ピクニック形式パフォーマンス公演「威風DoDo」

 投稿者:谷中のおかって  投稿日:2015年 9月22日(火)17時10分34秒
  根拠なく堂々としているあなたが好きよ。
理由なんていらないわ。
レッツ、ピクニック!
ALL WE WANT IS TO LOVE YOU BEING AS YOU ARE.
HAVE A PICNIC?

『威風DoDo(いふうどーどー)』は、隅田川を臨む汐入タワー(都立汐入公園内)とその周辺を舞台とした、ピクニック形式のパフォーマンス公演です。一般公募による出演者“アナター”をはじめ、若手パフォーマンス集団「フラワーズ」やさまざまなジャンルで活躍する若手アーティスト、地域住民らとの共創によってつくりあげられ、当日は総勢100名程度の出演者が汐入タワー周辺に集います。観客は当日手渡されるピクニックキット(レジャーシート/ブックレット/音声案内)を手に、汐入タワー周辺に散りばめられた多様な表現と、そこに立ち現れる新たな風景・空気感を味わうことができます。

地域商店街のお祭りとの恊働

公演当日は開催地近くの商店街のお祭り「みな千祭り」も同時開催しています。お祭りのステージでは、地域主催による和太鼓やフラダンスなどのパフォーマンスがおこなわれており、『威風DoDo』に参加するパフォーマーたちも出演する予定です。また、お祭りが開催されているエリアの付近では、〈風遊び〉のワークショップも開催し、お祭りに来た方たちもこの企画に参加できるような仕組みになっています。お祭りが終了する15時頃には、汐入タワー付近に設置される受付がオープンし、お祭りを通じてワークショップに参加した人たちや、ピクニックに訪れる人々、パフォーマーやアーティストなど、さまざまな立場の人々が徐々に汐入公園に集い始めます。

***

◎日時=2015年10月12日(月・祝) 【開場】15時 【開演】16時─17時半

◎会場=都立汐入公園内 汐入タワー周辺 ※雨天中止

◎料金=2,500円 ◎観客定員=100名

◎予約フォーム=http://okatte.info/dodo/form

主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/一般社団法人 谷中のおかって
後援:荒川区

http://okatte.info/dodo/

 

【参加者募集】チョン・ヨンドゥWS & Showing 12/8-13@京都

 投稿者:Dance & Environment  投稿日:2015年 9月11日(金)17時40分58秒
  次代を担うダンサー育成事業「京都の暑い夏/Dance Scape」
チョン・ヨンドゥ
ワークショップ&ショーイング
参加者募集

2015年12月8日(火)~13日(日)にかけて国際的に活躍できるダンサーの育成とコンテンポラリー・ダンスの普及を目指し、6日間に渡る集中ワークショップ&ショーイングを行います。講師にはダンサー・振付家のチョン・ヨンドゥ氏を迎え、彼のレパートリーである「カラスとカササギ」を指導して頂き、最終日には観客を迎えてのショーイングを実施します。また、ショーイング前日にはダンサーが指導にあたり、鑑賞者が翌日の振付を体験するレクチャーワークショップを開催します。
開催にあたりのワークショップ&ショーイングの参加者を募集します。ご希望の方は下記開催概要、募集要項を参照の上、期日までに応募用紙を提出してください。沢山の方のご応募お待ちしております。

1、開催概要
日時:
2015年12月8日(火)~13日(日)
12月8日(火)~11日(日)13:00-18:00ワークショップ
12月12日(土)10:00-15:00ワークショップ/レクチャー16:00-18:00
12月13日(日)12:00-14:00リハーサル/ショーイング15:00-16:00

内容:
このワークショップでは「カラスとカササギ 」という作品のレパートリーを中心に、呼吸と重さを利用した動きと、空間と方向、音楽、アンサンブルの感覚を新たに認識し、振付けについて学ぶのに役立ちます。
講師:チョン・ヨンドゥ


講師プロフィール:
チョン・ヨンドゥ/JUNG YOUNG-DOO
西洋的で高度なダンスメソッドと明確なコンセプトを併せ持つと同時に、東洋的に抑制された繊細な動きが彼の才能を裏付けている。DooDanceTheater主宰。韓国新進気鋭の振付家であり、韓国を拠点に世界各地で活躍する。韓国でも多くの賞に輝く他、「横浜ダンスコレクション・ソロ&デュオコンペティション」にて、「横浜文化財団大賞」「駐日フランス大使館特別賞」を受賞、フランス国立トゥルーズ振付センターにて研修する。’14年はJCDN国際ダンス・イン・レジデンス・エクスチェンジ・プロジェクトにて福岡に滞在。現在、立教大学現代心理学部映像身体学科特任准教授。

「カラスとカササギ」について
韓国―日本共同制作プログラム/Plan Co zero「カラスとカササギ」(企画・主催:NPO法人JCDN、(公財)福岡市文化芸術振興財団)JCDN国際ダンス・イン・レジデンス・エクスチェンジ・プロジェクトとして、韓国の振付家チョン・ヨンドゥ氏が福岡に約1ヶ月滞在し、ダンス・演劇・美術・音楽・映像・テキストなど、ジャンルを超えた日韓のアーティストとコラボレーションを行うプロジェクトの第2弾。2014年に福岡で公演された作品です。作品の創作過程、上演記録を下記URLより閲覧できます。
「カラスとカササギ」http://jk2014.jcdn.org


会場:
元・立誠小学校(講堂)
〒604-8023京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2

料金:25,000円(税込み)

対象:
ダンス経験3年以上のダンサー。
日本語または英語でのコミュニケーションが可能であること。
ワークショップ&ショーイング、レクチャー全ての日程に参加できること。

定員:10名程度(応募者多数の場合は書類選考を行ないます)

2、募集要項
応募用紙に必要事項を記入し、期日までに事務局へお送りください。

応募締切:10月15日(消印有効/郵送のみ受付)

応募用紙ダウンロード
http://hotsummerkyoto.com/workshop/チョン・ヨンドゥワークショップ-ショーイング-128-1/

提出先:
〒603-8312京都市北区紫野中柏野町22番20紫野スタジオ内
一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント

結果発表:10月下旬に応募者全員にメールにてお知らせ致します。

3、お問い合わせ
一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント(担当:大藪もも)
Mail info@hotsummerkyoto.com
Tel 070-6500-7242

主催:一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント
共催:立誠・文化のまち運営委員会
助成:京都府文化力チャレンジ事業
Photo:Shin Yongsang

http://hotsummerkyoto.com/workshop/

 

9月心理表現を基礎から学ぶワークショップ”

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年 9月 4日(金)21時25分4秒
  演劇を目指す人の為の心理的リアリズムマイム。
    クラシックバレエ・創作舞踊・映像芸術を目指す人の為の
    身体表現と心理表現等の基礎をマスタ-しよう!
又現在プロで活動している方も完璧な演技力をつけるよう指導致します。
    (更にレッスンについての詳しい情報は当ホ-ムページ又はFacebookをご覧ください。)

日時:2015年9月8日~26日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費 4日間コ-ス 10,000円 (4日以降はプラス2,000円/日)
     1日体験     3,000円
 上記より都合のよい曜日、日時の昼夜を問わずご都合のよい日をお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
 *個人指導ご希望の方は別途お問い合わせ下さい。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

本牧アートプロジェクト2015|公募レジデンスプログラム「本牧AIR」参加者募集(9/10〆切)

 投稿者:NPO法人Offsite Dance Proje  投稿日:2015年 8月13日(木)11時09分57秒
  3回目を迎える「本牧アートプロジェクト」では、今年初の取り組みとして、アーティスト・イン・レジデンス「本牧AIR」を実施します。横浜・本牧の町に滞留することで生まれる創造活動を支援し、地域住民との交流を重ねるプログラムで、今年度1名のアーティストを公募します。AIR参加アーティストには、本牧アートプロジェクト2015での成果発表を行っていただきます。
プログラムディレクターからのメッセージをご覧のうえ、奮ってご応募ください。

【募集内容】
1. 実施時期
2015年11月1日以降(応相談)、12月13日まで

2. 募集人数
1名(年齢・性別・国籍不問、ただし日本語でコミュニケーションがとれること)

3. 活動内容
一定期間本牧エリアに滞在し、本牧アートプロジェクト2015において成果物を発表する。(演劇、映画、小説、音楽等/ジャンル不問)

4. 募集〆切
2015年9月10日(木)

5. 参加条件
・ 本牧エリア内に、スタジオ、および宿泊場所(個人宅)を提供します。
・ 制作費5万円まで支給します。
・ 人的サポートをいたします。
※家賃を除く滞在費、交通費は、アーティスト自身の負担となります。

6. 選考方法
プログラムディレクターならびに選考委員会による書類審査の後、面接(遠方の方はスカイプ面談)によって決定。

7. 応募方法
以下の情報を記載した企画書をメールにてお送りください。
1 氏名 ②年齢 ③性別 ④連絡先(住所・電話番号・メールアドレス:PC/携帯電話) ⑤アーティストプロフィール(+写真) ⑥志望動機(300文字以上) ⑦企画(滞在希望期間・できるだけ具体的なプロジェクトの実施内容) ⑧参考リンクアドレス(お持ちの方)

8. 申込・問合せ先
NPO法人Offsite Dance Project/E-mail: info@offsite-dance.jp
※件名を「本牧AIR応募」と記載してください。

++ プログラムディレクター・メッセージ 藤原ちから ++
本牧アートプロジェクト2015では、滞在制作を行うアーティストを公募します。今年度のコンセプトについては、「HONMOKU TIMES」2号に掲載されたディレクターメッセージをお読みください。
昨今、「観光」や「まちづくり」や「コミュニケーション教育」などの分野において、アートの需要は高まっています。アートはそ うした機会を利用するし、利用されもします。近年強まっているこの傾向を、わたしは今は否定しません。だから「アートは社会の役に立つのか?」という問い に対して、わたしは「YES」と答えます。
しかしながら、アートは究極的には、社会が要請するそうした意義や目的に回収しきれるものではなく、もっと自由で、わけのわか らないものを含んでいます。そのためアートは時には人々を畏怖させ、また時には人々を勇気づけてきたし、ひとつの社会の盛衰(せいぜい長くて300年)よ りも、はるかに長い時間を生き延びてきたのです。だから「アートは社会の役に立つのか?」という問いに対して、わたしは「NO」と答えます。
本牧アートプロジェクトは、この一見相反する2つの考えがせめぎ合う場所です。この潮目のような場所に滞在し、次代のアート作品を構想するアーティストを募集します。
今回は個人宅への滞在ということもあり、日本語でのコミュニケーションを必須条件とします。
ご応募、お待ちしています。

本牧アートプロジェクト2015  http://honmoku-art.jp/2015/
HONMOKU TIMES 02号(ダウンロード) http://honmoku-art.jp/2015/img/honmoku-times-02.pdf

主催:NPO法人Offsite Dance Project/助成:横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2015、神奈川県、子どもゆめ基金/共催:HOCS(本牧コミュニティ・ステーション)/特別協賛:株式会社エスタディオホールディングス

http://honmoku-art.jp/2015/

 

マイム表現の基礎“心理的リアリズムを学ぶワークショップ”

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年 7月26日(日)22時57分12秒
  演劇を目指す人の為の心理的リアリズムマイム。
    クラシックバレエ・創作舞踊・映像芸術を目指す人の為の
    シンボライズ表現と抽象表現等の肉体表現の基礎を学び、
新しい舞台芸術、映像芸術を創造しましょう!
    (更にレッスンについての詳しい情報は当ホ-ムページ又はFacebookをご覧ください。)

日時:2015年8月11日~31日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費 4日間コ-ス 10,000円 (4日以降はプラス2,000円/日)
     1日体験     3,000円
 上記より都合のよい曜日、日時の昼夜を問わずご都合のよい日をお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
 *個人指導ご希望の方は別途お問い合わせ下さい。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

Adam Benjamin×Integrated Dance Company 響-Kyo 国際共同制作公演「Open S

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2015年 7月 8日(水)21時55分5秒
  多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を拓いて行くべく、2014年6月に設立したIntegrated Dance Company 響-Kyo。身体障害を持つ車椅子のダンサーを含む当コンテンポラリー・ダンス・カンパニーは、アートと社会を統合する取り組みとして注目を集めています。今回の作品は、イギリスから振付家アダム・ベンジャミンを招聘し、新作に挑戦します。
Open Stateとは、劇場の照明を表す舞台用語のひとつ。すべてを露わにし、何も特別なことも、隠すことのない状態のことです。
Integrated Dance Company 響-Kyoの新たな挑戦にぜひお立ち会いください。

振付/演出 アダム・ベンジャミン
1991年、セレステ・ダンデカーと出会い、身体障害を持つダンサーと共にカンドゥーコ ”CandoCo” ダンス・カンパニーを設立。共同芸術監督を経て、現在、Plymouth UniversityのTheatre and Performance部の講師、伊藤キムなど多くのアーティスト達とのコラボレーションを行なう他、Vertigo Dance Company, Scottish Dance Theatre, StopGap などのカンパニーへの振り付けも行なう。ロンドンのThe placeのアソシエイト・アーティストでもある。著書に “Making an Entrance” (Routledge 2001)がある。


■出演
 天方真帆、泉葉子、近藤靖一郎、
 増田明日未、三橋俊平 他

■スタッフ
 照明:三浦あさ子
 音響:牛川紀政
 舞台監督:河内崇
 写真:青木司
 音楽:Mathew Emmet
 制作:ミューズ・カンパニー 瀧本麻璃英、
    外山りき、小林あずさ
 プロデューサー:伊地知裕子

■ 日時
2015年7月19日(日) 18:00開演
2015年7月20日(月・祝) 15:00開演

■ 会場
東京芸術センター ホワイト・スタジオ(北千住)
〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1

■入場料
一般       前売り 2,500円、当日 3,000円
学生・障害者割引 前売り 2,000円、当日 2,500円
(当日、学生証、障害者手帳をお持ちください)
*障害者介助の方1名のみ無料
*割引チケットはクリエイティブ・アート実行委員会でのみ扱います。


詳細はhttp://www.musekk.co.jp/

http://www.musekk.co.jp 

 

7/31-8/2:旧・映画館で「パフォーマ70 HONMOKU」開催!

 投稿者:NPO法人Offsite Dance Proje  投稿日:2015年 7月 6日(月)22時01分4秒
  70年代の前衛的ムーブメントをフォーカスする「パフォーマ70 HONMOKU」。横浜・本牧の旧・映画館を活用した新たなアート拠点「HONMOKU AREA-2」にて、各界のレジェンドたちからコンテンポラリーの旗手が集い、トーク/映画上映/パフォーマンス/パーティを開催します。ご来場お待ちしています!


DANCE DANCE DANCE @ YOKOHAMA 2015 パートナー事業
「パフォーマ70 HONMOKU」
2015 年7月31日(金)・8 月1日(土)・8月2日(日)
会場:横浜・HONMOKU AREA-2(旧マイカル本牧の映画館跡)
詳細&オンライン予約◆http://performa70.yokohama

70年代は泣いた!燃えた!笑った!
本牧のシネコンの座席を取っ払った空間に、
70年代のボキャブラリーが溢れる!
カウンターカルチャーからサブカルチャーへ!
前衛と、実験と、挫折と、ラヴと、ピースと、
アングラで、サイケで、インディヴィな3日間!

TALK 【アートーク レジェンド70】
【イラストレーションがアートを超えた日/山口はるみ・宇野亞喜良】 7月31日(金)14:00開演
【TVコマーシャルにチャンネルを合わせた/十文字美信・川崎徹】 7月31日(金)17:00開演
【ポストモダンダンスの時代/厚木凡人・國吉和子】 8月1日(土)14:00開演
【ハルヲフォンとスネークマンショー/近田春夫・桑原茂→】 8月1日(土)17:00開演
【状況劇場と天井棧敷/四谷シモン・萩原朔美】 8月2日(日)14:00開演
【ムーンライダーズと燃えよタマゴン/鈴木慶一・竹中直人】 8月2日(日)17:00開演
総合司会=榎本了壱(クリエイティブディレクター)
料金◆各回 一般 前売1,300円/当日1,500円|学生・シニア 前売1,000円/当日1,200円  * 1 drinkつき|会場:シアター2(3F)

CINEMA 【荒木経惟 アラキネマ特集+70年代映画特集】
【アラキネマ】去年ノ夏(05)/花秋(04)/冬春(04)/67?天才ノ反撃(05)/7月(06)/遺作 空2(09)/青ノ時代(05)/緊縛色淫(06)/愛ノ花(07) *上映時間は60min.*R-18+
【70年代映画】松本俊夫「薔薇の葬列」/寺山修司「トマトケチャップ皇帝」(オリジナル完全版)/アレハンドロ・ホドロフスキー「エル・トポ」*R-15+
料金◆各回1000円/学生・シニア 800円|会場:シアター1(3F)*上映時間はwebsiteでご確認ください。

PERFORMANCE【3パフォーマ】
Aプロ:篠田千明「The 5×5 Legged Stool ? 四つの機劇より」7月31日(金)20:00開演
Bプロ:黒沢美香「ロマンチックナイト in 本牧」 8月1日(土)19:00開演
Cプロ:梅田哲也「シネコンに亡霊をよぶ」8月2日(日)19:00開演
料金◆A/C 前売2000円/当日2500円 B 前売2500円/当日3000円  *学生500円引き|会場:シアター8(5F)

PARTY 【大貫憲章 in YOKOHAMA 70’sスペシャル】
8月1日(土)20:00-24:00|料金◆前売2000円/当日2500円 *別途1ドリンク代|会場:ホワイエ(3F)


◆アクセス
HONMOKU AREA-2(旧マイカル本牧の映画館跡)
住所:〒231-0821 横浜市中区本牧原14 - 1 本牧6番街2F
アクセス:市バス「和田山口」下車1分(横浜駅・桜木町駅・石川町駅・根岸駅・元町中華街駅からバス)

◆入場案内
・シアターでの映画上映、トーク・パフォーマンスの上演は、仮設環境で行いますのでご了承ください。
・シアターにおける客席はすべて桟敷となります(クッションの無料貸出あり、持込歓迎)。ホワイエはスタンディング。
・半券割引:鑑賞済みのチケット半券ご提示で200 円をキャッシュバックします(一部のプログラムは対象外)。
・期間中は「Café Bar HONMOKU CINEMAS」オープン(11:00開館~終演迄)

◆お問い合わせ先
NPO 法人Offsite Dance Project
Tel. 090-6346-5820 E-mail: info@offsite-dance.jp

主催:NPO法人Offsite Dance Project/共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会、HOCS(本牧コミュニティ・ステーション)/特別協賛:(株)エスタディオホールディングス/協賛:サッポロビール株式会社/企画協力:アタマトテ・インターナショナル、(株)エデュイットジャパン シネマ・ジャック&ベティ(株)ニューエイジ BaySide YOKOHAMA/協力:AaT RooM、(株)クエスト、Dance in Deed!、70’sバイブレーション横浜実行委員会、フィールズプランニング、NPO法人ARCSHIP、LUFTZUG

http://performa70.yokohama

 

『distant voices』~青山借景 出演パフォーマー募集《2015年7月15日〆切》

 投稿者:NPO法人Offsite Dance Proje  投稿日:2015年 6月29日(月)11時42分21秒
  『Borrowed Landscape-Yokohama(横浜借景)』でおなじみのハイネ・アヴダルと篠崎由紀子による新作が、東京青山における国際ダンスフェスティバル「Dance New Air 2016 プレ公演」として、本年10月スパイラルにて上演されます。
新作『distant voices』~青山借景は、今年30周年を迎えるスパイラル(建築:槙文彦)の建築空間を舞台とした、ヨーロッパと日本の国際共同制作によるサイトスペシフィック作品です。
本作では、追加パフォーマーを募集しています。奮ってご応募ください。

?公演概要
Dance New Air 2016 プレ公演/サイトスペシフィックシリーズvol.1
『distant voices』~青山借景
2015年10月10日(土)~12日(月・祝)
会場:スパイラル http://www.spiral.co.jp/

コンセプト・演出・出演:ハイネ・アヴダル、篠崎由紀子
出演:Andrey Andrianov、Ingrid Haakstad、Kayoko Minami、Arnaud Meuleman、Eivind Seljeseth、梅田哲也、山田うん、遠田誠、白神ももこ、長内裕美、他
ドラマトゥルク: André Eiermann/美術: Arnaud Meuleman/サウンド・デザイン: Roeland Luyten、Johann Loiseau

主催:一般社団法人ダンス・ニッポン・アソシエイツ、株式会社ワコールアートセンター、NPO法人Offsite Dance Project
共同制作:スパイラル、fieldworks、Borrowed Landscape Japan
助成:公益財団法人セゾン文化財団、アーツカウンシル東京、Norwegian Ministry of Foreign Affairs、Norsk Kulturråd、Vlaamse Gemeenschap、Vlaamse Gemeenschapscommissie


?出演パフォーマー 募集要項
【応募〆切】
2015年7月15日(水)
【募集対象】
AB全日程参加可能なパフォーマー ※ジャンル・キャリア・年齢不問
 A.リハーサル10月3日(土), 8日(木), 9日(金)午後4時間程度予定 B. 公演 10月10日(土)~12日(月・祝) 全日
【応募方法】
氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレス(PC/携帯電話)、経歴、志望動機、写真(バストアップ・全身の計2枚)をメールにてお送りください。映像をお持ちの方はリンクアドレスをお知らせください。
※書類選考により決定します(選考:ハイネ・アヴダル、篠崎由紀子)
【申込・問合せ先】
NPO法人Offsite Dance Project/E-mail: info@offsite-dance.jp
※件名を「青山借景出演募集」と記載してください。
【特記事項】
ノルマや参加費はありません。交通費手当等の制作費支給を予定しています。

■参考URL  http://borrowed-landscape.jp/
コンセプト、アーティストのプロフィール、過去の公演データ、活動レポートなどがご覧になれます。

http://borrowed-landscape.jp/ 

 

夏のマイムワ-クショップ“心理的リアリズム表現を学ぼう”

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年 6月27日(土)22時05分19秒
  演劇を目指す人のに不可欠な心理的リアリズムマイム。
    クラシックバレエ・創作舞踊・映像芸術を目指す人の為の
    シンボライズ表現と抽象表現等の総合マイム芸術を身につけて
    新しい舞台芸術、映像芸術を創造しましょう!
    (更にレッスンについての詳しい情報は当ホ-ムページ又はFacebookをご覧ください。)

日時:2015年7月14日~31日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費 8日間コ-ス 18,000円
4日間コ-ス 10,000円
     1日体験     3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
 *個人指導ご希望の方は別途お問い合わせ下さい。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

アダム・ベンジャミンによるダンス・ワークショプ

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2015年 6月17日(水)16時24分35秒
  アダム・ベンジャミンによるダンス・ワークショプ
英国で身体障害のある舞踊家達とない舞踊家達で構成されるダンス・カンパニーCandoCoを設立、共同芸術監督を務めたAdam Benjaminによるワークショップです。身体に障害のある方の動きの特性、また、車椅子の動きの特性も生かしながら振付をしていくベンジャミン氏独特のコンテンポラリー・ダンスの技法を学びつつ、身体障害のある方とない方がお互いの身体表現の特徴を活かし合いながらダンスを創っていきます。
ダンス未経験者も歓迎です。

【概要】
6月25日(木) 森下スタジオ 14:30~17:00
7月2日(木) 江戸川総合文化センター 14:30~17:00

【定員】20名

【対象者】
障害のない大人 身体障害のある人

【参加費】
障害のない大人 2回6,000円/1回3,500円
29歳以下の障害がない大人 2回4,000円/1回2,500円
身体障害のある人 2回2,500円/1回1,500円

【申し込み方法】
下記の情報をお書き添えの上、メールかFAXでお申し込みください。
①お名前 ②性別 ③郵便番号・住所 ④電話番号 ⑤メールアドレス ⑥障害の有無(ある場合はどのような障害か)⑦参加希望日 ⑧ご職業 ⑨年齢
メールアドレス:MuseKK@aol.com
FAX:03-6426-5183

講師 アダム・ベンジャミンAdam Benjamin
1991年、身体障害を持つダンサーと共に”CandoCo”ダンス・カンパニーを設立。共同芸術監督を経て、現在、Plymouth UniversityのTheatre and Performance部の講師、Russell Maliphant、伊藤キムなど多くのアーティスト達とのコラボレーションを行なう他、Scottish Dance Theatre, The Besht Tellers, A&BC Theatre Company, StopGap などのカンパニーへの振り付けも行なう。Wingate Scholar, a Rayne Fellow、ロンドンのThe placeのアソシエイト・アーティストでもある。著書に障害のある人達とない人達とのダンスの理論と実践書である“Making an Entrance” (Routledge 2001)がある。
--
ボランティア・インターン募集
クリエイティブ・アート実行委員会では、企画を支えるボランティア・インターンを募集しています。障害のある人との表現活動に興味がある方、文化活動に携わってみたい方、たくさんのご応募をお待ちしています。問い合わせ先のメールアドレスにタイトルを【ボランティア・インターン応募】として、下記の事項をお書き添えの上、送信してください。
①お名前 ②郵便番号・住所 ③電話番号 ④性別 ⑤職業(大学/学科) ⑥年齢 ⑦メールアドレス ⑧応募動機 ⑨特技

主催:クリエイティブ・アート実行委員会
助成:公益財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
  グレイトブリテン・ササカワ財団
問合せ先:クリエイティブ・アート実行委員会(事務局 ミューズ・カンパニー)
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5-201
電話03-6426-5182  Fax03-6426-5183
e-mail: Musekk@aol.com
URL: http://www.musekk.co.jp
facebook: :https://www.facebook.com/artmusekk


http://www.musekk.co.jp 

 

6月肉体表現の基礎を学ぶ

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年 6月 1日(月)23時30分42秒
      内面の心理を的確に身体の各部を動かして表現できるようにする!
    演劇の俳優はセリフを主として身体の表現ができていないことが
    多い。舞台表現者は状況に応じて身体の各部分をどのように動かし、
    心理表現を巧く、美しく表現して人を感動させられるかが重要であり
    それを身につける為のレッスンを行っています。
    演劇・クラシックバレエ・ダンス・オペラ・マイムア-ティスト、
映像芸術を目指す人々へのレッスンです。(初心者も歓迎)
日時:2015年6月10日~26日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費4日間コ-ス 10,000円(4日以上は1日にプラス2000円)
 1日体験       3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

「思考と技術と対話の学校」基礎プログラム30名を募集!

 投稿者:TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション  投稿日:2015年 5月21日(木)14時47分38秒
  アートプロジェクトを動かす力をつける
「思考と技術と対話の学校」基礎プログラム30名を募集!

アーツカウンシル東京が主催するTARL(Tokyo Art Research Lab)「思考と技術と対話の学校」の一環として、アートプロジェクト運営に欠かせない3つの基礎力を3年かけて身につける「基礎プログラム」の受講生を募集します。

社会のさまざまな場面で立ち上がっているアートプロジェクトの現場。そこでは今ある行政や経済の仕組みとは別の発想で、地域で起こっていることに向き合い、何ができるかを考え、企画をかたちにする力が求められています。この学校では、アートプロジェクトを動かす人に求められる力をつけることで、既存の概念や枠組みにとらわれない新たな発想でアートを切り口に社会的な課題と向き合い、プロジェクトを構想し、かたちにできるアートマネージャーのプロフェッショナルの育成を目指しています。

基礎プログラム1「思考編」は、思考力、想像力を鍛える授業が中心です。授業での対話や課題を通して、「なぜアートプロジェクトを行うのか」「社会的な課題に対してどうアプローチをするか」「自分はどのように関わりたいか」など、問いを立てながら学んでいきます。
[日程] 2015年6月~2016年1月 不定期土曜日(初回のみ日曜日) ※2015年5月31日(日)申込〆切
[会場] アーツカウンシル東京ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14[3331 Arts Chiyoda 3F])
[受講料] 一般 60,000円/学生 40,000円(最大10人まで)
ゲスト:家成俊勝(建築家/京都造形芸術大学空間演出デザイン学科特任准教授)、伊藤亜紗(美学者)、伊藤洋志(起業家/ナリワイ代表)、長内綾子(Survivart/キュレーター)、現代芸術活動チーム「目(め)」 (南川憲二/ディレクター 荒神明香/アーティスト) 、小林瑠音(應典院アートディレクター/文化政策研究者)、佐藤慎也(日本大学准教授/建築家)、佐脇三乃里(認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター  アシスタントディレクター)、鈴木一郎太(〔株〕大と小とレフ取締役)、田中真実(NPO法人STスポット横浜地域連携事業部ディレクター/横浜市芸術文化教育プラットフォーム事務局長)、西尾佳織(劇作家/演出家/鳥公園主宰)、新居音絵(エヌ・アンド・エー株式会社[ナンジョウアンドアソシエイツ]取締役)、松尾真由子(Breaker Project 事務局長)
松尾真由子(Breaker Project 事務局長)、宮永琢生 (演劇プロデューサー)ほか
詳細→http://www.tarl.jp/cat_program/11203.html

基礎プログラム2「技術編」は、基礎プログラム1の修了生とアートプロジェクト運営経験者が対象です。企画を実現する力に重点を置き、「演習プログラム」を通して少人数のグループワークに取り組みます。複数のケースを想定しながら繰り返しトレーニングすることで、アートプロジェクトを動かすためのスキルを身につけていきます。
[日程] 2015年6月~2016年2月 不定期日曜日 ※2015年5月31日(日)申込〆切
[会場] アーツカウンシル東京ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14[3331 Arts Chiyoda 3F])
[受講料] 一般 60,000円/学生 40,000円(最大10人まで)
ゲスト:雨森信(大阪市立大学文学部 特任講師/Breaker Projectディレクター/remo[NPO法人記録と表現とメディアのための組織]理事)、上田假奈代(詩人/詩業家/NPO法人こえとことばとこころの部屋〔ココルーム〕代表)、齋藤啓(鳥の劇場 制作担当)、帆足亜紀(アート・コーディネーター/横浜トリエンナーレ組織委員会事務局プロジェクト・マネージャー)、山出淳也(NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事/アーティスト)、吉澤弥生(共立女子大学文芸学部准教授)
詳細→http://www.tarl.jp/cat_program/11279.html

主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
企画協力:一般社団法人ノマドプロダクション

?お問い合わせ?
TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション)
Tel:080-3171-9724 Fax:03-6740-1926 E-mail:info@tarl.jp

http://www.tarl.jp/cat_program/11279.html

 

Tokyo Art Research Lab「思考と技術と対話の学校」説明会開催!

 投稿者:TARL事務局  投稿日:2015年 5月11日(月)17時22分28秒
  アートプロジェクトを動かす力をつけるTARL(Tokyo Art Research Lab)「思考と技術と対話の学校」基礎プログラムの説明会を開催します。

6月に開講する本プログラムは、アートプロジェクトの現場で求められる基礎力-「思考力」「技術力」「対話力」-を3年間で身につけられるよう構成し、今年度は「思考編」と「技術編」を開講します。アートプロジェクトの運営に関わる意思のある人を対象とした通年プログラムです。

「思考編」では、社会動向を見据え、どのようなプロジェクトが必要か、また、そのために求められるオペレーティングシステムを考える力を鍛えます。「技術編」は、「思考編」の修了生を主な対象とし、会議の設定の仕方や現場の仕切り方といった実務、記録のアーカイブや事業評価など、アートプロジェクトの運営で必要とされる事柄を遂行する力をつけていきます。

説明会では、プログラムの内容や特徴について詳しくご紹介するほか、ゲストに齋藤精一氏を招き、トークセッションを行います。お気軽にご来場ください!

[日時] 2015年5月17日(日)14:00~15:30(開場13:30)
[会場] アーツカウンシル東京ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14[3331 Arts Chiyoda 3F])
[料金] 無料
[定員] 先着50名程度(事前申込不要)

詳細はこちらのページにてご案内しています
http://www.tarl.jp/cat_voice/11015.html

— 内容 —
14:00~14:15 趣旨説明「思考と技術と対話の学校」

14:15~15:00 トークセッション「これからの東京文化をつくる」
東京におけるアートプロジェクトの未来をテーマにしたトークセッションを行います。

ゲスト:齋藤精一(クリエイティブ・ディレクター / 株式会社ライゾマティクス代表取締役)

15:00~15:30 基礎プログラム概要・募集内容説明

— ゲストプロフィール —
齋藤 精一(Creative Director / Technical Director : Rhizomatiks)
1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。その後ArnellGroupにてクリエティブとして活動し、2003年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。その後フリーランスのクリエイティブとして活躍後、2006年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブの作品を多数作り続けている。2009年-2014年国内外の広告賞にて多数受賞。現在、株式会社ライゾマティクス代表取締役、東京理科大学理工学部建築学科非常勤講師。2013年D&AD Digital Design部門審査員、2014年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment部門審査員。2015年ミラノエキスポ日本館シアターコンテンツディレクター、六本木アートナイト2015にてメディアアートディレクター。

—「思考と技術と対話の学校」 6月開講—
「思考と技術と対話の学校」は、アートプロジェクトのリサーチ/人材育成を目的としたTokyo Art Research Lab(TARL)の一環として展開しています。通年でアートプロジェクトを動かす力を身につける「基礎プログラム」のほか、アートの概論を中心にした「入門プログラム」や、短期間で実践的なテーマを取りあげる「集中講座」を開催し、アートプロジェクトをつくることを目的とした学びの場を生み出しています。アートプロジェクトの現場で求められる基礎力をつけるための3年間のプログラムです。

〈基礎プログラム1 思考編〉
1年目は、アートプロジェクトを動かすために必要な考える力を養います。
対象:アートプロジェクトの運営に関わっている人、関わる意思のある人
http://www.tarl.jp/cat_program/11013.html

〈基礎プログラム2 技術編〉
2年目は、企画をかたちにするためのスキルを身につけていきます。
対象:基礎プログラム1「思考編」修了生、またはアートプロジェクト運営経験者
http://www.tarl.jp/cat_program/11118.html

主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
企画協力:一般社団法人ノマドプロダクション

—お問い合わせ—
TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション)
Tel:080-3171-9724 Fax:03-6740-1926 E-mail:info@tarl.jp

http://www.tarl.jp/cat_voice/11015.html

 

Integrated Dance Company 響-Kyo 新メンハ?ー募集 オーテ?ィション

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2015年 5月11日(月)16時29分36秒
  Integrated Dance Company 響-Kyo 新メンハ?ー募集 オーテ?ィション

さまさ?まな身体性を活かした新しい舞踊表現を拓くインテク?レイティット?・タ?ンス・カンハ?ニー響-Kyo て?は下記の要領て?新メンハ?ーを募集します。たくさんの方々のこ?応募をお待ちいたしております。

■オーテ?ィション日程
日程:5月24日(日)、6月6日(土) 13:30~16:30
会場:港区田町(詳細は応募者にメールにて連絡します)
■募集対象、日程
◇募集対象:1障害のない男性て?タ?ンス経験者、若干名
2身体に障害を持つ男女若干名 (障害を持つ方は特にタ?ンスの経験を問いません。舞台活動や表現活動に興味のある方て?、自力て?リハーサルに参加て?きる方)。
◇2015 年度予定:
1アタ?ム・ヘ?ンシ?ャミンによる振付&公演:
6月18日(木)~7月20日 週夜4日&
土(13:00-19:00)、日(11:00-17:00)
2岩淵多喜子による振付&公演:8 月半は?
~11月8日 週に3回~4回程度
3カンハ?ニーの通常練習やワークショッフ?活動
◇オーテ?ィション経費:1,000 円(当日お支払いくた?さい)
◇申込み方法:
1お名前/2年齢/3タ?ンス経験(具体的に)/4住所/5電話番号をお書きになってメールて?お申込みくた?さい。折り返し連絡致します。3 日たっても返事か?無い場合はメールか?届いていない可能性か?ありますのて?、電話て?お問い合わせくた?さい。なお、参加当日、こ?自身のタ?ンス経験や経歴なと?か?わかる履歴書(必す?写真添付のこと)をこ?持参くた?さい。

◎Integrated Dance Company 響-kyo
響-Kyo は多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を拓いていくへ?く、2014 年 6 月に設立、アートと社会 を統合する取り組みとして注目を集める。国内外のアーティスト達とのコラホ?レーションを図るなと?、意欲 的な取り組みを展開する予定て?ある。6 月 19 日から Adam Benjamin に振付を委嘱、1 か月間て?作品を制作する。共同芸術監督:岩淵多喜子、鈴木ユキオ。


助成:公益財団法人セゾン文化財団、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
問合せ先:クリエイティフ?・アート実行委員会(事務局:ミュース?カンハ?ニー)107-0062 東京都港区赤坂6-2-5-201
TEL:03-6426-5182 FAX:03-6426-5183 e-mail:Musekk@aol.com URL:http://www.musekk.co.jp


http://www.MuseKK.co.jp

 

5月マイム表現の基礎を学ぶ

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年 4月17日(金)22時46分44秒
      演劇の心理的内面性を身体の各部をどのように動かして表現したらよいのか。
    心の表現の深さ、動作の美しさで人を感動させる力を身につけましょう!
    俳優・クラシックバレエ・創作舞踊・マイムア-ティスト、映像芸術を目指す人々への
    レッスンです。(初心者も歓迎)
日時:2015年5月6日~29日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00
*5月ゴールデンweek中も上記曜日にて受講できます。
  (4月28日~5月6日)

*参加費4日間コ-ス 10,000円(4日以上は1日にプラス2000円)
 1日体験       3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

Integrated Dance Company響-Kyo 障害のある人もない人もいっしょに踊る ダンス・ワークショップ

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2015年 4月12日(日)19時52分56秒
  Integrated Dance Company響-Kyo
障害のある人もない人もいっしょに踊る ダンス・ワークショップ
講師 岩淵多喜子

障害のある方、無い方がそれぞれ異なる身体の動きや、
車椅子の動きの特性も活かしながら
ダンスをつくっていくワークショップです。
ダンスの型やステップに捕らわれず、
自由に身体と遊んでみるコミュニケーション・ダンス、
時にはコンテンポラリー・ダンスの技法を学びつつ、
お互いの特徴を活かしながら
どのようにダンスを創っていけるかを体験していきます。
身体の新しい表現の可能性を模索している方々にとっても
何かをつかむことのできるワークショップです。

開催概要
■日時: 4月25日(土)13:30-16:30
■会場: 港区スポーツセンター(4月25日)
     茗荷谷・アカデミー茗台(5月31日)
■参加費:2,500円

■講師(ダンス・アーティスト) 岩淵多喜子:
インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo芸術監督。Dance Theatre LUDENS主宰。ダンサーとの共同作業を構成していく緻密なディレクションは「コンテンポラリーダンスの創作手法や方法論に習熟した日本では数少ない振付家の一人」として高い評価を受けている。01年「Be」にて横浜ソロ×デュオコンペティション【横浜市文化振興財団賞】及び【在日フランス大使館賞】、05年「Distance」にて【舞踊批評家協会新人賞】受賞。

問合せ先:クリエイティブ・アート実行委員会
企画制作:ミューズ・カンパニー
107-0062 東京都港区赤坂6-2-5-201
電話03-6426-8152  Fax03-6426-8153
e-mail: Musekk@aol.com URL: http://www.musekk.co.jp
助成:公益財団法人セゾン文化財団、アーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)

http://www.musekk.co.jp/

 

4月春期ワークショップマイム表現の基礎

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年 3月12日(木)21時38分9秒
      リアリズムマイムの心理表現のテクニックと身体表現方法の基礎を学ぶ。
    俳優・バレエ・創作舞踊・肉体表現者等の舞台芸術を目指す方、
    又映像芸術を目指す人の為のレッスンです。言葉の表現よりもっと心の奥を
    身体で感動的に表現できるようにしましょう!(初心者も歓迎)
日時:2015年4月6日~29日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00
*3月も31日まで上記曜日にて受講できます。

*参加費4日間コ-ス 10,000円(4日以上は1日にプラス2000円)
 1日体験       3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

大橋可也&ダンサーズ「ザ・ワールド シーズン2」 散歩型公演「クラウデッド」/劇場型公演「ヘヴィメタル」

 投稿者:大橋可也&ダンサーズ  投稿日:2015年 2月24日(火)19時19分51秒
  「ザ・ワールド シーズン2」
《土地の記憶を吸う吸血鬼》をテーマに展開する大橋可也&ダンサーズの最新作!!

コンテンポラリーダンスの極北をひた走る大橋可也&ダンサーズが、
東京都江東区を舞台に、
リサーチに基づいてダンス作品をつくる長期プロジェクト「ザ・ワールド」。
「シーズン2」では、エリアを清澄白河~東陽町へ拡大し、
散歩型と劇場型の2種類のパフォーマンスを発表します。ぜひお立ち会いください。

◎散歩型公演「クラウデッド」

出演:皆木正純、阿部遥、山本晴歌、益田仲子、秋本ふせん、伊藤雅子、後藤海春、横山八枝子、小松杏里、崎本実弥、安藤暁子、有泉汐織、伊藤陽太郎、梅内はるか、古茂田梨乃、塩田将也

2015/3/20(金)21(土)22(日)
14:00~16:00までに出発地点にお越しください。
受付後、散歩しながら複数の会場でのパフォーマンスを体験していただきます。
パフォーマンスの合計時間は1時間30分程度、
移動に要する時間は1時間程度、終演は18:30頃を予定しています。
途中のカフェにてドリンクを楽しめるチケットをご用意いたします。
時間に余裕を持ってお越しください。

出発地点:SNAC
江東区三好2-12-6-1F
清澄白河駅徒歩3分

◎劇場型公演「ヘヴィメタル」

出演:皆木正純、阿部遥、益田仲子、安達みさと、阿部秀宣、吉澤慎吾、平多理恵子、白井剛

2015/3/25(水)26(木)19:00開演
開場は開演の30分前。終演は20:30頃を予定しています。

会場:江東区文化センターホール
江東区東陽4-11-3
東陽町駅徒歩5分

[スタッフ]
構成・演出・振付:大橋可也
ドラマトゥルク:長島確

リサーチャー:加藤雄大、小林あずさ、坂上翔子、涌井智仁
ドラマトゥルク補:メル
音楽:涌井智仁、鼓次郎
映像:吉開菜央
衣装:ROCCA WORKS
照明:筆谷亮也
音響:牛川紀政
舞台監督:原口佳子(モリブデン)、小野哲史
写真:GO
ドキュメントデザイン:石塚俊
フライヤーデザイン:agasuke
制作:坂上翔子、小林あずさ
制作協力:麻生琴、平岡あみ、柴田温比古、及位友美(voids)
撮影協力:そら庵

[料金]
パスポート:4000円
※クラウデッド、ヘヴィメタルの両公演をご覧いただけます
※前売のみ

一般:3000円
U29(29歳以下)、江東区民、ティアラ友の会:2500円
※クラウデッド、ヘヴィメタル片方の公演のみ
※当日は各500円増し

[チケット取扱い]
大橋可也&ダンサーズWebサイト

江東区文化センター 03-3644-8111

※パスポート、クラウデッド単体のチケットは大橋可也&ダンサーズのみの取り扱いとなります。
※ティアラ友の会はヘヴィメタル単体のみ、江東区文化センターのみの取り扱いとなります。

http://dancehardcore.com/topics_theworld_season2.html

 

3月度マイム表現の基礎を学ぶワ-クショップ

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年 2月23日(月)20時56分11秒
  人間の心理状態とその動作を身体各部をどのように動かして的確に
表現するのか。又人を感動させる演技はどのようにすればよいのか。
俳優・クラシックバレエ・創作舞踊家、マイムア-ティスト、コメディアン等の
分野で成功したい人々へのレッスンです。

日時:2015年3月9日~30日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費4日間コ-ス 10,000円
 1日体験       3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

舞台芸術の学校(P.A.I.)2015年度生募集

 投稿者:舞台芸術の学校(P.A.I.)事務局  投稿日:2015年 2月20日(金)20時15分47秒
  【舞台芸術の学校(P.A.I.)とは?】 http://pai-art.org/

舞台芸術の学校(P.A.I.)は,世界で活躍する演出家小池博史(元パパ・タラフマラ主宰)によって1995年に設立されました。様々なカリキュラムによって、“からだ”を通して物事を捉え、考えることの出来る人材を育成する日本唯一の総合スクールです。
からだの基礎力と幅広い視野を、第一線で活躍する表現者・研究者らが指導にあたり、養います。自分の中のまだ開花されていない可能性に出会いたい人、新たな表現方法を身に付けたい人におすすめします。ともに、未来の社会をより豊かに彩ることを目指して“からだ”を学びましょう。

当校では目的に合わせた3つのコースを設置しています。

スタンダードコース
スキルアップコース
トライアルコース
詳しくは公式サイト(http://pai-art.org/)をご覧ください

【校長】:小池博史 プロフィール
茨城県日立市出身。一橋大学卒業。演出家・作家・写真家。1982年より舞台芸術カンパニー、パパ・タラフマラ主宰/演出をつとめる。各国アーティストとの作品製作やプロデュース、世界各地からの演出依頼公演、プロ対象・市民対象のワークショップを数多く実施している。2012年5月に同カンパニーを解散。同年6月より「小池博史ブリッジプロジェクト」を立ち上げ、精力的に活動を続けている。

【講師】小池博史、松島誠、あらた真生、白井さち子、佐藤昌枝、高橋弘子、徳久ウィリアム、岩下徹、 ほか

【これまでの特別講師】
津村禮次郎(能楽師)・葛西薫(サンアド・グラフィックデザイナー)・安藤隆(サンアド・コピーライター)・遠田誠(ダンサー)・KENTARO!!(ダンサー)・中村明一(尺八奏者)・岡崎彰(文化人類学者)・小尻健太(バレエダンサー) ほか

【面接日程】
2015年2月28日(土)
2015年4月13日(土) <最終>
※ご応募は、ウェブまたはご郵送で受け付けております。


 募集資格/心身共に健康な男女。経験は問いません。
 募集人員/10~16名程度
 期間/2015年5月~2016年4月の1年間
  ※但し希望者は複数年の在籍を認めます(2年目は入所金の負担がありません)
 応募方法
  WEBお申し込みフォームより応募。
  又は規定の用紙に必要事項を記入の上事務局まで送付。
  応募用紙は資料請求ページよりご請求ください。
  応募フォームはこちらhttp://pai-art.org/form/01.html


舞台芸術の学校facebook ページ https://www.facebook.com/butai.jp

【お問い合わせ】
NPO法人ブリッジフォージアーツアンドエデュケーション 舞台芸術の学校(P.A.I.)事務局
〒165-0026 東京都中野区新井1-1-5 1F  tel 03-3385-2066
http://pai-art.org/

http://pai-art.org/

 

「アートプロジェクトにおける『音』の記録研究」公開研究会

 投稿者:TARL事務局  投稿日:2015年 2月19日(木)01時18分38秒
  アートプロジェクトにおける「音」の記録研究では、昨年度より「音」をテーマにしたアートプロジェクト「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」を題材とし、一般的なコンサートなどの「音楽」の記録(録音・録画)ではなく、アートプロジェクトの現場で鳴らされた「音」の記録についての考え方や手法を研究してきました。 「音」の記録を通して、追体験とも異なる新たな価値を与えることができるのか。ゲストを迎え、様々な方法で取り組んだ2年間の研究を振り返りながら、今年度の研究対象である野村誠 千住だじゃれ音楽祭「千住の1010人」の記録を発表します。

研究代表者:熊倉純子(東京藝術大学 音楽環境創造科 教授)
コーディネーター:清宮陵一(vinysoyuz 主宰/NPO法人 トッピングイースト 代表)
研究協力者:アサダワタル(日常編集家)、須之内元洋(札幌市立大学デザイン学部助教)
ゲスト:角張渉(カクバリズム主宰)、 永井幸輔(弁護士/Arts and Law)、甲斐田祐輔(映画監督)、葛西敏彦(サウンドエンジニア)

[日時]  2015年2月23日(月) 19:00-21:00(開場18:30)
[会場] 東京藝術大学 千住キャンパス スタジオA(東京都足立区千住1-25-1)北千住駅西口から徒歩約5分 ※駐車場のご用意はありません。公共交通機関をご利用ください。
[料金] 無料
[定員] 30名程度 (事前申込不要)

詳細はウェブサイトから http://www.tarl.jp/cat_lesson/10225.html


Tokyo Art Research Lab(TARL)とは
アートプロジェクトを実践する全ての人々に開かれ、共につくりあげるリサーチ/人材育成プログラムです。現場の課題に対応したスキルの提供や開発、人材の育成を行うことによって、社会におけるアートプロジェクトの可能性を広げることを目指しています。今年度は継続する「研究・開発」プログラムと、新設する「思考と技術と対話の学校」の2つのプログラムを展開し、アートプロジェクトに携わる人のための、学びやネットワークの場づくりを行います。
TARLは、地域・市民が参画するアートプロジェクトを通じて東京の多様な魅力を創造・発信することを目指す東京文化発信プロジェクト事業「東京アートポイント計画」の一環として実施しています。www.bh-project.jp

[主催] 東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

[お問合せ] TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション)
e-mail:info@tarl.jp tel:080-3171-9724 fax:03-6740-1926

[当日連絡先]東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科 教員室 tel:050-5525-2742

http://www.tarl.jp/cat_lesson/10225.html

 

【デジタルアーカイブプロジェクト最終報告会】

 投稿者:TARL事務局  投稿日:2015年 1月25日(日)22時59分30秒
  東京アートポイント計画では、日々のプロジェクトの実践を記録に残し、その成果を広く共有するためのデジタルアーカイブのシステムの導入と運用に取り組んできました。今回の「デジタルアーカイブプロジェクト最終報告会」では、アーカイブの意義や可能性を考えるためのゲストを招いたクロストークと、本プロジェクトに参加した各団体より、それぞれの実践報告を行います。デジタルアーカイブへ取り組んだ1年間の試みの報告と検証を行います。

※本プロジェクトで活用したデジタルアーカイブのシステムは平成25年度の「アートプロジェクトのインパクトリサーチ」の一環として開発されました。その取り組みの詳細は以下をご覧ください。
http://www.tarl.jp/cat_output/9759.html

<プログラム>
【第Ⅰ部】クロストーク「生成を続けるシステムとしてのアーカイブ」
ゲスト:齋藤歩(編集者)
ホスト:須之内元洋(札幌市立大学)、熊谷薫(デジタルアーカイヴ・コーディネーター/アートマネージャー)
【第Ⅱ部】活動報告「東京アートポイント計画 デジタルアーカイブの実践」
今年度のデジタルアーカイブの取り組みへ参加したプロジェクトより、今年度の実践の工夫や成果を報告します。
モデレータ:熊谷薫

<報告プロジェクト>
・三宅島大学誌
・長島確のつくりかた研究所
・としまアートステーション構想
・きむらとしろうじんじんの「野点」in 釜石・大槌
・旅するリサーチ・ラボラトリー
・小金井アートフル・アクション!

[日時] 2015年2月2日(月)18:30-21:30(開場18:00)
[会場] 東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
[料金] 無料
[定員] 先着30名程度(事前申込可)
[主催] 東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

詳細、申し込みはウェブサイトから http://www.tarl.jp/cat_lesson/ 10728.html

齋藤歩(編集者)
1979年生まれ。編集者。学習院大学アーカイブズ学専攻博士後期課程。女子美術大学非常勤講師。メディア・デザイン研究所にて書籍やウェブサイト等の企画と編集に従事。同社での担当=大山エンリコイサム『アゲインスト・リテラシー──グラフィティ文化論』、藤村龍至『プロトタイピング──模型とつぶやき』、『「3.11とアーティスト──進行形の記録」記録集』、「AIR_J(アーティスト・イン・レジデンス・ジャパン)」(http://air-j.info)、「『10+1』DATABASE」(http://db.10plus1.jp)ほか。研究テーマは建築レコード(Architectural Records)。

須之内元洋(札幌市立大学デザイン学部助教)
ソニー株式会社、サイボウズ・ラボ株式会社勤務を経て現職。メディア環境学、情報科学、音の環境学の分野で研究を行う他、デジタルアーカイヴをはじめとした各種デジタルメディアの設計・開発、メディア・アートの実践を行う。

熊谷薫(デジタルアーカイヴ・コーディネーター/アートマネージャー)
2005年に東京大学美術史学科修士課程修了後、NYの市立大学に留学し戦後美術について研究、グッゲンハイム美術館でのインターンを経て帰国。2012年11月から東京アートポイント計画のプログラムオフィサーとしてTARLの、記録調査/アーカイブ/評価に関わる研究開発プログラムに携わった。2014年よりフリーランスとして、東京アートポイント計画共催団体や、五十嵐靖晃「くすかき-太宰府天満宮-2014」、ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014等へのデジタルアーカイブシステムの導入コーディネートを手がける。現在アートプロジェクトなどに代表される、動き続ける活動を残すための新たなシステムの研究開発を行っている。

Tokyo Art Research Lab(TARL)とは
アートプロジェクトを実践する全ての人々に開かれ、共につくりあげるリサーチ/人材育成プログラムです。現場の課題に対応したスキルの提供や開発、人材の育成を行うことによって、社会におけるアートプロジェクトの可能性を広げることを目指しています。今年度は継続する「研究・開発」プログラムと、新設する「思考と技術と対話の学校」の2つのプログラムを展開し、アートプロジェクトに携わる人のための、学びやネットワークの場づくりを行います。
TARLは、地域・市民が参画するアートプロジェクトを通じて東京の多様な魅力を創造・発信することを目指す東京文化発信プロジェクト事業「東京アートポイント計画」の一環として実施しています。www.bh-project.jp

[主催] 東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

[お問合せ] TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション)
e-mail:info@tarl.jp tel:080-3171-9724 fax:03-6740-1926

http://www.tarl.jp/cat_lesson/10728.html

 

心理表現と身体表現の基礎を学ぼう!2月マイムワ-クショップ

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2015年 1月14日(水)22時35分57秒
  ある状況における喜怒哀楽の感情を表すのに身体の各部をどう動かすのか。
又言葉では表現できないことを身体でより深く、的確に表現できるようにしましょう。
俳優、クラシックバレエ、創作舞踊家、マイムア-ティスト、コメディアン等の分野で
成功したい人へのレッスンです。

    日時:2015年2月10日~28日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費4回コ-ス 10,000円
 1日体験       3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。
プロを目指すのではなく趣味として演劇、マイム、舞踊を
楽しみたい人のクラス
毎週木曜日 19:00-20:30
入所金¥10,000 月謝¥10,000(4回)
1日体験 ¥3,000

場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

国際舞台芸術ミーティング in 横浜(TPAM in Yokohama)ボランティアスタッフ募集

 投稿者:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2015  投稿日:2015年 1月 7日(水)18時09分45秒
  国際舞台芸術交流センターでは、2015年2月7日(土)~15日(日)に開催される国際舞台芸術ミーティング in 横浜(TPAM in Yokohama)をサポートしてくださるボランティアスタッフを募集しています。

語学が得意な方、受付業務や事務作業、舞台公演制作サポートのご経験がある方、また国際的な舞台芸術のプラットフォームとなる本催事にご興味のある方はぜひご登録ください!

詳細はこちら
http://www.tpam.or.jp/2015/news/volunteer/

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2015
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-2-3F
Tel:03-5724-4660
Mail:uematsu@tpam.or.jp
担当:植松(うえまつ)

http://www.tpam.or.jp/2015/

 

【アートプロジェクトの「言葉」を編む】受講者募集

 投稿者:Tokyo Art Research Lab  投稿日:2014年11月29日(土)13時24分13秒
  アートプロジェクトにまつわる「言葉」を集め、読み解き、編纂します。それによって、アートプロジェクトを実施、検証するうえでの理念や考え方の基盤を整備するプログラムです。その一環として、アートプロジェクトを語る上で重要となるテキストの著者を招き、その執筆意図や背景を聞き、読解するための公開研究会を行います。(※本研究会はゲストの執筆したテキストを参加者と読み進める講読会形式で行います)

【テキスト】
・「「脱美術館」化するアートプロジェクト」『社会とアートのえんむすび1996-2000』ドキュメント2000プロジェクト実行委員会、2001年、8-20頁。
・「「もの」から「コミュニケーション」へ」『社会とアートのえんむすび1996-2000』ドキュメント2000プロジェクト実行委員会、2001年、116-127頁。
・「OSとしての作家 作品制作より、場づくり、関係づくりを目指す。」『AERA』朝日新聞出版、1999年8月16-23日号、81頁。
・「美大生のための「川俣正入門講座」」『美術手帖』美術出版社、1998年10月号、72-84頁。
・『アートのみかた』BankART1929、2010年。
※90年代から2000年代にかけて、村田さんが執筆された複数テキスト、記事で取り上げられたアートプロジェクトを振り返りながら、その状況の変化や言葉の変遷を伺う公開インタヴュー形式で行います。

ゲスト:村田真(美術ジャーナリスト)
ホスト:森司(東京アートポイント計画ディレクター)
聞き手:佐藤李青(東京アートポイント計画プログラムオフィサー)
    海老澤彩、高橋かおり(TARLリサーチャー)

[日時] 2014年12月10日(水)19:30-21:30(開場19:00)
[会場] 東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
[料金] 無料
[定員] 先着15名程度(事前申込可)
[対象] 「アートプロジェクト」について考えたい方、議論をしたい方

詳細、申し込みはウェブサイトから http://www.tarl.jp/cat_lesson/10493.html

村田真(美術ジャーナリスト):
1954年、東京生まれ。東京造形大学卒業。『ぴあ』編集者を経てフリーランスの美術ジャーナリストに。東京造形大学、慶応義塾大学、実践女子大学の非常勤講師、BankARTスクール校長を務める。著書に『アートのみかた』、共著に『社会とアートのえんむすび』などがある。2005年より絵画制作を再開。
森司(東京アートポイント計画 ディレクター):
1960年愛知県生まれ。公益財団法人東京都歴史文化財団 東京文化発信プロジェクト室地域文化交流推進担当課長。東京アートポイント計画の立ち上げから関わり、ディレクターとしてNPO等と協働したアートプロジェクトの企画運営、人材育成プログラムを手がける。2011年7月より「Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)」のディレクターも務める。

佐藤李青(東京アートポイント計画 プログラムオフィサー)
1982年宮城県塩釜市生まれ。国際基督教大学卒業。東京大学大学院人文社会系研究科(文化資源学)修士課程修了。同博士課程。2007~08年度、小金 井市芸術文化振興計画の策定に伴う小金井市と東京大学の共同研究グループに参加。2009~10年度、小金井アートフル・アクション!実行委員会事務局長。2011年6月より現職。歴史的な視点から現代の表現や制度を見据え、未来へつながる実践へ関わることを目指している。

Tokyo Art Research Lab(TARL)とは
アートプロジェクトを実践する全ての人々に開かれ、共につくりあげるリサーチ/人材育成プログラムです。現場の課題に対応したスキルの提供や開発、人材の育成を行うことによって、社会におけるアートプロジェクトの可能性を広げることを目指しています。今年度は継続する「研究・開発」プログラムと、新設する「思考と技術と対話の学校」の2つのプログラムを展開し、アートプロジェクトに携わる人のための、学びやネットワークの場づくりを行います。
TARLは、地域・市民が参画するアートプロジェクトを通じて東京の多様な魅力を創造・発信することを目指す東京文化発信プロジェクト事業「東京アートポイント計画」の一環として実施しています。www.bh-project.jp

[主催] 東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

[お問合せ] TARL事務局(一般社団法人ノマドプロダクション)
e-mail:info@tarl.jp tel:080-3171-9724 fax:03-6740-1926

http://www.tarl.jp/cat_lesson/10493.html

 

身体表現と心理表現の基礎を学ぶ冬のマイムワ-クショップ

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2014年11月19日(水)00時32分22秒
  深い内面の心理状況を的確で美しい動きで表現することが重要です。
そうするには身体各部分をどのように動かすのかを学んで頂けます。
俳優、舞踊家、マイムア-ティスト等で舞台・映像分野を
目指し成功したい人の訓練です。
    (レッスン内容)
     肉体表現訓練、リアリズム演技

日時:12月5日~27日(祭日も有り)
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費4回コ-ス 10,000円
 1日体験       3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。

場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

印象に残る表現力を身につける秋のワ-クショップ

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2014年10月22日(水)23時13分42秒
  身体各部を状況に応じてどう動かすのか。
心理と身体の動きの両面で的確に表現できるようにしよう!
それにはいろいろの状況での姿勢、呼吸、筋肉の緊張と弛緩、
重心の変化、スピ-ドの速さ、遅さ等を巧く用いて深い、美しい
印象的な表現を行う。演劇、舞踊、マイム、映像等の分野を
目指す人の最重要の基礎を徹底指導します。

    (レッスン内容)
     肉体表現訓練、リアリズム演技

日時:11月3日~30日(祭日も有り)
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費4回コ-ス 10,000円
 1日体験       3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。

場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

10/8-13 @吉祥寺シアター 小池博史ブリッジプロジェクト 小池博史meets宮沢賢治シリーズ第3弾 「風の又三郎-Odyssey of Wind-」

 投稿者:小池博史ブリッジプロジェクト  投稿日:2014年10月 2日(木)12時01分53秒
  <予告ムービー>
https://www.youtube.com/watch?v=_eURHLN6iSM

小池博史meets宮沢賢治シリーズの第3弾となる新作「風の又三郎-Odyssey of Wind-」が2014年10月8日(水)~13日(月・祝)にかけて吉祥寺シアターで上演される。演出家小池博史による宮沢賢治作品舞台化の最終章となる本作には、能楽師の清水寛二、元パパ・タラフマラの松島誠など、多彩な男性パフォーマー5名が出演。舞台美術は現在水戸芸術館での個展「近所の地球」でも話題のアーティスト鈴木康広が担当。世界的な尺八奏者・中村明一、ラッパー・下町兄弟の生演奏と、元イッセイミヤケコレクションデザイナー・浜井弘治による衣装などが“風の吹く空間”を作り上げる。既に来年度以降の海外再演のオファーもあり、世界的な注目作となること必至!
※10/9 13:30~の回が残席僅少となりました!ご予約はお早目にどうぞ。


<公演期間> 2014年10月8日(水)~13日(月・祝)
<会場>吉祥寺シアター
<料金>(全席指定・税込)
一般 4,500円 学生 3,800円 高校生以下 2,000円

10月
8日(水)19:30開演
9日(木)13:30開演/19:30開演
10日(金)19:30開演
11日(土)13:30開演/18:00開演
12日(日)13:30開演
13日(月・祝)13:30開演

★平日マチネ公演ご来場の方全員に“風のエコバック”(非売品)プレゼント、終演後バックステージツアーあり。
☆公演終了後アフタートークあり。
・受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前です。・上演予定時間は約75分です。(休憩なし)
・開演時間を過ぎてのご来場は、指定通りのお席へのご案内ができかねますのでご了承ください。
・9日(木)、11日(土)マチネ公演のみ、カンフェティからのチケット購入で託児サービスあり。

<公式サイト>
http://kikh.com/kaze/

<お問い合わせ/チケット取り扱い>
株式会社サイ tel:03-3385-2066

【チケット取り扱い】 ●株式会社サイ:Tel 03-3385-2066  予約フォーム:http://kikh.com/kaze/ticket/
●e+(イープラス) http://eplus.jp [web / 携帯] ●Confetti(カンフェティ) http://confetti-web.com/ 0120-240-540 *通話料無料(受付時間 平日10:00~18:00)
●(公財)武蔵野文化事業団(一般・アルテ友の会チケットのみ)チケット予約 0422-54-2011  インターネット予約 https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
 

DANCE TRUCK PROJECT 公開オーディション 参加者募集!

 投稿者:全日本ダンストラック協会  投稿日:2014年 9月27日(土)17時00分32秒
  トラックの荷台スペースを移動可能な特設ステージとして使用し、周囲の景観を取り込んだサイトスペシフィックな「DANCE TRUCK PROJECT」。2014年は、京都→東京→横浜→別府、ダンスを軸に音楽や映像など多分野の先鋭的なアーティストが集結し、各地のアートフェスティバにダンストラックが出没します。

今回東京公演の開催に併せて、新進作家及びパフォーマーを対象とした初の公開オーディションを実施します。ダンスのみならず、音楽、演劇、美術など、トラックの極小空間を生かしたパフォーマンスを募集しています。オーディションで選考された作品は、今後のダンストラックに出演いただきます。奮ってご応募ください。

【募集概要】
日時:2014年10月18日(土) 20:00~21:00
会場:旧東京電機大学11号跡地/特設会場(住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2)
募集作品:6tトラックの荷台スペースで上演する5分以内のパフォーマンス(ジャンル不問)
募集枠:8組
応募締切:2014年10月5日(土)
参加費:無料 ※応募多数の場合には書類選考させていただきます。
選考:東野祥子(振付家・ダンサー/BABY-Q主宰、全日本ダンストラック協会 代表)

【応募方法】
以下の情報をメールにて、全日本ダンストラック協会宛にお送りください(件名:DT14公開オーディション応募)と記載)。
(1)氏名及びグループ名 (2)連絡先[住所・電話番号・メールアドレス] (3)上演作品プラン[作・演出・振付・出演、内容等] (4)応募の動機 (5)活動略歴
※メールにて受付完了のお知らせとオーディション参加要項のご連絡を致します。

【申込・問合せ先】
全日本ダンストラック協会 mail: info@dance-truck.jp

これまでのダンストラックのデータや映像、オーディションのテクニカル情報などwebsiteをご覧下さい。

http://dance-truck.jp/2014/

 

10月ワ-クショップ“リアリズム演劇の心理・肉体表現”

 投稿者:日本マイム研究所  投稿日:2014年 9月26日(金)22時25分43秒
  リアリズム演劇の心理表現とエティアンヌ・ドゥクルーの肉体表現の
徹底指導。新しい演劇・映像・創作舞踊・マイムを目指す人々、
独自の表現ができるようにしたいあなたへの特別レッスンです。
    (レッスン内容)
     肉体表現訓練、リアリズム演技

日時:10月10日~31日
月・水・金 19:00-21:00
火・木・土 14:00-16:00

*参加費4回コ-ス 10,000円
 1日体験       3,000円
 上記より都合のよい曜日日にちをお選び下さい。
  最終日までいつからでも受講できます。

場所 日本マイム研究所アトリエ
(田園都市線 駒沢大学駅下車 駒沢公園出口より徒歩3分)

お申し込み方法
お名前・年令・ご住所・お電話番号、 演劇等のご経験の有無をご記入の上
メールにてお申込み下さい。折り返しご連絡いたします。
※お電話のお申込みも受付けております。

E-mail hiro-s@lime.ocn.ne.jp

http://www009.upp.so-net.ne.jp/Nihon-MIME/index.html

 

レンタル掲示板
/4