teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:57/127 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

六三四パパは?

 投稿者:うぐいすのひつじ  投稿日:2009年 4月22日(水)09時42分51秒
  通報
  わたしは今年42歳。おそらく六三四と同級生です。当時六三四たちと自分たちをだぶらせ日々稽古に励んでいました。幸運にも石川で行われた全国高校総体に県代表として出場、鳥取で行われた国体にも出場できました。どちらも1回戦敗退でしたが・・・1年間浪人して大学に入り、あっという間に会社員18年目です。昨日たまたま5年ぶりぐらいに"六三四の剣"を引っ張り出し、思わず一気に全巻読みきってしまいました。歳をとったせいかなんと涙がポロポロでることが多かったことでしょう!当時自分を六三四にだぶらせていたのですが、5年前に都道府県大会にともに出場したのがきっかけで結婚した嫁さんとの間に4歳と2歳の子供を授かり、今や栄一郎と佳代の立場となりました。高校時代にはとりわけ特別な思いを感じていなかった一言に、なんと深く感銘を受ける言葉があったことか・・・ 3年前に6段を頂き、現在は週一回程度小学生~一般の仲間たちと稽古をし、適度な間合いで剣道と向き合い暮らす毎日です。思わずもこのような書き込みをしてしまったのは、40歳をすぎおそらくは父となった六三四や修羅が地方の教師、あるいは医者としてどのように生きているのか、どんな剣の道を歩んでいるのかそんなことを考えたらなんともいえない気持ちになったからです。高校剣士たちのバイブルが、未曾有の不況下における中年剣士たちに元気を与えてくれるカンフル剤としてよみがえることはないのでしょうか!?村上もとか先生にそんなお考えはないのでしょうかね?  
 
》記事一覧表示

新着順:57/127 《前のページ | 次のページ》
/127