teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2020年 1月20日(月)00時10分2秒
  マルクスの類的存在 はスピノザを元にしてると、
的場昭弘が言っていた
 
 

前提

 投稿者:8  投稿日:2020年 1月19日(日)23時02分40秒
  ヘーゲルの矛盾概念がスピノザに由来するって解説してくれた人がいた氷解した
はあ、やはりいろいろ前提共有してないとなあ
マルクスのも時代の土壌理解しないと
ある学者が翻訳かダメと解説、批判している
自己流理解はなあ
もしかして読まない方がいいかな
 

さっき

 投稿者:なし  投稿日:2020年 1月11日(土)17時21分4秒
  ウィーンフィルのニューイヤーコンサートNHKでやってた
ウィンナーワルツにラデツキー行進曲
よかった
 

(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2019年12月31日(火)21時20分5秒
  誰も書かないのか

今、NHKで女の指揮者シモーネ・ヤングによる
第九をやってた
なかなかよかった
 

(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2019年12月22日(日)20時37分21秒
  イトーは書き込みしないのか

そういや、松原望の入門確率過程に、
コックス-ロス-ルービンシュタインモデルがあった
やっぱ、二項モデルの極限=ブラックショールズという
概念が重要なんだろう
それは、数学的には、ランダムウォーク→ブラウン運動(ウイーナー過程)と対応する
 

(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2019年12月10日(火)23時19分59秒
  なんか抽象的な表現と、具体的な記述がごっちゃに
混じってる所が変だと思ったw
 

そういや

 投稿者:なし  投稿日:2019年12月10日(火)22時47分39秒
  経済学・哲学草稿の疎外された労働 の所
読んだが、マルクスの言ったことって戯言
人間は類的な生き物 から出発する

疎外された労働 正しくはあろうが

 

(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2019年12月 1日(日)14時44分50秒
  ティーレマン(Thielemann)と言う人のリエンツィ序曲を聴いた
流石だと思った
YouTubeにて
 

 投稿者:なし  投稿日:2019年11月29日(金)22時44分15秒
  テンシュテットと言う人のリエンツィ序曲(ワーグナー)聴いた
YouTubeにて
解釈が独特だった
 

そういえば

 投稿者:なし  投稿日:2019年11月28日(木)00時28分28秒
  ゲルギエフのマーラー5番がYouTubeにUPされており、聴いた
なかなかの完成度
有名なアダージェットの4楽章も聴いた
気が滅入りそうになる
俺は以前テンシュテットと言う人のと、
サイモンラトルと言う人のマーラー5番をCDで聴いたことあるが
 

(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2019年11月16日(土)17時04分23秒
  意味分からん

なんで土曜の早朝に書き込む?
 

医者よ、汝自身を治せ

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月16日(土)04時22分26秒
  そうだなあ、他人のことあれこれ言わないで、俺自身を治さなきゃいけないんだよな

なんて思うこの頃 笑
 

与えられた玩具

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月16日(土)04時19分54秒
  昔、ある面白い視点から芸術の歴史を解説した文芸評論家が、ある種の知識人たちの傾向を
与えられた玩具を振り回す子供のようだと揶揄していたと記憶している

おれたちもまたその一人なんだろうな、なんて思ったりする
 

数学、物理

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月16日(土)04時15分12秒
  わたしが理解できず、理系には向いていないと断念させた箇所を論理的にすっきりと解説してくれた人のをよんで
ああ高校生の時に出遭えていたらなあと慨嘆したりした
その人いわく、わかるような学的水準には現在はないのだから、理解しようとせず丸暗記するのが正解だそうだ

すべてがきちんと解決できていたら学問はもう必要が無いんだよと当たり前のことを言われてしまった
 

ひとりでお帰ひとりでお帰り

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月16日(土)04時06分37秒
  谷山浩子の歌
紹介してくれた人いわく、三十代に聴いたら泣いてしまいそうな曲とのこと
わたしもまたそうなのだが、ネットインテリの投稿を読んでいるとこの曲を思い出すようになった

イトー君も松本もこの意味では同じだろう
わたしたちはある意味アドラー心理学が指摘する劣等感をもつ人間の悪弊を逃れていない
松本の指摘にしても、ある種のものは正しいかも知れないが、ある種の理解は初心者の誤解から逃れていないようだ
また専門分野にしても、その認識論的理解はいただけないという学者の論文の受け売りにすぎないという指摘がある

というか、わたしたちのはしょせん専門家の受け売りとその変種でしかないような気がする

ごっこというか、自慰みたいな側面もあるんだろうな

それも価値観だから、ご自由にとしか言いようがない問題だし

ただ横目で見ていると、わたしにはそうとしか見えないのも自由

真夜中の太陽
朝の扉をひらく時
この二曲は希望が出てきたときに出遭った谷山浩子の曲らしい
基本はクラオタとのこと

https://youtu.be/CYqlPbd-gmw

 

(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2019年11月10日(日)15時40分39秒
  意味分からん

イトーは登場しないのか
 

いやね

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月10日(日)10時03分4秒
  それを自覚してやっていれば、滑稽さからは免れるかなと  

いずれにしても

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月10日(日)10時01分31秒
  俺たちは目糞鼻糞の御同輩というような気がするんだが

どこかで自覚していないと、外野というか世間は可笑しがること間違いなし

そういや漱石の「わたしの個人主義」という講演もそんな問題抱えていたような
 

それでも

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月10日(日)09時52分36秒
  賢者も愚者も自然に還るところは同じ
人類もまた

すべて同じだからこそ、どのような営為も無駄であり、かつ珠玉であるということか
 

悲劇か喜劇か

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月10日(日)09時48分37秒
  両方かな、人間は
大が付くような方たちでさえ

いや、とくに知的な分野に興味というか、関わりたい人たちはほとんどはそれさえにもならないのかな

ならばいろけを出さずにやらないと、黙々と生活を送っている市井の人たちの方が良いのかな

ただ、バカたちというか、石の中にごく稀に珠があり、それが世界を変えたりすることもある

珠に成れなかった石ころの一つとしては、そう言い訳するしかないのかな
 

全日本コンクール

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月10日(日)09時41分1秒
  フルート部門の演奏聴いたけど、優劣つけられるほどの能力はありませんでした ><  

ギレリス@FM

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月10日(日)09時38分10秒
  ある水準以上になると、誰が演奏しているかはあまり判別できない
バッハの無伴奏バイオリンが誰が演奏しているかという出題があって
演奏者の名前は挙がっている形式で、すべて当てた方が、いや録音の古さとかもあるし、あの三人は独特だからわかったと言ってた

またあるピアノ曲を名ピアニストと日本の中堅が弾いていたんだが、さすがに差があったとも

・・・まあ、あれこれいう何も無い俺は好みの演奏を利いた風なこと言わないでだまって聴いてりゃいいのかなと

そういや、音楽学校の生徒と名のあるプロの演奏の区別がつく人って実は少ないと、実験した人が書いていた
バイオリンの名器と現代の工匠が作ったバイオリンもクラオタで通を自称する人を試験したらほとんど全滅で
村田蔵六さん、番組の最後でざまあという感じのこと言っていた記憶がある

科学とかは自然が解答するからなあ
ある学者さんは、専門持つとどの哲学が有用だと判別でき、哲学だけ専攻している場合、けっこうバカなこと主張する学者さんが多いことがわかるとも書いていた

いずれにしても、憑依は卒業しなきゃと自戒 w
 

憑依

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月10日(日)09時20分0秒
  吉田秀和さんの案内で音楽がわかったようなかんじになっていたが
吉田さん亡き後、いろいろなのが出てくるけど、自分では評価できないんだよな
けっきょく吉田さんの評に乗っかっていただけだと気がついた

・・・でも大抵の分野も自分が信頼できると思う人に乗っかっているだけ

そういう目で観ると、理系文系問わず、そういう人が多いんだと悟った
自分があるというのは中々困難なんだと

まあ、そういう自分なんだと分かっていれば十分かな

以来音楽は合う、合わないという基準で対応してるが、感覚もどんどん違ってくるからな

学問分野も、自分のことを理解して関わるべきだろうな
憑依して語るのが、一番ナニではある
・・・凄く反省しているし、凄く恥ずかしかったりする w
 

ごっこの世界

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月 5日(火)07時01分19秒
  沢山のガラクタができるのだが、そこから世界認識を変えるような一つの珠が出てくるのかな

俺たちの塵芥のような議論は徒花にもならないけど、自己満足にはなるからなあ

自分のために、自己逃避のために論ずるのは、悪いことではないのかなとも思える
続けたまえ、そしてまたわたしも続けることにしよう

それもまた人生だし、自然の前では偉人も愚者も無い
満足できれば、他人があれこれいうことではない
・・・まあその理解と理論はともかく w
 

ある方の主張から

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年11月 5日(火)06時52分27秒
  前にも書いたと思うが、量子力学の最先端研究前線は混乱していて、立花隆は、それらを理論として纏め上げたら
第二のボーア、アインシュタインに成れると沸き立っていると報告している
また時間も重力も実在しないと主張する科学者たちもいて、科学の基礎はまだ確立されていないことを窺わせる

森鴎外は西洋学説を固定的に理解して、日本人のビタミン発見の可能性を閉じる役割を果たしたと評する向きもある

ボマの理解って、けっきょく人の理解に乗っかっているだけで、自分の理解はほとんど無いんじゃないのかな

これは、ここの住人はもちろん、たいていの人はそうなんだろう
それもまた違う可能性もあるのに、よんだ本の著者が憑依した操り人形に過ぎないのに
自覚せずに、さも確定した真実のように語るから滑稽なんだろう

ある技術者の方は、新人にこういうのを作れというと、物理を知らないのかという感じで反駁してきたりするのだが、とにかく造れというと、それができてしまうことに驚いていたりすると語っている。

若い時に年配の技術開発者の方と話していたら、そう言われているなとよく言っていたことを思い出したが、そういうことなのかと納得した。

まあ、どこかでそういうことを自覚していないと、いろいろ過ちそう


・・・って、これも受け売りだけとね w
 

(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2019年11月 3日(日)17時13分25秒
  俺はネット知識人ではない
誤解ないように
ウィトゲンシュタインなどもまともに読んだことはない
解説書いくつか読んでなるほどとは思ったが

松●が変人異端で滑稽なのは俺も同意
 

(無題)

 投稿者:なし  投稿日:2019年10月27日(日)00時17分12秒
  イトーは登場しないのか
 

2ちゃんねる

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年10月26日(土)05時25分3秒
  時々面白いのが出てきて、常識を徹底的に破壊してくれたりする。
歴史の常識的理解を史料と事実で覆していて、反論者ボロボロ。
先年は法律の話で啓蒙されたりした。
批判していた奴が手も足も出ず状態。

多数派沈黙という展開は何回か遭遇した。
今年もある問題でぐうの音もでない奴が捨て台詞で逃走したけど、俺にはあんな力量は無いな感心した。

松本は思い込みが激しくて、あるところでは相手の言うことをまったく聞いていなくて独り言状態なのには笑えた。
あれならばたしかに無敵。
 

感想

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年10月26日(土)05時09分10秒
  ほとんどのネット知識人は痛々しい。
錯綜し混乱した現在の知と学問に翻弄されているだけとしか映らない。
何よりも脆弱な自分がわからない点では松本も同じだろう。

目糞鼻糞。
 

ゼノン

 投稿者:通りすがり8号  投稿日:2019年10月26日(土)05時03分0秒
  ある学者の研究で、やっとどういう問題なのかわかったようだ。
・・・これもある方の教えを乞うたものでしかないが。

読んでいると、学問はこれからであり、科学でさえそうなんだとしか思えなくなった。
ある人は、人間の学の現在は始まってもいないのではと記している。

なんかそんな感じがしてきた。笑
 

レンタル掲示板
/108